修学院

京都祇園祭・葵祭・松尾大社・上御霊神社の歳時記と一茎九華・東洋蘭 三昧の日々

鎌倉の「御霊神社」 !!!

2017-07-01 06:15:10 | ⑰鎌倉と逗子

江ノ電 長谷駅から極楽寺方面に線路沿いを歩いて350mの処に、地元で「権五郎神社」と別称する「御霊神社」が在ります。 
由緒には関東平氏五家の始祖「鎌倉、梶原、村岡、長尾、大庭の5氏」の霊を祀った神社であったとされ、五霊から転じて「御霊神社」と称されるようになったとあります。 後に、鎌倉権五郎景政の一柱のみに祭神は集約され、祭神の名から「権五郎神社」と呼ばれました。 例祭は9/18ですが、「面掛け行列」として知る人ぞ知る祭事となっています。
…………………………………………………………………………………………………………………
江ノ電が鳥居の前を横切る処に「御霊神社」は在ります。

県の無形文化財になっている「湯立て神楽」が奉納されます。


江ノ電をまじかに見られる穴場スポットです。

古い形式で、鶴岡八幡宮例大祭(9/15)に巡幸する神輿と同じ形ですねぇ !!!

参道の入り口角にある「力餅家」は有名なお店です。

「面掛け行列」のお面は、シルクロードに由来するのか、奈良「正倉院」にある西域渡来のお面に似ています。

…………………………………………………………………………………………………………………
◆先日、小町通りで「麦田もち」を買った和菓子屋が「鎌倉五郎本店」と称しているので「御霊神社」を思い出しましたが、昔は小町通りに「鎌倉五郎本店」と言う店は無かった様に思います。
◆「御霊神社」が鎮座する一帯を鎌倉では坂ノ下と呼んでいます。 極楽寺坂へ向かう星の井通りと「御霊神社」参道の角に、「御霊社 鎌倉権五郎景政」の石碑が建っており、其処には昔から有名な「力餅家」が在ります。
◆思うに、小町通りに出店した和菓子屋オーナーは土地に相応しい店名として「鎌倉五郎」を選び、京都桂「中村軒」の銘菓「麦手餅」をヒントに、「麦田もち」を売り出したのではと想像しています。
…………………………………………………………………………………………………………………

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉の「水無月」 !!! | トップ | 富貴蘭の花(2) !!! »
最近の画像もっと見る