修学院

京都祇園祭・葵祭・松尾大社・上御霊神社の歳時記と一茎九華・東洋蘭 三昧の日々

寒蘭の花茎 !!!

2016-10-18 15:44:58 | ④古典園芸

後1週間位で開花すると思います。 左の花茎は初花になるので凄く楽しみでぇ~す !!!

開花したら、またブログに写真を掲載します。
…………………………………………………………………………………………………………………
【水苔の再選別】 (またまたブログで引っ張っチャッて済みません。) 苔台をもうチョッと作ろうと、20cmを基準に再選別しましたぁ !!!

結果は此の様な具合です。 最後は、トレーの盛りが均等になる様、適当に分けましたぁ !!!

トレーは内寸が47.5×33cm、深さ8cmです。
苔台は黒の丸棒に水苔を被せて、空洞を作りながら固く絞り、100%の木綿糸でグルグルと巻き止めます。
糸は結び止めないでOK、黒の丸棒をユックリ捻りながら抜いて、後は乾燥させます。

◆苔台はカチカチに乾いてから使います。 乾いた苔台に富貴蘭の根を跨がせ、湿った木綿糸で根の廻りをグルグルと巻き止め(糸は切り離しでOK)、次に湿った上巻き苔で根を包み鉢に入れ、鉢巻状に屑苔を竹へらで押し込み出来上がりです。
…………………………………………………………………………………………………………………
◆富貴蘭に熱中していた時は、近畿風貴蘭会仕込みのトリカルネットを使った苔台で植え込んでいましたぁ !!!
利点は少ない水苔で苔台が簡単に作れ、直ぐに富貴蘭の植え込みが出来る事です。 
苔が少ない分乾きは早くなって、水遣り頻度が多くなります。 欠点はトリカルネットの筒を作る事でしょうかぁ !!!
◆軸足が一茎九華に移ってからは、専ら乾燥苔台を作って富貴蘭を植え込んでいます。
手間は掛かりますが、根出しが良くなり富貴蘭の機嫌は良い様に思います。
何より2,3年植替えをしなくても、富貴蘭が順調に育ってくれる事でしょうかぁ !!!
…………………………………………………………………………………………………………………

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富貴蘭の苔台 !!! | トップ | 寒蘭の転茎 !!! »
最近の画像もっと見る