主婦目線で評価する基礎化粧品!

次から次に発売される化粧品ですが、よい点ばかりではないはず。商品、サービスに厳しい主婦の目線で評価します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続けてもムダな化粧品とは・・・

2017-04-05 11:10:17 | 日記
使い続けても無駄な化粧品ってどんな化粧品なのでしょうか。実際に使い続けるという事は、自分の肌に合ったものだと感じて使っているという人も多いと思います。

敏感な状態を経験するとピリピリ刺激を感じなかった製品をこれではだめとかたくなに続ける人もいます。刺激に敏感になっているときはもちろんですが、化粧品でないと怖くて使う事が出来ないという場合もあります。

ヒリヒリするのはすべてが悪いとは言い切れないのです。刺激がなくマイルドなだけで、エイジングケアに有効な美容成分が入っていないものを使い続けても、肌の老化は進行するばかりです。

赤ちゃんも使う事が出来る優しいスキンケアの代表ワセリンは、皮膚科で敏感肌によく処方されていますが、刺激がなく肌の表面をガードしながら肌から水分が奪われるのを防いでくれます。

しかし、肌自身に潤いを与えるタイプの保水、保湿力がなくくすみが生じてしまいます。老化が進んでいく肌は、肌内部がスカスカになって水分が抜けてしまい、守るべきものが不足している状態なのです。優しくするだけでは、老化を食い止める事が出来ず、肌の健康が損なわれてしまう場合もあります。

肌トラブルとスキンケアの関係ですが、肌のトラブルが出ても効いている証拠と感じて使い続ける人もいます。毒素が排出されるためにニキビができる、肌が元に戻ろうと努力して炎症を起こすなど、良くなるために一時的に悪化しるような説明などを受ける事もあります。スキンケアが原因となりトラブルに気が付けないケースも多いのです。

何よりも大切なことは、肌が変わったという実感が重要です。自分の肌に合ったものを選ぶことにより、肌の状態を整える事が出来て、自身のある肌に導く事が出来ますが、なんの変化もないものでは、化粧品の役割を本当に補っているとは言えないのです。

今の肌の状態に満足が出来ていないという人は、スキンケアを見直してみるようにしましょう。自分の皮膚の状態を把握することにより、肌の状態を良い方向に導いていく事が出来ますし、効果を実感出来る化粧品を選ぶことが出来ると思います。

一番大事なことは、自分の肌の事をきちんと知ることが大事です。自分の肌で効果を実感する事が出来るアイテムを使っていくためには、肌質や年齢に合った商品をその都度、選んで使って行く必要があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 化粧品にプラセンタを詰めた... | トップ | 高いからといっていいとは限... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。