「心ゆたかな暮らしを」  ~Shu’s Page

小説のレビュー、家族の出来事、趣味の事、スポーツ全般など、日々の出来事をつづりながら、一日一日を心豊かに過ごせれば・・・

やはり爽快!「ヒートアイランド」by垣根涼介

2017年04月29日 | 小説レビュー
〜渋谷でファイトパーティーを開き、トップにのし上がったストリートギャング雅。頭のアキとカオルは、仲間が持ち帰った大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪した金だった。少年たちと強奪犯との息詰まる攻防を描いた傑作ミステリー。「BOOK」データベースより


垣根涼介氏の作品としては、「ワイルドソウル」、「光秀の定理(レンマ)」に続く三作目になります。

ワイルドソウルで心をブチ抜かれた僕は、一発で垣根涼介氏のファンになりました。

渋谷を舞台にしたストリートギャングを中心とした話で、この「ヒートアイランド」には、続編があるらしいので、楽しみにしながら読んでみました。

相変わらず、垣根涼介氏は、「強くて、賢くて、HEAT&COOL」ズバリ、男が憧れる「カッコいい男」を描かしたら日本一かも(^^;?

漫画でいうところの僕が一番大好きなコンビ、「池上遼一&武論尊」の世界ですな(^_^)b

ワイルドソウルよりスケールか小さいのは、この作品の方が先に書かれたからですね。

とてもよくストーリーが練られていて、途中からページを捲る手が止まらず、昨晩は1時30分まで読んでしまいました。

クライマックスからエピローグに向かう盛り上がりは、まるでスカイダイビングのよう!
一気に急降下し、「どんな結末がっ!」と期待させてくれました。しかも最後はパラシュートが開くようにフワリと着地させてくれて、爽やかな読後感です。

垣根涼介氏の入門編として、「ヒートアイランド」→「ワイルドソウル」という流れで読んでほしいです。
★★★★4つです。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽてぽてとした世界観「夜は... | トップ | 次から次へと「私が失敗した... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL