「心ゆたかな暮らしを」  ~Shu’s Page

小説のレビュー、家族の出来事、趣味の事、スポーツ全般など、日々の出来事をつづりながら、一日一日を心豊かに過ごせれば・・・

楽しめる世界観「ガソリン生活」by伊坂幸太郎

2017年03月26日 | 小説・マンガ
~のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?
車同士がおしゃべりする唯一無二の世界で繰り広げられる、仲良し家族の冒険譚!愛すべきオフビート長編ミステリー。「BOOK」データベースより


いやぁ~オモシロかった!単純に楽しめた作品です。

伊坂さんの作品は、おしなべて素晴らしい作品ばかりですが、この「ガソリン生活」は伊佐テイスト満載でありながら、「『車』や『電車』など、人間に使われるアイテムが意思もって互いに会話をしていたら?」という奇想天外な設定です。

ピクサーの『カーズ』のような感じだと思ってください。

『カーズ』ほどの派手さは全く無く、日常生活の中にありふれた光景、普段自分たちが目にする車種が登場し、普段の生活の中でメディアを通じて遭遇する芸能人のゴシップ、学校でのいじめ、恐喝、盗難事件等々が、、主人公の望月家の人々と、その所有車・『緑のデミオ』の視点で描かれています。

読み終えた翌朝、犬の散歩をしながら、ふと、「我が家の愛車『緑のミラジーノ(緑ジーノと呼ぶべきか)」や、近所のガレージに止められている『黒のプリウス(黒プリ)』などが、人間には聞こえない周波で会話をしているうんちゃうの?」と思えて、微笑んでしまいました。

物語の展開自体は、それなりにスリリングな場面もあり、後半の伏線回収ぶりや、さわやなかエンディングなどは、「さすが伊坂さん!」と唸る内容です。

「好人物」、「好印象」などの言葉に置き換えると「好物語」と呼べる良い作品でした。

★★★☆3.5です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕の心が荒んでいるのか?「夏の庭」by湯本香樹実

2017年03月17日 | 小説・マンガ
町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。夏休みを迎え、ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど、不思議と老人は元気になっていくようだ―。いつしか少年たちの「観察」は、老人との深い交流へと姿を変え始めていたのだが…。喪われ逝くものと、決して失われぬものとに触れた少年たちを描く清新な物語。「BOOK」データベースより


非常に爽やかな読後感でした。小学生3人組(メガネ、デブ、ヒョロ長)のひと夏の思い出ストーリーです。

小学6年生の夏休みの話が中心になっていて、子どもから少しだけ大人になっていく成長過程を爽やかに描いています。

後半に向けて盛り上がりそうな箇所がありましたが、若干迫力不足でしたね。

感動面でも、「ラストでは涙がこぼれるかな?」と思って読みましたが、実際はそれほどでも・・・(*_*; 段々、心が荒んできているんでしょうか?

★★★3です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクーピードリンクホルダー取り付け!

2017年03月12日 | 車・バイク
スクーピーには、前かごのようなものがないんで、ペットボトルを入れたり、雑巾をいれるところがないんです(^^;

んで、お金をかけるわけにもいかないんで、100均で自転車用のドリンクホルダーを買ってきて、ステーをアイボリーに塗装して、うまいこと付けられました(^-^)v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒りとういより信頼「怒り 上・下」by吉田吉田修一

2017年03月10日 | 小説・マンガ
~殺人事件から1年後の夏。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。それぞれに前歴不詳の3人の男…。惨殺現場に残された「怒」の血文字。整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也はどこにいるのか?『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作! (「BOOK」データベースより)


映画化もされている、上下巻の大作でしたが、すご~く深く、読後には色々なことを考えさせられた作品です。

「怒り」という題名ですが、怒りがテーマというよりも、「信頼」、「信じる」、「こころ」とかの方がピンときますね。  

3つの舞台で、3人の身元不明の男性を取り巻く3つの物語(刑事の北見を物語の一つに数えると4つです)が、順番に展開していくんですが、ミステリー小説慣れしている僕は、「はっは~ん、実はこの身元不明男性は全て同じ人物で、時系列を捻ってるんとちゃうん(;一_一)?」と、考えながら上巻を読み終えました。

しかし、下巻に入ったあたりから、「むむっこれは!?」と、いろいろな伏線に気付きます。

それぞれ身元不明の男性(女性も一人)と交わった人たちは、相手を愛し、また信じ、深い関係になっていきますが、ほんの些細な出来事から「この人は実は?」と疑い始めます。そこからは自分が勝手に思い描いたストーリーに沿って、その人物の本来の姿を決め付けてしまい、最悪の決断をしてしまいます。

人を信じるということは、自分を信じるということなんですよね。自分の考えに揺らぎがあったり、自分に自信がないと、それを相手に投影してしまい、「相手は自分を信頼していないのではないか?だから私も信じない。」てな感じになるのではと思います。

人から信頼されるということは大変なことです。相手の悪いところを目ざとく見つけるのではなく、CMでやっている「いいとこメガネ」で相手の良いところを探しましょう。すると悪口や陰口も減り、平和で穏やかな人間関係が築けると思います。

さて、この小説の評価ですが、吉田修一さんは相変わらず人物の描写が巧みで、物語にグイグイ引き込まれます。読後感もまずまずですが、惜しむらくは真犯人・山神の深層心理がわからず仕舞いであったことですね。
逆に考えると、現在も日々発生している短絡的な傷害、殺人事件、「なぜ?」と言いたくなるような、一見普通の人が全く関係のない人を殺めてしまう悲惨な事件の犯人こそ山神のような人物なのかも知れません。

★★★☆3.5です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確かに感動の・・・「十二番目の天使」byオグ・マンディーノ

2017年03月06日 | 小説・マンガ
野球への愛、思い入れ、友情、勝利の喜び、敗戦のくやしさ…人生、愛、そして勇気をテーマにした、涙なくしては読めない、感動の物語。「BOOK」データベースより)


いわゆる「全米が泣いた・・・(T0T)」的な物語です。

とても良いお話でしたが、なんとなく翻訳者の文章がイマイチな感じがするのは私だけでしょうか?

以前、ピエール・ルメートルの作品でも、「翻訳者の橘さんの文章・表現が素晴らしい」と書きましたが、せっかくの良作も翻訳次第で駄作になってしまう恐れがあります。

本作も、確かにクライマックスから、エンディングまでは涙なしでは読めません(T0T)

でも、もっともっと、心を揺さぶる描写もあるのでは?と感じました。

もうちょっと、全ての場面を盛り上げてほしかったですね(^^;

★★★3つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加