「心ゆたかな暮らしを」  ~Shu’s Page

小説のレビュー、家族の出来事、趣味の事、スポーツ全般など、日々の出来事をつづりながら、一日一日を心豊かに過ごせれば・・・

そこまでする?『カササギの計略』by才羽楽

2017年12月11日 | 小説レビュー
〜僕が講義とバイトを終えてアパートに帰ると、部屋の前に見知らぬ女がしゃがみこんでいた。
彼女は華子と名乗り、かつて交わした約束のために会いに来たという。
なし崩しに同棲生活を送ることになった僕は、次第に華子へ惹かれていくが、彼女は難病に侵されていて、あとわずかな命しかなかった…。
ともに過ごす時間を大切にする二人。しかし、彼女にはまだ隠された秘密があった―。「BOOK」データベースより


いわゆる「当たり外れの差が激しい」と言われる?『このミステリーがすごい大賞』作品です。

んで、この作品はというと、非常に微妙ですが、ハズレですかねぇ(^_^;)

惜しいんですよ!非常に惜しい!物語の設定や展開に、かなりのムチャがありますが、前半は何とか読み続けられます。

脇役などのキャラも、ある程度立ってますし、サイドストーリーもまずまずです。

しかし、ところどころ「ちょっとダルいなぁ〜」とダれる部分や、華子と俊介の会話などに「はぁ〜┐('~`;)┌」となったり、中盤は読むのに力が必要です。

そして、ようやくたどり着いたクライマックスでは、少し緊張感や盛り上がりもありますが、どんでん返し後の「ネタバレ」を俊介が語るところで一気に冷めてしまいました。

最後の最後で「おっ!」と思わせてくれたのが救いですが、全体として、少しダラダラと必要のない描写が入ることによって間延びした感は否めません。

まぁ「なんぼなんでも、そこまでするかぁ?」と言いたくなるような設定なんで、物語にはダイブ出来ませんでした。

初稿から、かなり編集が手を加えて、ブラッシュアップされたと解説にありますが、どうせ手を加えるなら、思い切ってカットしても良い場面が多々あったと思います。

一応、★★★3つ付けますが、かなり甘めの3です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後の応援!

2017年12月10日 | 家族・友達
長女が高3なんですが、小学校4年生からバレーボールを始めて8年間、本当に色んなことがありました。

お蔭様で、大きな怪我もなく無事に過ごしてきてくれたことを喜んでます。

12月23日〜の近畿私学大会が本当の意味での最後の大会なんですが、残念ながら僕は仕事で応援に行けないので、会場で長女の応援をすることは最後となりました。

たくさんの思い出と、たくさんの友だちとの出会いを作ってくれた長女に感謝したいです。

あと二週間、全力でやりきって欲しいものです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引っ張った割には『TENGU』by柴田哲孝

2017年12月08日 | 小説レビュー
〜26年前の捜査資料と、中央通信の道平(みちひら)記者は対面した。
凄惨(せいさん)きわまりない他殺体の写真。そして、唯一の犯人の物証である体毛。
当時はまだなかったDNA鑑定を行なうと意外な事実が……。
1974年秋、群馬県の寒村を襲った連続殺人事件は、いったい何者の仕業(しわざ)だったのか? 
70年代の世界情勢が絡む壮大なスケールで、圧倒的評価を得て大藪春彦賞に輝いた傑作。


う〜ん・・・(^_^;)
なかなか面白かったと言えば面白かったし、アカンと言えばアカンし(-_-;)
評価が難しい作品です。

『TENGU』というタイトルと、導入部の事件、「おっ!これは期待できるかも?」と思いましたが、から、何となく最後までダラ〜っとした展開でしたね。

キャラクター設定、展開、緊迫感、疾走感、そして「TENGU」の正体と彩恵子の過去・・・、どこをとっても、あと一歩という感じでした。

クライマックスからエンディングの描写も含めて、盛り上がりかけたところで水を差されるというか、自分で火消しをしているというか(^_^;)

ストーリーの着眼点や、ベトナム戦争〜9/11同時多発テロまでを繋げていく設定なども、中々のものがあったと思うので、編集者の力不足でしょうかね?

読んで損は無いですが、引っ張った割には、得られたものも少ないです。

★★☆2.5です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読みごたえあり!『関ヶ原 上・中・下』by司馬遼太郎

2017年12月02日 | 小説レビュー
〜東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。
秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか。「BOOK」データベースより


(´▽`;A ふぅ〜。二週間かけて、『関ヶ原 上・中・下』やっと読み終えました。

まぁ、誰もが何となく知っている天下分け目の大合戦ですが、さすがは司馬遼太郎氏ですね。とてもわかりやすく描かれていました。

どのようにして、関ヶ原へと歴史が動いていったのか?
約30人ほどの戦国武将のそれぞれの立場で動いていく環境と心情の変化が巧みに描かれています。

もちろん主役は石田三成と徳川家康なんですが、他の武将たちにもスポットが当てられており、より詳しく知ることが出来ました。

いま大河ドラマでやっている、『直虎』も、ようやく井伊直政が家康に取り立てられていくというところですので、これからの働きが楽しみですね。

いずれにしても、関ヶ原の前後で日本の歴史は大きく動いた訳ですから、いろんな歴史小説を読む上での基準になるような素晴らしい作品でした。

★★★☆3.5です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ、アッサリと『みんないってしまう』by山本文緒

2017年11月25日 | 小説レビュー
~大人になるにつれ、時間はだんだん早くなる。
物事は思った以上に早いスピードで流され、手のうちからこぼれおちていく。
そんな時、大切な何かをひとつずつ失ってはいないだろうか?例えばそれは恋、信頼、友情だったり…。
そうして残されるのは自分だけ。喪失を越え、人はたったひとりの本当の自分に出会う。
希代のストーリーテラーが贈るかなしくも、いとおしい自分探しの物語。「BOOK」データベースより


関ヶ原の下巻が届いてたのに、休日出勤が重なり、取りに行けず(ToT)

仕方ないので、職場の図書館で、読みたかった『みんないってしまう』を借りてきました。

『恋愛中毒』の山本文緒さんの作品で、読みたかった本でした。

短編集で、比較的薄い厚さの本の中に、12編もの短編が納められています。

推して知るべしで、まぁ、サラサラと読めてしまうアッサリとした作品ばかりでした。

どれも最後は「んで、どうなっんやろ?」という形で終わります。

短編ゆえに仕方のないことですが、軽い落ちもついてたりして、それなりに楽しめます。

今の僕のような、時間つぶしで読むにはちょうど良い作品でした。

★★☆2.5です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加