「心ゆたかな暮らしを」  ~Shu’s Page

小説のレビュー、家族の出来事、趣味の事、スポーツ全般など、日々の出来事をつづりながら、一日一日を心豊かに過ごせれば・・・

やはり爽快!「ヒートアイランド」by垣根涼介

2017年04月29日 | 小説・マンガ
〜渋谷でファイトパーティーを開き、トップにのし上がったストリートギャング雅。頭のアキとカオルは、仲間が持ち帰った大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪した金だった。少年たちと強奪犯との息詰まる攻防を描いた傑作ミステリー。「BOOK」データベースより


垣根涼介氏の作品としては、「ワイルドソウル」、「光秀の定理(レンマ)」に続く三作目になります。

ワイルドソウルで心をブチ抜かれた僕は、一発で垣根涼介氏のファンになりました。

渋谷を舞台にしたストリートギャングを中心とした話で、この「ヒートアイランド」には、続編があるらしいので、楽しみにしながら読んでみました。

相変わらず、垣根涼介氏は、「強くて、賢くて、HEAT&COOL」ズバリ、男が憧れる「カッコいい男」を描かしたら日本一かも(^^;?

漫画でいうところの僕が一番大好きなコンビ、「池上遼一&武論尊」の世界ですな(^_^)b

ワイルドソウルよりスケールか小さいのは、この作品の方が先に書かれたからですね。

とてもよくストーリーが練られていて、途中からページを捲る手が止まらず、昨晩は1時30分まで読んでしまいました。

クライマックスからエピローグに向かう盛り上がりは、まるでスカイダイビングのよう!
一気に急降下し、「どんな結末がっ!」と期待させてくれました。しかも最後はパラシュートが開くようにフワリと着地させてくれて、爽やかな読後感です。

垣根涼介氏の入門編として、「ヒートアイランド」→「ワイルドソウル」という流れで読んでほしいです。
★★★★4つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽてぽてとした世界観「夜は短し歩けよ乙女」by森見登美彦

2017年04月27日 | 小説・マンガ
~「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。「BOOK」データベースより


現在、映画が公開されていますが、中々の話題作であり、図書館にあったので借りてきました。

森見登美彦氏の作品は初めて読んだのですが、この世界観と文体は好きですね~。擬音が沢山出てきます。

「ぽてぽてと歩いて」、「ぷぅーっと膨れて」、「もりもり食べました」等々、ヒロインのキャラクターと相まって、とても癒されます。  

また、舞台が京都なので、地名や方角などがすぐに連想でき、読んでいてわかりやすく、より一層楽しめました。  

ストーリーとしてはファンタジーです(^_^;) 現実と空想が入り乱れているので、しばしば冷めます・・・(-_-;)  

しかし、悪人は全く出てきませんし、登場人物の全てに好感が持てるので、読んでいて苦痛ではありません。  

映像で観てみたい気がしましたね。  
★★★3つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やったぜ!3勝\(^^)/

2017年04月23日 | 雑感・日記的な
今年で3回目のチャレンジとなる、囲碁の宝酒造杯に来ました(^-^)

一年目は1勝、二年目は2勝、そして今年は3回目なんで、3勝して、「三勝賞」の賞品を貰って帰るのが至上命題でした(^^;

2勝2敗で迎えた最終戦、厳しい戦いでしたが、何とか勝ちきりましたよ(^-^)v

一年間、囲碁クエストやcosumiで鍛えてきた甲斐がありましたわ(。´Д⊂)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバーモータースさん!ありがとう(*'▽')

2017年04月22日 | 車・バイク
さて、わが愛車「スクーピー」ですが、2月に我が家にやってきて以来、絶好調で走ってました。

バッテリーもタイヤも交換し、シートカバーを張り替え、ドリンクホルダーも取り付けて、「次はオイル交換や」と意気込んでおりました。

しかし!先日の大雨の中、カッパを着て家までたどり着き、次の日の朝、普通に出勤したところ、500mほど走ったあたりで急に「プスン・・・」とエンジンが止まりました

その後、セルを回すとエンジンはかかるものの、アクセルを吹かすと「プスン」とかぶってしまい、エンジンが切れます

出勤時間は迫るし、「さてどうするか」と頭を巡らせ、とりあえずバイクを押して駅まで行き、駐輪場にバイクを止めて、そのまま出勤しました。

出勤途中にネットで「雨の日 エンスト」等で検索すると・・・

①プラグが濡れている?
②エアクリーナーが湿っている?
③キャブレターに浸水?

などが原因として考えられるらしく、「乾けば直ったよ」などという楽観的な意見もあって、「とりあえず天気もええから、帰る頃には乾燥してエンジンもかかるんちゃう?」と祈るような気持ちで一日を過ごしました。

夕方に駅に着くと、寂しそうにスクーピーが待っていました。そして祈る気持ちでセルを回すと、やっぱりエンジンはかかるのですが、アクセルを回すと朝と同じように「プスン」と切れます

仕方なく重いバイクを家まで押して帰り、とりあえず①のプラグを触ってみようと、プラグを引き抜き、調べたところ、湿っている様子はなく、プラグキャップもきれいでした。
②のエアクリーナーも調べてみると、確かに汚れてはいるものの、湿っているといえば湿っているし、「これが原因とは考えにくい
③のキャブレターは中々大変そうなので、とりあえずその晩は諦めました。

次の日、ネットでエアクリーナフィルターを注文し、またまたネットで原因を調べたところ、「①でも②でもなければ③のキャブが怪しい」という結論になりました。

土曜日になったので、朝からエアクリーナフィルターを交換してみましたが、様子は一向に変わりません。「ええいっ!いっちょやったるか!」と腕まくりをして、バラし始めたものの「生兵法、怪我の元」との格言通り、素人に手が出せるシロモノではなく、バラしている最中にカウルやシートを固定しているネジを失くしてしまったり散々でした

とうとう諦めて、最後の手段ということでバイク屋さんに修理に出すことにしました。

押して持っていくことを前提に、地元のバイク屋さんをネットで調べて、近場から当たっていったんですが、初めの2~3軒に電話で症状を伝えると、「見てみないとわかりませんが・・・場合によっては5万ぐらいかかるかも?」とか、「いまちょっと立て込んでるので、とりあえず預からせてもらって1週間ほど・・・」とか、「そのメーカーは取り扱ってません」、「引き取りだけでも料金がかかりますよ」など、どのお店も積極的に取り合ってくれませんでした

そして4軒目に電話をしたのがリバーモータースさんでした

症状を説明したところ、「とりあえず取りに行きますわ。」、「えっ?引き取りはお金かかりますよね?」、「取りに行くのは無料です。修理後に納品する場合のみ1,000円もらいます」「じゃあ直ったら引き取りにいったら無料ですか?」、「そうです。今から行きますよ」と、大変快く、20分後に早速取りに来てくれはりました。

トラックで来てくれたお兄さんは、とても好印象の方で、「多分、キャブだと思いますが、キャブじゃなかったらエンジンになるので、そうなると少し金額が高くなるかも知れません。」とのことで、バイクはトラックに載せられて行きました。

そして数時間後に電話がかかってきて「直りましたよ!」とのこと!
「やっぱりキャブが詰まっていました。バラして少し調整したら直りましたよ。ネジも付け替えておきました。」、「ありがとうございますおいくらですか」?、「8,000円です」、「ありがとうございます

ということで、歩いてバイクを取りに行きました。原因はキャブレターの詰まりで、雨は関係なく、たまたま長年の汚れカスが詰まってしまっただけのことだったらしいです。元気になって帰ってきてくれたスクーピーをこれからも大切にします。

本当に親切で丁寧なお店「リバーモータースさん」、僕のイチオシのバイク屋さんです。これからもよろしくお願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなもんでしょ「夏への扉」byロバート・A. ハインライン

2017年04月20日 | 小説・マンガ
~「ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。(BOOKデータベースより)


「この小説は読んでおいたほうがいい」というレビューが多い作品です。ロバート・A. ハインラインというアメリカのSF作家さんが1956年に発表された作品です。1956年というと昭和30年頃ですから、日本が戦後から立ち上がり、高度経済成長期に入ったあたりの頃です。

1970年頃の設定から始まりますが、その時点で、「自動家事ロボット(ルンバの進化版?)」や「自動製図機(CADの原点?)」などが発明されており、筆者の近未来への期待を感じますね。

そして、「冷凍睡眠装置(コールドスリープ)」によって、21世紀(2000年~2001年)にジャンプした主人公が目の当たりにする、アメリカは、スゴい時代になっているという設定で描かれています。

今まさに21世紀を生きている私たちにしてみれば、「ハインラインさんよ、人類は、それほど進歩してないよ」と言ってあげたくなりますね(^^;。

内容としては、恋人や友人に裏切られた主人公がタイムトラベルによって復讐を果たし?ハッピーエンドを迎えるということなんですが、ストーリーとしては中々楽しめますが、場当たり的な感じが多く、深みもありません。

前半は、やや暗く、主人公の愚鈍さにガッカリしながら読みましたが、好感が持てるサットン夫妻が出てきたあたりから、物語が明るく楽しくなってきて、後半は楽しく読めましたが、「是非とも読んで欲しい名作」とまでは思いませんね。

★★☆2.5です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加