いつだってワークライフバランス

「仕事と生活の調和」を意味する
ワークライフバランス。
より良いあり方を考えるブログです。

賞味期限を気にする人、気にしない人

2016-10-12 | その他

先週の北陸出張で、そこに行かないと出会えない貴重なお菓子を買いました。

 

その名は「江出乃月(えでのつき)」。

これまで2回だけ食べたことがあります。

 

会社員時代に、お客様からお土産でいただいたのが始まりでした。

2回目は、日本橋三越「菓遊庵」で発見して即買い(定番商品ではありません)。

自宅で初めてお茶事の真似事をしたときに使いました。

 

上品で美しく美味しくて、私の中でのお干菓子ベスト3の1つです。

今回、出張の仕事が決まった時点でメラメラと闘志を燃やし、「絶対に買う!」と事前に入手方法をネットで調べ、

先生はじめ社中の方々に「お土産としてお稽古に持って行きますから、お楽しみに!」と大宣伝していたほどの意気込み。

 

日帰り出張なので、早めに到着した駅ビルで店を確認し、仕事が無事終わってから新幹線に乗る前に買えました~。

わ~い、三越と違ってバラ売りもあるわぁ。

新幹線の中で食べようっと♪♪

 

と、ところが、何としたことでしょう~。

お干菓子だからと油断して、賞味期限を確かめず買ったところ、お稽古の日には賞味期限切れという事実に

車中で気づいた間抜けな私。

 

先生も社中の方もなぜか、賞味期限を全く気にせず、「なぜ早く食べないの?」と不審に思うほど、希少なお菓子は

少しずつ少しずつ、いつまでもいつまでも大事に食べるため、これもおそらく期限切れでも歓迎されるでしょう。

 

しかし、私は賞味期限に神経質ではないけれど、ひと様に差しあげる物なら大いに気になる質。

だって、せっかく美味しいものなら最高の状態で召し上がってもらいたいじゃないですか~。

 

先生には新幹線の中からお詫びメールを送りました。

代わりに「白エビせんべい」を持って行きますのでお許しを、と。

しかし、先生も皆さんも新鮮な「白エビせんべい」より、賞味期限切れの「江出乃月」のほうが絶対にいいと思う……。

 

それもこれも、新幹線に乗る前に夕食をと、駅ビルの寿司屋で28個も握り寿司を食べて、ゆっくり買い物する時間がなくなった

私が悪いんですけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の日経新聞朝刊に拙著広... | トップ | お茶席で知っておきたいマナー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (柴田直美)
2016-10-16 20:34:08
先生のブログを楽しみに拝見させて
いただいております。
先日は、突然のご連絡で
申し訳ありません。
娘のブログに、
早速、載せていただいております🎵
よろしくお願いいたします✨
ありがとうございました! (soho)
2016-10-16 23:57:49
柴田様

お嬢様のブログ、拝見しました。
拙著『「大人ことば」で穏やかに話す』をお褒めいただき、大変光栄に存じます。

それにしても、ブログに載せるときは、良い話題でもできるだけ了解を取るのがマナーとは、
今回、教えられた思いです。
ITリテラシ―が低い私なので、知らないうちに失礼なことをしてしまうかもしれません。

こちらこそ、ありがとうございました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。