いつだってワークライフバランス

「仕事と生活の調和」を意味する
ワークライフバランス。
より良いあり方を考えるブログです。

茶人の喜寿

2017-04-23 | お茶ときどきお花

数え歳とは赤ちゃんがお母さんのお腹に宿ったときから数えて1才足したものをいいます。

年齢を重ねると、1才でも若くありたいので、わざわざ数え歳で自分の年齢をいう人は今は少ないようですね。

 

お茶の世界では古式ゆかしい考え方からなのか、賀寿は数え歳に準じます。

私の先生も随分前から、今年が喜寿(77才)だとおっしゃっていて、「えっ? もうそんなお歳に?」と思っていると、

今年76才で茶人としての喜寿を迎えられました。

 

各地の伝統ある場所で釜をかけたり(茶会の席主を務めること)、弟子を育てて茶道に貢献してこられた先生は

お祝いで、家元に招かれて喜寿のお祝いをお受けになります。

 

とてもお元気で若々しい先生なので、全然おかわりないような気になって

適当な稽古をしている自分を反省する機会でもあります。


この先もずっと、私の師匠として指導していただけると当たり前のように考えてはいけない年齢に入られたということ。


お祝いにお花を贈りましたが、先生にとっては私がもう少し熱心にお茶に取り組むことのほうが本当のお祝いになるんだよなぁ。

わかってはいるんですけど。

 

写真の花材は芍薬、グラジオラス、ブプレウルム、ハイブリッドカーネーションのラフィーネなど。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お花見@新宿御苑 | トップ | 四月大歌舞伎・夜の部@歌舞伎座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お茶ときどきお花」カテゴリの最新記事