Level2

2017年08月10日 | 麻雀
少し独断と偏見で書こうと思います(いつもか)

フリー雀荘に来る人種を簡単に分類すると・・・

①オジィ&オバァ
②50歳以上の男性
③20~50歳の社会人(男性)
④学生(男性)
⑤ゲストプロ(ほぼ女性)
⑥メンバー(ほぼ男性)

この6種類です。


以前書きましたが
私は人生の厚みが麻雀に直結すると思っているので
基本、年配の方の方が強いと思っています。
ただ
50円にしても100円にしても遊戯(遊び)の範疇なので
ソレがドコまで結果に結び付くか?

難しい所です。
それもアリ
下記では上記と矛盾するケースが出て来ます。

①オジィ&オバァ



雀力:D~B
資金力:A

同卓出来た場合は素直に喜びましょう。
今の時代、メディア(ネット)で
『こうゆうケースでは、こう打った方が良い』
っと解説してくれてる事が多いんですが
基本、“そんなの”を見ない世代なので進歩がありません。
特に、【リーチ】、【鳴き】、【祝儀】に対しては
かなりヌルイと思われます。
資金力はあるので“遊戯”として遊びに来られてる方が多そうです。

②50歳以上の男性



雀力:C~B
資金力:A

中には強い方も居るんですが
同卓した場合は喜んでOKと思います。
理由、資金力は①とほぼ同じです。

③20~50歳の社会人(男性)



雀力:B~A
資金力:B

例え今現在ヘタでも一週間後には驚くほど進化してる可能性があります。
上達しようと日々勉強してる可能性があるからです。
家庭を持たれてる方も多く居るので、遊戯とは言え負けると分かってる勝負に来るか?
っと聞かれると微妙です。
ですので、(ソコに)残ってる人は強い人か資金力がある人です。
(“隠れプロ”も、たまに現れます)

④学生(男性)



雀力:C~A
資金力:C

去年デビューした私のような異種も居ますが
大抵の人は学生時代にフリーデビューするものなので
『ネットでは打ってるけどリアルではほとんど・・・』
っとゆう方がチラホラ現れます。
ネット麻雀とリアル麻雀は全くの別物なので
そうゆう学生は叩き時です。
同卓した場合は喜びましょう。
ソレと反比例しますが
(基本、資金力が無いタメ)
今ソコで闘い続けてる人は、それなりの雀力を持ってる方
っと思って良いと思います。
誰も≪負けると分かってる遊び≫は
したくないですからね。

ただ、雀力、資金力が乏しい中でも
『将来、ピンや職場の同僚と打つタメに・・・』
っと頭を低くして頑張ってる方は多いと思います。

⑤ゲストプロ(ほぼ女性)
雀力:B~S
資金力:C~A

お店の壁には
「この人、誰よ(´•ω•`)」
って写真が多数飾ってる場合がありますが
言っても“プロ”ですからね。
少なくても私なんかよりは麻雀の事ばかり考えてるハズです。
ですので
同卓した場合は、要マークです。

⑥メンバー(ほぼ男性)



雀力:B~S
資金力:C~B

何も気兼ねなく打った場合
底は知れませんが
メンバーさんは、卓外含め
いつも色々な事に気を配って無いとイケないので大変です。
大変ですが、やはり底が知れないので
お客の入りが悪くメンバーさんと打ち続けなきゃダメそうな時は
早目の帰宅or一旦休憩を念頭に置きましょう。
2,3人に囲まれた場合
私はストレートに言います。
「か、カオス・・・カモラスで(TωT)
 誰も(他の客が)来なかった場合は帰ります」
※カモラスとは、そのゲームで“終わるカモ”って事です



客商売とは言えメンバーも負ければ自腹ですからね。
ですので、斧を背に隠しつつ笑顔で向かって来ます。



あるネット情報では
50円はともかく100円の雀荘のメンバーさんは
給料はほとんど残らないそうです・・・
場代(ゲーム代)を半分(もしくは全額)補填してくれるお店は
全く異なるそうですが。。

初めて【マーチャオB】に行った時
帰り際にそうゆう話をしましたが
お酒でも呑みながら(呑まないけど)
貰い泣きしながら
思いの丈を聞いてみたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Level1 | トップ | Level3 »

コメントを投稿

麻雀」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。