続々々 一向聴(イーシャンテン) 【復習編⑧】

2016年10月09日 | 麻雀
ふぅ・・・
やっと最後。
お疲れ様でしたm( _ _)m

その前に
皆さん“ドンジャラ”をした事はありますか?

私は大昔、ドラえもんとゲゲゲの鬼太郎をした覚えがあります。
今、検索すると
ワンピースや妖怪ウォッチも出て来ました。
ルールを覚えてはいませんが
基本、麻雀とドンジャラは同じだと思います。

違いは
揃える枚数くらいだと思います。
あとは
牌に絵があるか無いかくらいかな?



今は
『“気持ち悪い”棒がいっぱい、、、』

『漢字ばっかしで、楽しくない、、、』
かもしれませんが
そのウチ慣れます。
慣れれば
逆にドンジャラの方が
『絵があって観難い・・・』
っと、なるハズです。

小説と同じで
登場人物や、たまにある“挿し絵”さえあれば
何も問題ない
みたいな感じで。

たぶん><

っと、フォローをしてから
最後の例題を書きます。
それくらい言わないとヤヤコシイので。。

では・・・

ラストでーッス(>∩<)

≪4列目≫



33455m 999s 67999p

それでは正解です。



2m、3m,4m,5m,6m
5p、6p、7p、8p

なななんと9種類ありました。
あっちゃったんですねー><

ふぅ・・・

いきやす><

2mが入った場合



234 55m 999s 67 999p
打:3mで【聴牌(テンパイ)】
待:5pか8p

3mが入った場合



333 55m 999s 67 999p

打:4mで【聴牌(テンパイ)】
待:5pか8p

もしくは



33 345m 999s 67 999p

打:5mで【聴牌(テンパイ)】
待:5pか8p

4mが入った場合





334455m 99s 67 999p

打:9sか9pで【聴牌(テンパイ)】
待:5pか8p

5mが入った場合



345 55m 999s 67 999p

打:3mで【聴牌(テンパイ)】
待:5pか8p

6mが入った場合



33 456m 999s 67 999p

打:5mで【聴牌(テンパイ)】
待:5pか8p

5pが入った場合



3455 999s 567 999p

打:3mで【聴牌(テンパイ)】
待:2mか5m

もしくは



33 55m 999s 567 999p

打:4mで【聴牌(テンパイ)】
待:3mか5m

もしくは



33 45m 999s 567 999p

打:5mで【聴牌(テンパイ)】
待:3mか6m

もしくは





33455m 99s 567 999p

打:9sか9pで【聴牌(テンパイ)】
待:4m

8pが入った場合
5pが入った場合と同じ><

っと思いきや
6pも切れるのか・・・

33455m 999s 789 99p



ヤヤコシやー><

6pが入った場合



33455m 999s 66 999p

打:7pで【聴牌(テンパイ)】
待:4m

7pが入った場合



33455m 999s 77 999p

打:6pで【聴牌(テンパイ)】
待:4m

イっジョー○ー(。≧Д≦。)ー○

img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/d3/cd7f678d43181f209e7adf9c85d14b0d.png" border="0">

※33455の形は、バラすと
 345 35 っとなります。
 ようは、345の2セットですね。
 そう考えると、そう考えられると少しは楽になります。



ふぅ・・・・・
たぶん全部書けたはず。。

例3と同じで
例4も少しずつ違うだけですが
【麻雀】とゆうゲームを知って行くウチに
少しずつ、この差を理解出来て行けると思います。

次回から
≪教材≫として(赤の他人の)実戦を観て行きますが
今はまだ

『ドレが入ってドレを切れば(捨てれば)良いのか
 全然わかんない・・・』

でも全く問題ありません。

お恥ずかしい話
私も、いまだに、そんな事はあります。

ほとんどの麻雀ゲームの場合
『今、貴方!聴牌(テンパイ)しました!!』
『和了(アガリ)ました!』
っとゲーム側が教えてくれるんですが
「え???そーなの( ̄Д ̄;)?」
っと、なる場合が、私も未だにあります。

ですので
初心者の人は、そうであって当たり前です。

憂鬱になった時
投げ出したくなった時は
初めの呪文を忘れずに。

中学生からでも
20歳からでも
40歳からでも
60歳越えてからでも
覚えれる、楽しめる、上達出来るのが
【麻雀】とゆうゲームです。

そして

雨上がり宮迫『世界一面白いゲーム』

ソレが麻雀です。

では、動画を載せておきます。
この人は、私並みにナマッてますが(ヤカマシ
自分で打ちながら“実況”をしてくれてるので
とても参考になりそうです。

雀力(ジャンリョク:麻雀の実力)は
私と大差ないかなーっと思います。

もしかしたら
ナマッて聞こえるのは外国籍の人だからかもしれませんが。

https://www.youtube.com/watch?v=WdQITm4WO6U


次回、タイトル予告
【チー、ポン、カン】(仮)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 続々 一向聴(イーシャンテ... | トップ | チー、ポン、カン 【復習編⑨】 »

コメントを投稿

麻雀」カテゴリの最新記事