続 フリテン 【復習編②③】

2016年11月07日 | 麻雀
続き行っきまーッス(^▽^)/



前回、説明しなかった
“2つ目”の【フリテン】の回避方法を書きます。

ようは“待ち”を変えてあげたら良いんです。

ただし
その変わった後の形も同様に
違う形の【フリテン】になる事が多々あるので
自分の捨て牌はシッカリ見ましょう。

――――――――――――――――――――――――

【フリテン】の説明を続けます。

まず、今までの復習を兼ねて
次の手の“待ち”を考えてみましょう。

すでに、この手は聴牌(テンパイ)しています。


次回に持ち越しても仕方ないので
正解を書きます。

待ち:3m、5m、6m、8m、9m

以上、5つの種類の牌で和了(アガ)れます。

納得出来ない方は分解してみましょう。

まず3m(サンマン)



5m



6m




8m



最後に9m



それぞれ、このような形になるので
5種類も和了(アガ)れる形があったワケなんですが

もし仮に
自分で9m(キューマン)を切ってた(捨ててた)としましょう。

この場合は
もちろん【フリテン】扱いとなり
自分でツモ和了(アガ)るしか和了(アガ)る方法はありません。
=ロン和了(アガリ)は出来ない

では
自分で9mを切り
9mの他の3枚も全て場に見えてるとします(計4枚全て)。
※“見えてる”とは、他の人が切ってたり、チーしてたり、ポンしてたりする事です

果たして
この場合は、どうなると思いますか?

この場合も
もちろんもちろん【フリテン】と、なります。

仮に全部見えてて
「んなの、(全部枯れてて(無くて))そもそも9mで和了(アガ)れないんだから
 【フリテン】じゃない!」
なんて事にはなんないんですよね。

時には
“待ち”が多いのも考えモノ
なんて事も起こり得ます。

では、次のシチュエーションを見てみましょう。

白と中をポンして
このような状態になりました。



“待ち”は何かわかりますか?

そうです4m(スーマン)です。

ソコで自分の河(カワ:捨て牌)を見ると・・・
「やった―(≧▽≦) 4m切ってなかったー(≧▽≦)」
っとします。

※ただし1mを切ってるとします。

ココで
2m(リャンマン)をツモって来ました。
“待ち”が
4m→1m、4m
に増えるので5m(ウーマン)を切りました。



するとどうでしょう

フリテンになってしまいました(。≧Д≦。)
※1m(イーマン)を切ってると仮定しているので

こうなってしまっては
他の人が4m(スーマン)を切ったとしても和了(アガ)れません。
自分で、1mか4mをツモって来るしか和了(アガ)る事は出来ないので
この
≪2mを残して5mを切る≫
とゆう選択は、愚策となってしまいます。

この愚策が妙策となる場合も0では無いんですが・・・
【フリテン】とは関係無いので触れませんし
“こんなモノ”は、ただの“愚策”だと
今は理解してて下さい。

最後に
今までの根底を覆すかもしれない言葉を発しますが
発狂しないで下さい><
私が悪いワケじゃありません><

【フリテン】とは
自分で切った牌で“待つ”ことっと
説明して来ましたが・・・
必ずそうだとは言いきれません。
他家(ターチャ:他の人)が切った牌でも
【フリテン】が成立する場合はあります。

ホントに私が悪いワケじゃないんです><!!

コレを
【同順(ドウジュン)のフリテン】
っと、言います。

例えば
こんな手で聴牌(テンパイ)しているとします。



チーやポンを繰り出し
なんとか聴牌(テンパイ)しました。

※これから色んな役(ヤク)を説明して行くつもりなんですが
 この手の場合【タンヤオ】しか役(ヤク)は、ありません

【タンヤオ】でしか和了(アガ)れないとゆう事は
6s(ローソー)では和了(アガ)れても
9s(キューソー)では和了(アガ)れ無いとゆう事です。

9sでは和了(アガ)れない・・・
自分の河(カワ:捨て牌)をチェックチェックチェーック><

しましたが
仮に
9sを切って無かったとします。

確認するのが第一

『ほっ(。・ω・)』

ほっとするのが第二

なんですが、コレで終わりではありません。

この6s(ローソー)待ちで聴牌(テンパイ)してる状態で
仮に
下家(シモチャ:右隣の人)が9sを切ったとします。

もちろん
9sでは役(ヤク)が無いので和了(アガ)れません。
※6sなら【タンヤオ】で和了(アガ)れる

次の瞬間
対面(トイメン:正面の人)が6sを切ったとします。
この場合『ロン!』っと言って和了(アガ)れると思いますか?

残念ながら
コレは和了(アガ)れないんですー><

『え??なんで???オレの【タンヤオ】があんじゃん!』

は、通用しないんですー><

コレが【同順(ドウジュン)のフリテン】です。

簡単に言うと
【同順のフリテン】とは
自分の番を一回越える(一周する)までは
和了(アガ)れない方の牌を切られた場合は
次の瞬間に、自分の和了(アガ)れる方の牌を切られたとしても
和了(アガ)る事は出来ないんです。

んんんんんんんn
わっかるかなー><
全ての読者に隣で説明したいわー><

この場合はOUT
この場合もOUT
でも、この場合はSAFE

って。
何度も何度もわかるまで。

出来ないので
説明してくれているサイトを載せておきます。
何度も読んでみて下さい。

http://www2.odn.ne.jp/cbm15900/html/m8.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« フリテン 【復習編②②】 | トップ | チョンボ 【復習編②④】 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。