Shpfiveのgooブログ

主にネットでの過去投稿をまとめたものです

任双双さん、ありがとう

2017-05-15 05:45:13 | 国際情勢
「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年5月10日より

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2017-05/10/content_40784718.htm


> 5月9日に伝えられたところによると、東京都の観光スポットの浅草寺で4月20日午前、ある中学生が痙攣を起こして泡を吹いて路上に倒れた。観光で日本を訪れていた鄭州市の看護師・任双双さんはそれを偶然目撃し、迷わずに走っていき応急処置をし、救急車が到着すると静かにその場を去った。
28歳の任双双さんは2012年に学校を卒業してから河南省腫瘍医院で働き、現在は一般外科の看護師をしている。4月18日、彼女は親友と一緒に日本に観光に行き、20日午前に浅草寺で修学旅行で訪れた中学生に出くわした。「当時は人が多く、突然騒ぎ声がし、見てみると人が倒れていた」と話す任双双さんは、通訳の叫び声を聞いてすぐさま人混みをかき分けて走っていき、患者の状況を確認した。当時、その女子生徒は意識がなく痙攣を起こし、口から白い泡を吐き、顔には黒い点々があった。彼女は食中毒を疑い、通訳を通して女子生徒の同級生に聞き、てんかんの発作であると判断した。彼女は患者の体を横にしてボタンを外し、口の中の泡を拭き、舌を噛まないようにウエットティッシュを折りたたんで口の中に入れた。女子生徒は意識を取り戻すと体を起こして感謝しようとしたが、任双双さんに阻止され、救急車が到着すると任双双さんは静かにその場を離れた。任双双さんの行為に感動した友人はその様子を携帯電話で記録した。看護師長がSNSで知り聞かれるまで、彼女はそのことを話さなかった。

→他の報道によると、任さんにとって、これはすべて普通のことで、中国に帰って微信(Wechat)のモーメンツの投稿を見た婦長から聞かれて、初めてこのできごとの一部始終を話したといいます。

このニュースを知ったとき、思わず周囲の日本人は何をしていたんだろう?

と思ってしまったのは私だけでしょうか?

せめて彼女に声もかけようとしたのでしょうか?

呼び掛けもしなかったのでしょうか?

省みるに

今の私たち日本人は一部の人たちのように「民度」を、それほど誇っていいものなのでしょうか?

いろいろ考えさせられます。

日本人の「助け合いの精神」はどこかにいってしまい、利己主義、保身の方が優先されてしまいつつあるのだとしたら

私たちは、もう一度考え直さないとといけません。

ネットで「シナ人が~」などと喚いて、現実社会の憂さ晴らしをしているようなネトウヨさんたち

あなたたちは、本当に「私、日本人で良かった」と思っていますか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人は我が国と言ってはい... | トップ | 「南京事件」のトンデモ「否... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。