Shpfiveのgooブログ

主にネットでの過去投稿をまとめたものです

中国には出来なくて、我が国には出来ることというのは何があるのか考えて見ました

2017-06-16 22:29:20 | 国際情勢
最近の中国の発展は確かにめざましいものがあり、最先端と言える様々な分野で「世界一」や「世界初」の成果を現実に出しています。

例えば海洋科学技術や宇宙開発などを例に挙げてもいいでしょう。

実際にも中国版GPSと呼ばれる「北斗」は全世界をカバーしていますし、人類史上初ともいわれる国家単独保有の宇宙ステーションの活動、火星探査や、その開発計画なども予定されています。

学術分野でも「材料」と「化学」の分野では、論文の被引用件数は世界1位となりました。

今や白物家電で世界のトップシェアは中国のハイアールです。

そんな中国ではありますが

他国への経済援助、あるいはそうした国の「インフラ整備」などにも熱心に取り組んでいるにもかかわらず、その援助している国を「近代化の緒」につけることができないままです。

アフリカ諸国、あるいは身近なところではラオス、カンボジア等々…

広義にはロシアも「中国の援助を受けている国」に含まれるかもしれませんが

中国の熱心な援助にもかかわらず、それらの国々で近代化が進み、しかるべき産業が育ってくる気配は見えないままです。

さて、我が国です。

是非論は別にして、かつて我が国の「植民地」として統治されていた韓国、台湾などは「近代国家」といってもいいくらいの状態にまで育ちました。
(台湾を「国家」と呼ぶべきかどうかの議論は本題ではないので、ここではふれません)

欧米諸国の「旧植民地」はどうなっているでしょうか?

例えばフランスの「旧植民地」だった国家で、例えば韓国、台湾と肩を並べられるような「近代化」を達成した国はありません。

アメリカの「旧植民地」だったフィリピンは、先の大戦による戦禍を考慮したとしても、少なくとも大戦後に戦禍にかかったことはありませんし、アメリカはその後もフィリピンには随分投資してきました。

が、結果は出ていません。

植民地ではありませんがイラク戦争後のイラクも、アメリカの支援にもかかわらず、酷い有り様となっています。

イギリスの「旧植民地」で、その後も順調に発展してきた国は少なくありませんが、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどは、皆、原住民主導により近代化を達成したわけではなく、「移民白人」が主力となっています。

まあ、インドやシンガポールなどは成功例とも言えるかも知れませんけど…

話を戻すと

かつてODAというかたちで我が国の経済援助を受けていた中国自身が、劇的な変化を遂げ、一気に国家の近代化に成功しています。

これは偶然でしょうか?

ちなみに韓国とは異なり、独立後に「旧日本の排斥を行った」北朝鮮は、ご覧の通りです。
(最近の北朝鮮は少し持ち直してきていますが)

どうやら我が国には、他国を「近代化の緒につけられる」何かがあるようなんです。

前記、中国のハイアールのトップである張瑞敏氏は、自ら「日本の企業精神を学んだ」という意味のことを発言しています。
https://www.jnpc.or.jp/archive/conferences/14312/report/

>「日本企業から品質や技術だけでなく企業精神というものを学んだ。何事も、奮闘する精神が大事だ」

→私たち日本人が意識していない「日本の強み」。

それを「再発見」できた時に、我が国は甦ることが出来るような気がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 複数ID作り放題、投票システ... | トップ | 昭和天皇は対米開戦をそもそ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。