ちょっとマンネリですが・・・

ダラダラ過ごしている毎日のことあれこれ・・・・

「どんな新しいアイデアも、最初はバカげたものに見える」

2017年03月21日 | Weblog
「どんな新しいアイデアも、最初はバカげたものに見える」

「みっともないお金の使い方」川北義則著より。

これはロバート・オルソンという人の言葉だった。常識外れの人間は何かとてつもないどでかいことをやるかもしれないという。当たり前の発想では大して進歩も期待できないものだろう。

たとえばかつてのスティーブ・ジョブズは今までになかったまったく新しい発想でネットの世界を変えている。あとで考えれば、納得できるようなものもそれ以前はバカげたものに見えたのだろう。

そんなものできるはずはない、というようなものにチャレンジするときは無謀だといわれることのほうが多いかもしれない。あとはそのチャレンジを継続できるかどうかでもありそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 並外れた極端な生き方という... | トップ | 「もったいない」と思う心が... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む