ちょっとマンネリですが・・・

ダラダラ過ごしている毎日のことあれこれ・・・・

不愉快な刺激というものは、「心の免疫力」を上げてくれるもの。

2017年07月15日 | Weblog
不愉快な刺激というものは、「心の免疫力」を上げてくれるもの。

『「嫌な気分」を切り替える技術』齋藤孝著より。

ストレス耐性を高めることは、からだの免疫力をつけるのと同じことのようだ。免疫力があれば、抵抗力があるということになる。

心の健康を維持するためには、やはり免疫が必要だという。仕事をしていれば、煩わしいこと、厄介なことがつきものだ。それも心のワクチンだと思ってポジティブに受け入れることも必要だったのだ。なかなかできないことだが。

不愉快なことも経験すれば、自分のなかに抗体ができて、免疫力が高められていくということらしい。わかりやすい説明だった。

経験値が増えれば、それまで大変だったことも、そうでもないことに気づくのだろう。どんなことも修行だと思っていけるかどうかでもありそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耐性は慣れでつくと言っても... | トップ | 雑誌はマンパワーの集積。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む