ちょっとマンネリですが・・・

ダラダラ過ごしている毎日のことあれこれ・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

発想の転換力は、生きる姿勢を変える。

2017年07月13日 | Weblog
発想の転換力は、生きる姿勢を変える。

『「嫌な気分」を切り替える技術』齋藤孝著より。

いい歳の取り方ができる人は、経験を活かし、練れた胆力で事に当たる力がある人らしい。「練れた胆力」という表現は新しい気もする。意味が深そうだ。

成熟度の高い人物を「器が大きい人」「度量のある人」「胆力のある人」と呼ぶようだ。なかなかそんな人にはなれないが、日ごろの心がけも大事なのだろう。年を重ねただけでは成熟度も高くなるということはないだろう。やはり普段からの心がけかもしれない。

筆者は不愉快な刺激を力に変えることができれば、今よりずっと生きやすくなると述べている。ちょっとした考え方次第で、気持ちもぐっと違って、やる気も増してくるようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレス耐性。 | トップ | 耐性は慣れでつくと言っても... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事