ちょっとマンネリですが・・・

ダラダラ過ごしている毎日のことあれこれ・・・・

一日30分、自分だけの「ゆっくりタイム」をつくる。

2017年08月13日 | Weblog
一日30分、自分だけの「ゆっくりタイム」をつくる。

「ゆっくり動くと人生が変わる」小林弘幸著より。

バタバタ、セカセカは自律神経にとって大敵らしいが、ダラダラと時間を過ごすことも同様に自律神経のバランスを乱すそうだ。

理想は「ゆっくり、早く」だった。ゆったりとしながらも、無駄なく軽やかに、リズミカルな生活を送ることだった。

そこに持って行くための有効な手段は「一日30分の自分一人だけのゆっくりタイム」だった。これだけで生活にいいリズムが生まれるという。

最近では自分一人になれるゆっくりタイムは毎日数時間はとれているようだ。朝夕にはしばしばクラッシックの音楽を聴くようにしている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「早起きは三文の徳」は医学... | トップ | 一日の終わりに短い日記をつ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む