ちょっとマンネリですが・・・

ダラダラ過ごしている毎日のことあれこれ・・・・

スポーツでも何でも、本番が一番上達する。

2016年10月01日 | Weblog
スポーツでも何でも、本番が一番上達する。

「勝ちにいく身体」坂田信弘・齋藤孝著より。

例えば「この一球にすべてを賭ける」という意識でやったプレイは身体に刻み込まれるという。齋藤の氏はまた子どもに三色ボールペンで線を引かせているのは、本と向き合うことは、一文一文の読みに対して、後戻りできない判断を賭ける小さな試合だと考えているからだそうだ。

その緊張感こそが上達をはぐくむのだった。試合では緊張して当然のことだった。試合の緊張感を日ごろから技化しておくということも大事なことだった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上達のコツや集中力というも... | トップ | 自分一人きりで充実する時間... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事