鹿児島県立松陽高等学校公式blog

学校での活動等をお知らせします。

美術科体験入学

2017-08-28 10:47:34 | 美術科

平成29年8月23日(水) 美術科体験入学が行われました。

美術科の概要説明,美術科生による体験発表,実技基礎演習,芸術棟見学等を通して,本校の美術科がどのような環境で学んでいるのかご理解いただけたと思います。

美術をより深く学びたいと考えている中学3年生の皆さん,松陽高校入学を希望していただけるとうれしいです。

また,今回を持ちまして,普通科・音楽科・美術科すべての体験入学を無事に終了することができました。参加者の皆さん,本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。今後とも松陽高校をよろしくお願いします!

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 第67回鹿児島県高校美術展 表彰式

2016-12-17 13:55:45 | 美術科

平成28年12月16日, 鹿児島県民交流センターにて,第67回鹿児島県高校美術展 表彰式・シンポジウムが開催されました。

本校2年生の三田真裕さんが高校美術展準大賞に選ばれるなど,30点の入賞,62点の入選という輝かしい成績を修めました。

審査結果の詳細につきましてはこちらからご覧ください。→http://www.kakoubun.com/topics/793/

表彰式終了後は,著作権についての講演や市立美術館において作品鑑賞会も開催されました。また,鹿児島市立美術館の学芸員の林さんによる企画展についてのギャラリートークも開催され,充実した作品鑑賞会となりました。

著作権についての講演会の様子

 

企画展のギャラリートークの様子

 

■主な受賞作品

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 鹿児島県高校美術展 作品搬入の様子

2016-12-04 11:25:32 | 美術科

今年も、いよいよこの日がやってきました。

鹿児島県高校美術展への作品搬入は、松陽高校の美術科にとって最も重要なイベントです。

この日のために睡眠時間やありとあらゆる欲求を抑制しながら、制作に時間を費やしてきました。

そして自身の納得がいくぎりぎりまで追い込み、仕上げた渾身の作品を搬入するのです。

松陽高校の美術部は、119名が所属しているため作品数も200点近くになります。

 運送業者にトラックを委託し、作品搬入も全員で協力して実施します。

制作の追い込みは、立体作品の場合は特に大変です。塑像を粘土で作成し、石膏で型をとり、FRPに置き換え、塗装研磨を行います。

本当に時間との戦いです。当日ぎりぎりまで作業は続きます。

 

いよいよ作品搬入です。積み込む作品の順番や作品の扱い等、安全面も含め入念に打ち合わせを行います。

 

 

 

絵画やデザイン画といった平面作品を先に積み込みます。

積み方を間違えると全ての作品を積み込むことができなくなるため計画的に積み込みます。

もちろん、作品の積み忘れがあると大変なので一点一点チェックもしっかり行います。

 

全ての作品を無事積み込むことができました。

審査は明後日以降に行われる予定です。好成績に期待したいです!

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 松陽高校美術科校外芸術鑑賞会

2016-11-13 09:46:57 | 美術科

11月10日(木)

美術科2年生 《 校外芸術鑑賞会 》 開催

目 的】 校外で行われている展覧会を鑑賞し,本物の作品に触れながら感性を養い,今後の学習や制作に役立てる。

午 前  霧島アートの森 「宮島達男〜生と死 いのちのひかり〜」展 鑑賞

通称「7セグ」と呼ばれる数字を用いた映像作品やが数字がカウントダウンするガジェットを用いた立体作品など宮島氏の独特な世界観に生徒たちも引き込まれているようでした。霧島アートの森の学芸員植松篤さんの解説も分かりやすく現代美術のコンセプトの重要性を改めて感じました。

午 後  都城市立美術館 「和田英作」展 鑑賞

鹿児島出身の写実的な絵画で知られる和田氏の作品は,基本に忠実な作風であるため油絵を描き始めて間もない2年生にとって大変勉強になりました。都城市立美術館の学芸員である祝迫さんの詳しい解説により,和田氏の生い立ちから絵画に対する実直な姿勢まで大変興味深いお話も聞かせていただきました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 美術部 中学生の日帰り体験入部

2016-11-01 16:30:18 | 美術科

 10月30日に毎年恒例となっている松陽高校美術部体験入部が開催されました。

今年も来年松陽高校への進学を希望していて美術に興味があり、絵を描くことが好きっ!何か作ることが好きっ!という中学生がたくさん集まってくださいました!

松陽高校は、県内美術唯一美術科があり、施設も大学並みに充実していて部員は現在120名です。県内のみならず、全国で開催されている公募展においても輝かしい成績を残しており、日々油絵や彫刻、日本画、陶芸、木工といった制作をしながら技術のみならず美術に対する考え方も含めて研鑽に努めています。

今日は2年生が案内役となり、美術部の制作活動を体験したり、施設や活動の様子をご覧いただきました。


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 美術科 風景画合宿

2016-07-30 03:45:47 | 美術科

今年も美術科1年生を対象とした風景画合宿が,7月28日〜30日に吹上町を中心に開催されました。

この合宿は3日間吹上町に滞在し,油絵で風景画を1枚仕上げるというものです。

吹上町の歴史情緒豊かな温泉街や大汝牟遅神社,自然豊かな吹上浜や正円の池など楽しみながらスケッチできるといったイメージがあるかもしれませんが,炎天下の中での制作は結構ハードです。

 

 

2日目の夜は,塩津先生と荒木先生にもご参加いただいて完成した作品の講評会を行いました。

↑講評会の様子

 


この記事をはてなブックマークに追加

1・2年美術科校外美術鑑賞会

2015-10-29 19:40:00 | 美術科

10月29日に校外鑑賞会が実施されました。

今回は,鹿児島市立美術館にて開催中の「梅原龍三郎」展と,霧島アートの森で開催中の「藤浩志:霧島超芸術学校~あしたかえるつもり~」展を鑑賞しました。

梅原龍三郎は鹿児島で多くの作品を制作しており,鹿児島ゆかりの作品に親しみを感じるとともに,色彩の鮮やかさに感動しました。

また,「藤浩志」展においては,廃材や身近な材料をもとに制作している作品に驚嘆しました。

今回の作品鑑賞会で学習したことを,今後の制作に活かしていきたいですね。


この記事をはてなブックマークに追加

美術科風景画合宿

2015-07-24 19:39:56 | 美術科

美術科1年生が,7月22日から24日まで2泊3日の日程で,吹上町内にて風景画合宿を行いました。

これは,毎年1年生を対象として実施されており,授業ではなかなか体験できない屋外での制作を通して,自然の美しさを再認識するとともに,写生の技術を高めることを目標としています。

暑い日差しの中で10号油彩作品を仕上げなければならないため,油彩経験の浅い1年生にとってはかなりハードな制作になりますが,各自密度の高い作品を完成することができました。

23日は万世中学校と吹上中学校の美術部の皆さんとも一緒に制作を行い,お互いによい刺激になりました。

今回の合宿で得た経験が,今後の制作の糧になることを期待したいです。


この記事をはてなブックマークに追加

2年校外美術鑑賞会

2015-03-03 14:21:17 | 美術科

3月3日、美術科2年生は曽於市末吉体育館と宮崎県立美術館へ出かけ、多くの美術作品を鑑賞しました。

まず、曽於市末吉体育館で第32回吉井淳二記念展を鑑賞しました。



吉井淳二について、米田先生に解説していただきました。



その後、吉井淳二展入賞作品を鑑賞しました。入賞者に作品も解説してもらいました。











その後、宮崎へ。
宮崎県立美術館では、学芸員さんのギャラリートークを聞きながら、宮崎出身の画家瑛九の絵画や、鹿児島出身の画家山口長男の抽象画などを鑑賞しました。





宮崎県美術展を鑑賞し、たっぷりと刺激を受けました。
また、バックヤードも見学させていただき、美術館の裏側も知ることができました。


この記事をはてなブックマークに追加

子ども・夢・アートアカデミー講座

2014-11-11 16:48:40 | 美術科

 日本芸術院会員で,先日文化功労賞を受賞されたばかりの絹谷幸二先生に「子供・夢・アートアカデミー」という文化庁の事業で本校に来ていただき,美術科の生徒115名の前で,美術のみならず,文化芸術に関して広く深い話しをしていただきました。美術を志す者は,貴族であり仏であるという話から,大学進学の話まで,時には笑いまで誘いながらも大変充実した話しを聞かせていただきました。

  

 

 


この記事をはてなブックマークに追加