座敷わらし犬とうさぎガーデン

カテゴリー『不思議な出会い』・・・で結ばれた三人?の毎日を写真と共に綴ります。うさぎの趣味の庭作りや家庭菜園もご紹介。

絶やさず育てたい

2016-03-14 23:49:11 | 今日のうさぎガーデン


★いつも応援クリックありがとうございます★

 

今朝の「東南の庭」。

このままではおかしいので石の小道を早く仕上げなければと思いますが・・

その前にやることがありました。
新しく作る小道がスズランの花壇の一部にかかってしまうので地下茎を掘り出さなければなりません。

掘り出してみたらもう花芽がついていました。

左の大きいのが花芽。地下茎でつながっている右のほうのは葉芽。

元の花壇の空いているところに植えようと思って掘ってみたら、あ〜、まただぁ・・・
木の根っこです(矢印)。昨年、どうも花つきが悪いと思っていたら、2枚目の写真の右側にある
桧の木の根っこが伸びてきていました。
たくさんの木があるうさぎガーデン。何か植えるたびに木の根との闘いがあります。

そこに植えるのはあきらめて、植える場所を探しましたが菜園の隅のここしかありませんでした。
ここもローズマリーが近くにありますから先々は危ないですが、他に鉢にも植えてあるので、
とりあえずはここに植えることに。
このスズランは亡くなった母から分けてもらったもので、この地へ来てからも毎年咲いているので、
何とか残していきたいと思っています。

石の小道の横にはジャーマンアイリスを植えています。
2010年に亡くなったブロ友さんのご高齢のお母様から庭のことができなくなったからと
いただいたものです。
   
2013年21014年には見事な花が咲きましたが(写真は2014年)、2014年の夏、
体調を崩して株分けが遅れ、ちょうどその時に長雨が続いて根ぐされを起こす株が続出。
育てるのにすっかり自信を失くし、また、うさぎガーデンの気候ではまた何が起きるかと心配で
大切なジャーマンアイリスが消えてしまわないうちにと、残った大きな株のほとんどを
亡くなったブロ友さんにもゆかりのある三人のブロ友さんたちにもらっていただきました。
お花を育てるのが上手な方たちばかりなので、そのうちのどこかででも生き残ってくれればとの
思いを込めて送りました。宮崎、京都、仙台と、日本各地に旅立って行ったジャーマンアイリス
今年はどこかで咲いてくれるでしょうか。

残った小さな根茎のかけらを植えておいたのが上の写真の花壇。
あきらめていたのですが、いつの間にかけっこう大きくなっているようです。
今年はまだ、お花は難しいかもしれませんが、またこのまま大切に育てていこうと思っています。

                        

今日園芸店を覗いたら、あの住宅街のお散歩で見かけたイオノプシジュームを見つけました♪

1ポット198円とちょっと高かったので2ポットだけ買いました。増えるといいなあ。

                       

ちゃーん!と呼んでもなかなかこっちを向いてくれません。
くまと遊ぼうと一生懸命。やっぱりくまが大好きなちゃんです。

あ、やっとこっちを向いてくれました。

 

    ランキングに参加 応援してね! >   皆さんのクリックが更新の励みになっています。
                                 どうぞよろしくお願いします。   

                                          

                               ※本日三記事あります。前の記事もどうぞご覧くださいね。                                                   

         クリックお願いします★                   
                                MIX中型犬もよろしくお願いします。        
     
          
                           
                                         
           こちらもクリックお願いします★ 
                                                      
         にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ  また明日も遊びに来てくださいね〜   

   ★ユーカリ 、ローズマリー、唐辛子、月桂樹、ミモザなど庭の植物で作るリースと可愛い小物は
        カテゴリー「手作りリース」でご紹介しています。  

                     

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨あがりのミモザ | トップ | セロジネの花が咲いた♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (コスモス)
2016-03-15 06:14:59
おはようございます。

小道再開ですか?石の小道は、レンガよりさらに自然な感じで、歩みもゆっくりになって歩くだけで優しい気持ちになれそうですね。

以前も書いたような気もしますが(思っただけかもしれません)九州でもスズランって咲くのですね。熊本の山の中などは自生地があると聞いたことがありますが、暑すぎて無理かと思っていました。
可愛いお花、新しい植え場所でもまたよく咲きますように!

スズランとジャーマンアイリスにはそのような思い出があったのですね。人と人とをつなぐお花・・・素敵なお話だなあと思いました。
Unknown (すみれママ)
2016-03-15 07:45:19
木がたくさんあって素晴らしい眺めなのに、
その根っこが花の生育をジャマしたり…と、なかなか難しいものなんだね。
石の小道を楽しみにしているよ〜。

一昨年、遠い旅してやってきたジャーマンアイリス。
鉢植えにして昨年、見事に咲いてくれて幸せな気持ちになりました。
地植えにして今年、また咲いてくれるかドキドキ。
でも、花のバトンは繋がっていますよ〜。

イオノプシジュームの絨毯?になるといいね。

正ちゃーん、ご飯と眠る以外はくまさんと遊んでいたいよね〜?

おはようございます。 (らび)
2016-03-15 08:56:43
譲り受けて咲き続ける花たち。咲く度その方を想い偲ぶ。素敵ですね。
以前うさぎさんに「季節は巡ってくるんだよ。」って励まして頂いた事を思い出して今日もがんばります(^_-)
おはようございます♪ (mitsueba-ba2)
2016-03-15 10:38:43
木の根っこ、すずらんの邪魔をしていたのですね。
お母さまから譲り受けられたすずらんの救出、お疲れ様でした。
新しい場所でのびのび咲いてほしいですね♪

ジャーマンアイリス、芽が出てきていますが、
奇麗に咲いてくれるか不安ですが、大切に見守りますね。

イオノプシジューム、買われたのですね(^^♪
種でどんどん増えるようなので、絨毯、楽しみですね♪

くまさんの事が大好きな正ちゃん、うさぎさんちょっと寂しいかな?
みんな仲良しさんだから、微笑ましいです♪
こんにちは〜 (mashazo)
2016-03-15 16:06:16
石の小道の仕上がりが楽しみですね〜(*^▽^*)

地下茎ってこんなにいりくんで広がっていくんですね・・・
それが邪魔をするんですね( ;∀;)
お疲れ様です!

お母さまからいただいたスズランもお友達からいただいたジャーマンアイリスも
きっと綺麗なお花が咲くでしょうね(*^-^*)

可愛いイオノプシジューム198円でお高いのですねー
こちらの園芸店すごーく高いです(´・ω・`)


★コメントをくださった皆様へ★ (うさぎ)
2016-03-19 02:00:44
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

(コスモス)さん、くまもとのスズランの自生地は私は行ったことはまだないのですが、阿蘇の外輪山の草原地帯です。すずらんは冬は暖かく、夏は涼しい場所がよいそうなので、日当たりのよい場所の落葉樹の下などに植えるとよいそうです。一般に売られているドイツスズランなら九州でもけっこう育つようですよ。

(すみれママ)さん、ジャーマンアイリスは地植えのほうがやっぱリ良く育つそうなので、今年は楽しみですね。

(らび)さん、そういえばそんなこと言ってましたね。
私も頑張らなければいけませんね〜

(mitsueba-ba2)さん、木の根っこ、ほんとに悩みの種です。ずいぶん離れたところからでもお花にやった肥料の匂いを嗅ぎつけて?伸びてくるんですよ。困ってしまいます。

(mashazo)さん、離島は、運送料がかかるから苗も高くなるのでしょうね。こちらでも以前に比べると、最近は苗代もずいぶん高くなりました。特にこの春は、1月末の大寒波の影響もあってか苗が高いです。
でも一年草はたいてい100円以下です。多年草で翌年もこぼれダネから芽を出すようなものは、少し値段が高いので、多分このイオノプシジュームもけっこう増えるのではないかと期待しているんですが・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。