昭和スイッチ

くまが案内する昭和と簡単ごはん等ゆる~く更新していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台湾の小豆でミニ饅頭

2016-11-08 | グルメ
医食同源が根付いている台湾。
豆花などのスイーツにもヘルシーな豆類がいろいろ使用されています。

台湾では、量り売りの豆もよく売っている。
どれも新鮮そうで低価格。


小豆で小さい饅頭を作りました。
小豆は、ポリフェノールやミネラルが豊富。
寒い季節には利尿作用もあるから、腎臓にもマル。

材料の目安(8個)
a=薄力粉130g・砂糖小さじ1・塩ひとつまみ・水60cc・ごま油小さじ1・ドライイースト小さじ1
ゆで小豆1c

小豆はゆでる。湯でこぼし2回。(40分から1時間くらい)
ゆで小豆に砂糖を入れ煮つめ、お好みの小豆餡を作る。

-生地作り-
ボウルにaを入れ、混ぜこねる。
ラップをし、一次発酵させる。(今の時期で50分くらい)
生地を台の上に取り出し、8等分する。(台には薄力粉を薄くひいておく)
生地を円形に手で伸ばし小豆餡をのせ包む。
クッキングシートをひいた蒸し器に、包んだ口を下にして並べる。
そのまま二次発酵。(30分くらい)
蒸し器を火にかけ、15分蒸す。

蒸し器から立ちのぼる、饅頭の発酵した香り。
どこかレトロな香り。
日本の温泉街で出会う香りかな。

台湾の屋台街にも、いろんな湯気の香りがある。
少し肌寒くなり湯気が恋しくなる季節。
台湾の冬屋台も風情があっておすすめです。


人気ブログランキングへ


『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おばあさんが作ってくれた記... | トップ | 冬空の青 »

コメントを投稿