gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出会い

2017-04-25 11:44:20 | 日記

平台専門なので平さんと名付けます。

平さん「兄さん毎日来てるけどパチスロは勝てるのかい?」

いや~答えづらい。「ぼちぼちですね」と当たり障りなく答える。

平さん「そうか」

初めての会話はこれだけ。

朝のパチスロコーナーはいつも僕1人。昼近くなると5人位。
ただこの日は新台が入ったので僕を含めて6人もいるよ。だるいよ。

機種名 :ランドマーク メーカー:忘れた

マイナー機種過ぎて記憶が無いす。そんな機種の後ろでいつもの機種を打つ、、、なんか視線をかんじる、、、

平さん新台打ってるよ。パチスロ打ってるの初めてみたよ。なんかこっちに熱い視線を送ってるよ。平さんのお隣さんに座ってる人と何か話し始める。数分後お隣さん席を離れる。

平さん手招きしてるよ。隣に座れとジェスチャーしてるよ、うはー

僕「どうしました?」

平さん「せっかく新台入ったんだから打ちなよ」

僕「じゃあやりますか」

やりたくない話したくない、なのに断れなくて打つ。まあ、目押しを頼みたいから隣に座らせたのかなと思ってた。

平さん「どこ狙えば良いの」

いや、僕も初めてなんでわからないんだけど、とりあえず直視でリール配列を確認。うわー見辛い~。

僕「チェリーあるところですかね」

平さん「ペシ」

押せてるし。何故隣に読んだの

数時間後

平さん「これ設定はいってるかなぁ」

僕「どうですかねー。なんとも言えないすねー」

平さん 4000枚位。僕、永遠下皿。

僕「そろそろ帰ります。」

平さん「呑みに行かないかい?」

あのね、ここから呑屋まで何キロあると思ってるの?しかも今日初めて会話した人にホイホイついて行ったら何されるかわからないし呑み代全部払わされるかも知れないし身ぐるみ剥がされパンツ一丁で交番へ助けを求め

僕「いきますか」


つづく



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無題その2 | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事