古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

出先での御節介

2016年10月13日 | 時計

最近、流行りの古民家を利用したcafeに飾られている時計。

今時のクォーツ時計が掛かっていたりすると残念に思ったりもしますが、古い機械式の時計が掛かっていても

それはあくまでもインテリアとしての役割であって、時計として機能していなくても、それなりの雰囲気はある。

しかし、古くても「時計は時計」。時を刻んでこそ与えられた役目を全う出来るというものです。

 

そんな、出先で入店した古民家を利用したcafeに掲げられていた八角柱時計。

例に漏れず、時を刻むのを止めただじっとしている・・・。

お店の方に許可を貰い、壁から下ろし珈琲を飲みながら暫し観察。

多分、戦前より前の一世紀ほどはあると思われるアメリカ製の時計で、アンソニアかニューヘブン辺りか・・・。

左右の発条は生きていることを確認。お店の方に、ここで「動かして良いのか」の許可を再び貰う。

許可を貰ったところで、珈琲を飲みながら工具も油も持ってない状態で出来るだけのことを施す。

注意することは、発条が生きているからと言って一気に巻いてはいけないこと。

長年、伸びきった発条は破断を起しやすい。少しづつ発条を巻いて行き、決して巻き切ってはいけない。

珈琲の飲むように、ユックリと時間を掛け手の届く範囲で調整を施し、可動を確認し元の居場所へ戻して上げる。

お店の方も喜んで頂いたようですが何せ、こちらは時計修理屋でもないただのお客。

出来ることなら、身分を明かし1週間ほど預かって手を加えたいところ、これ以上の御節介は止めておくことに。

微かに店内に響く「コチコチ」と時を刻む音を聴きながらの珈琲は格別ですが、時計が動き出した時には既に

珈琲を飲み切ってしまった・・・。

レジで代金を払いながら遠目で動き出した時計を眺め、「元気に何とか時を刻む」ことを願って店を出る。

 

 ←ランキングへどうぞ♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木製糸ケース/都羽根 絹縫糸 | トップ | ガラス製薬瓶 他キンカン、バリカン油 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良い御節介をされましたね! (Mitta)
2016-10-14 19:39:50
袖擦り合うも他生の縁…ではないですが、出会いは楽しいですし、大切にしたいものです。
折角の出会いも最近の風潮は口も手も出しにくいですよね。
大変良くできました!…◎
Mittaさん (土花亭)
2016-10-14 21:17:18
良い御節介なのか、ありがた迷惑なのかは疑問ですが

私自身の自己満足ですかねぃ・・・(笑)

「袖擦り合うも他生の縁」良い言葉です。

又、訪れることもあるかと思いますが、その時に

覚えていてくれると嬉しいのですが・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。