古物商  showa 土花亭

          効率性や利便性だけで埋め尽くされた今の時代。少しだけ時計の針をゆっくりと進めてみませんか。

扇風機ガード固定金具自作

2016年09月18日 | 家電

先日の「東芝 小型扇風機」ご紹介記事でも書いた通り、ガード取り付け金物4ケ所の内、1ケ所が欠品状態。

よく、この手のアンティーク扇風機によくあることで、針金で括ってあったりもします。

しかし、無い物は作らなきゃいけない、と言うことで自作に取り掛かる。

部材は厚手のアルミの板でオリジナルの寸法に合わせ切断してゆく。ほぼ形が揃ったところで、マイナスボルトを捜す。

残念ながら、全く同じボルト(オリジナルは低頭)は見付らなかったため、そこそこ良く似た物を使用する。

2mmの穴を開けタップを切り、これで完成。

早速、装着してみる。。。ガード内側に位置するため、そんなに目立つ部品でもなく無いよりも有った方が良い程度。

4ケ所の内、3ケ所でもガタ付きもなく問題は無かったのですが、流石に4ケ所全てで固定するとガッチリ感も出て満足な出来。

東芝 小型扇風機 可動品/昭和25年頃(1950):¥28,000-(送料別)

 ←ランキングへどうぞ♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東芝 小型扇風機 | トップ | ドイツGuhl&Harbeck製手回しミシン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家電」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。