浅草文庫亭

"大哉心乎"
-大いなる哉、心や

言わないよ、僕は。

2016-11-05 18:30:48 | 食べ物
先日、鶏胸肉のミンチを作ってミートソースにしたけど、余ったミンチは冷凍しといた。いや、違う、ミートソースも冷凍したし、ミンチも冷凍した。

で、ふと「鶏そぼろ丼」が食べたくなって冷凍したミンチで作りました。

その鶏そぼろが余りまして。冷凍しといたのを使って作った鶏そぼろをまた冷凍するのもやだなぁ、と思っておにぎりにしました。

盛岡出張だったので、ま、どこかの立ち食いソバ屋でソバと一緒に食べようか、と。

そりゃちゃんとしたソバ屋でおもむろに鞄からおにぎり出してソバと食ってたら気がひけるけど、立ち食いソバ屋ならありかな、と思うじゃん。

で、盛岡着いたら駅前でカップ麺フェアをやってまして。

全国から集めたカップ麺を売ってる。もちろん、お湯もポットで用意しておりその場で食べられる。

どうやら盛岡で「麺サミット」という企画をやってるらしく、その一環らしい。盛岡、岩手は麺どころですからねぇ。。

こりゃちょうどいい、ここで、持ってきたおにぎり食べても誰も文句は言わないだろう、と、思ってカップ麺を物色する。

カップ焼きそば?って気分でもない。

豚骨ラーメン?いやいや好きだけどここは盛岡だぜ。

ってことで選んだのが、

青森煮干ラーメン。

岩手のカップ麺じゃなくてゴメンね、だって美味しそうだったんだもの。

さっそく蓋を開け、粉末スープとかやくを入れ(液体スープと海苔は後入れ)、お湯コーナーに行くとさ、沸いてないのよこれが。

おいおい、いま12時20分の駅前だぜ?お湯なんて樽で用意しとけよと思ったけど言わない。まあまあそんなカリカリするのやめましょうよ。

と、3つ並んだポットの前で待つ。

そしたらさ、隣は前沢牛ラーメンのコーナーでおじさんが「試食どうですか?」とか言ってくれる。そんなんありがたく頂きますよ。折しも少しみぞれが降りだす寒い中よ、お湯が沸くのを待ってる身にはありがたい。

「うわー、ちゃんと牛の出汁も出てて美味いすねぇ」なんておじさんと話してたらなんとおじさんの生まれは僕の父親(岩手出身)と近いことが分かる。

「震災大丈夫でしたかー?」なんて岩手的な話をしてたら、

「お兄さんなにやってるの?」
「お湯沸くの待ってます」
「なんだ、お湯ならあるよ、入れてあげるよ」
「まっじすか!?あざーす!」

と、お湯を入れてくれてやっとカップ麺&おにぎりにありつけました。

となると前沢牛ラーメン買わないわけに行かないよねー。。

4袋で千円、1袋しかいらないです、なんて言わないよ、僕は。

青森煮干ラーメンはねー、美味かったです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠れぬ夜の鶏ミンチ | トップ | この世のものならざる感じ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ物」カテゴリの最新記事