将太の日記

将太の日記は、将太の非日常等、気の向くままに「書き留めておこう」と思ったものをアップしています。

横浜名人戦の結果

2017年08月13日 16時52分43秒 | Weblog
今日は横浜名人戦に参加してきた。例年は平成最強者戦2日目と横浜名人戦がかぶる関係で、横浜名人戦は平成最強者戦の敗者戦というイメージもあるのだが、今年は山の日の日程の関係もあって平成最強者戦2日目と横浜名人戦がかぶらず、平成最強者戦の2日目に勝ち残ったメンバーも横浜名人戦に参加されており、例年以上にレベルが高かった。

今朝は久々に慶應から田村さんが参戦されていた。おまけに朝は懐かしい将棋(河原さんVS林さんの学生名人戦決勝)の話題で盛り上がった。

毎年横浜名人戦に参加して思うことだが、受付で名前を呼ばれても、会場が広く、大会役員の方の声が全然聞こえない。あまり効果のないメガフォンのようなものを使うくらいなら、マイクを使ってしっかりとした音量でアナウンスいただきたい、と思っているのは自分だけではない・・・はず。

さて、自分の将棋だが、1回戦から吉澤さんを引いてしまう。先月末の社団戦で対戦したばかりであり、必勝の将棋を大逆転負けした苦い記憶が早くも頭を過った。とはいえ、途中必勝だったこともあり、あまり気負わずに指そうと思っていたら、吉澤さんが「懲りずに」と言いながら私の矢倉相手にまたもや左美濃急戦で挑んで来られた。さすがに前回ほどひどい展開にはならなかったものの、こちらが中盤で早くも優勢になった。ところが・・・。優勢になった直後にこちらに疑問手が出てしまい、吉澤さんの猛烈な追い込みもあって、最後はしっかり余されて負かされた。先月の社団戦からこちらは大して進歩していないな、と反省するほかなかった。

続く2回戦はこちらの右玉対相手の棒銀速攻。中盤の分かれはあまり自信がなかったが、終盤で相手に何度か疑問手が出て、最後は何とか制勝。本日は横浜名人戦に参戦されず、観戦に徹していた天野啓吾さんの格調高い右玉とは程遠い将棋だったが、何はともあれ勝ててホッとした。

昼食休憩後の3回戦は相手の右四間飛車にこちらは久々の四間飛車を採用。中盤、桂頭の傷を玉で顔面受けする嫌な展開になったが、こちらの飛車の捌きが上手く決まってペースを掴み、最後は一方的に寄せ切って快勝。途中自信がない変化もあったので、結構ラッキーな拾い勝ちだったかもしれない。

最終の4回戦は相手の三間飛車穴熊対私の左玉。こちらの得意形に持ち込んだつもりだったのだが、中盤で待つ手が分からず、こちらから無理矢理打開して攻めて行った。成立していたかどうかは不明だが、左玉の右辺を明け渡す自分らしい指し方だったと思う。終盤、相手の攻めが思った以上に厳しく、辛い自陣角を打たされたのだが、こちらの端攻めが厳しかったようで、最後は相手の見落としもあって即詰みに討ち取ることができた。


・・・ということで、今日は何とか3勝1敗で敢闘賞をゲット。1回戦終了時点ではかなり自信をなくしかけていたが、どうにか踏ん張ることができた。家に帰って記録を確認してみたところ、2011年から参加して、3勝できたのは2011年・2015年の2回しかなかったようで、2年ぶりの敢闘賞となった。

対局終了後、天野啓吾さんとお話しする機会があったが、天野さんは銀河戦とアマ名人戦全国大会を控えていて、モチベーションの高い大会が続くとのこと。何度も関東に遠征するのは大変と仰っていたが、素晴らしい檜舞台であることは間違いなく、是非とも頑張っていただければと思う。ご活躍を心よりお祈り申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成最強者戦の結果 | トップ | 冷夏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL