☆本日も晴天なり☆

映画やドラマを中心に、
広島市周辺のグルメやゴルフの独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011春ドラマのあれこれ②

2011年05月17日 | テレビドラマ

下の続きです


「ハガネの女 2」

ファーストシリーズは見ていないのですが、
時間的に見やすい枠にきたので視聴。

妖艶な役が多い吉瀬さんが、熱血小学教諭をどう表現してるのかな?
と興味を持ちまして。


子供たちの描き方が上手いです
大人社会を見るような印象ですが、
実際、このぐらいはあるでしょうと思います。

大人社会のほうが、建前とか、利害とかが絡んで
もっとオブラードに包まれた発言だったり、行動だったりしますが、
子供たちは欲望や本能にストレートっ!

見るのが居たたまれない展開になりつつ
うまーく最悪な結果を回避し、ちょっと救われた気分で終わる。

大体、一時間内に事件が解決するので、
ちょっと強引な展開もたまにあるのですが、
そこは大目にみてます


36歳という設定も良いですネ。
若い女性教諭ってどうしても視野が狭いですからね。
ハガネのハガネらしい爽快さが嘘臭くならないサジ加減。
これからも期待してます。


余談ですが、斉藤工君の存在が
映画「死にぞこないの青」の城田優みたいな事になったら嫌だな
と思ってたら、さすがにテレビドラマ。
そんな事はなく、安心しました

 

「BOSS 2」

第一印象は、天海さんが細すぎてコワイ・・・
(もうちょっと体重増えても良いんぢゃない?)

もうひとつ。
竹野内君が、前回よりコメディアンセンスに磨きがかかったという事。
(役者としての幅が広がりつつある!?


話しがいきなり逸れましたがが、、、

ドラマの感想としては。

お笑い部分が多すぎ。


シリアスとコメディのギャップが楽しめるのが
天海さんしかいない。

他のメンバーもバカばっかりやってるけど、
捜査員としては優秀なんですよ。
ということなんでしょうが、お笑いのウェイトが大きすぎて
残念な感じなんですよねー


長谷川京子にいたっては、「女優」と名乗るのをやめてくれという感じだし


天海さんが好きなので、ドラマは見ますが、
ハマるドラマではないなぁ~



またまた余談ですが、、、
TBSの「スキャンダル」というドラマで、
光石研さんの熱演を粉々にぶっ壊してくれた長谷川京子のセリフ回しを
私は決して忘れないだろうと思う。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011春ドラマのあれこれ① | トップ | 映画「岳」の感想 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む