福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

リニューアルした千葉県立美術館

2015年01月24日 | 市政
耐震改修のため、2年間に渡って休館していた千葉県立美術館が、1月24日から再開館します。
     
再開館記念の展示は、平山郁夫展です。
滋賀県の佐川美術館所蔵の作品を中心に、93点が3月22日まで展示されます。
               
その他に、県立美術館所蔵を展示するアートコレクションと、千葉県立美術館40周年の歩み展も同時開催です。
     
オープニングコンサートや日本画ワークショップなども開催されるようです。
私が県立美術館が好きなのは、屋外に作品が置いてあるところ。こんな感じです。
          
みなさんも、足を運んでみてくださいね。
詳しくはこちらをご覧ください。

【1月23日金曜日】
10時から千葉県立美術館の再開館式典と内覧会。
前後に、危機管理課と経済企画課と都市局のレク。
お昼は、会派控え室で会派通信について編集者と打ち合わせ。
その後、慌ただしくおゆみ野南中学校に馳せて学校評議員会議に10分遅刻で参加(^_^;)
久しぶりに中学生の教室を巡りました。みんな明るい!先生若い!
最後まで参加することができずに、市役所にUターンして、青少年育成委員会の会長会に出席。
今回も、「この会議は無駄!」発言アリ。
50人以上の規模で協議や議論をするのであれば、少人数グループ方式で、ワールドカフェなど取り入れるしかないですかね。
それはそれで楽しいかもしれませんが、ファシリテーター養成しないと・・・。
会議終了後は場所を変えて新年会。
新年会も途中で抜け出して通夜に。

行ったり来たりの落ち着きのない一日で、午後の会はすべて遅刻や早退という中途半端出席になってしまいました。
こういうの、ホントはいやなんです。
同席されていたみなさま、ごめんなさい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競輪事業について、伊東市で... | トップ | 危険ドラッグ・こどものイン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市政」カテゴリの最新記事