福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

インターナショナルオープンデータデイ2015

2015年02月23日 | オープンデータ



今年で3回目となるインターナショナルオープンデータデイ(IODD)2015@千葉は、幕張のIBMを会場にお借りして開催されました。


今年のテーマは、
街の現在(いま)を可視化する
として、
・ちばレポチーム
・ポイ捨てゴミ可視化チーム
・自転車マップデジタル化チーム

の三つが設定されました。

私は、まずは事務局補佐として会場設営の下働きで、横断幕を作り、


幕張のオフィス街に出て、指定された区域四ヶ所のゴミを基準に従って拾い、通行人量を調査し、


ちばレポの展望に関するディスカッションに参加し、
最後は全体会で、三つのチームの発表を聞きました。


終了後は、幕張の宙に浮いたような見晴らしの良い場所で懇親会。
異業種、多様な立場の人たちと話すのは、とても刺激になります。

インターナショナルオープンデータデイが始まった3年前の日本国内の参加は8地域、昨年は32地域そして今年は62地域で開催の手が挙がりました。
オープンデータデイについて詳しくは、オープンデータデイとはをご一読ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子ども議会の報告書 | トップ | 束の間の息抜きランチタイム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オープンデータ」カテゴリの最新記事