福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

プレゼンターを経験したよ♪

2016年10月16日 | イベント&地域情報


すいようカフェのプレゼンをしてまいりました。
場所は、千葉市ビジネス支援センター中央分館、チバラボです。
チバラボとは起業を支援するところで、ここが企画したライトニングトーク交流会に参加したのです。

ライトニングトーク交流会の目的は、
千葉を中心に人と人のつながりを作ることによって、さらなる発展につなげていくこと。
ライトニングトークのテーマは、『これから「カタチ」にしたいこと』
「実現に向けて今できること、これから必要なこと、またこれまで得た経験や知識・考えを発表していただきます。
参加者が発表者の情報を共有し、今後の事業展開への新たなアイデアが生まれることや、関わりをもって共に事業が展開していければと考えています。
この交流会では、リアルコミニケーションを重要と考えており「人と人」「新しい仕事」「チャンス」と出会える場所となればと考えています。」
とあり、持ち時間は5分間です。

参加者は12人。
スペシャルトークとして、千葉市総合政策局長から千葉市のキーワードについてのプレゼンが最初にありました。
   

私は、みんなの広場で開催している「すいようカフェ」についてお話ししました。
  

すいようカフェについては、毎週参加される一人ひとりの個性が魅力的で素晴らしく伝えたいことがたくさんあります。
5分間でどこまで伝わったかは定かではありませんが、収益事業としては成り立っていないことを起業支援をしている場で話すことと、参加者の中でおそらく最高齢(ではないかと思われる)であることを棚に上げて、大変楽しく貴重な経験をしました。

他のプレゼンターのみなさんの、「見せる資料と魅せる発表」もとても面白かった。

そして、初めての両手に花の記念写真。
 

そうです!
KAIENTAI道場所属のプロレスラーGO浅川さんと吉田綾斗さんに挟まれてのスリーショットです♪
サービス精神旺盛なレスラーさんたちです。

発表後の交流会では、同じような居場所を運営している方や地域づくりを本気で考えている方々と今後につながるようなお話をすることが出来ました。
さまざまな立場の方々とつながることで、次の展開も面白くなりそうな予感がします。

最後に、この日のカメラマンは音楽系エンターティメント集団「あたふぉり」の小川さんです。
 

この企画にお誘いくださったのも小川さんで、実行委員兼プレゼンター兼カメラマンと、大活躍でした。
お疲れさまでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多世代のみんなが集える場 | トップ | まちカフェライブまで1週間! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL