福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

春は変われるチャンスだよ

2015年03月10日 | 歳時記


午前中は比較的暖かく、夕方からぐっと冷え込んだ一日でした。
今日は、千葉市立稲毛高等学校の卒業式に、来賓として参列しました。
式典は、卒業証書授与、学校長式辞、来賓祝辞、送辞、答辞、仰げば尊し、蛍の光、校歌
といういたってシンプルな流れでしたが、シンプルであるがゆえに卒業生の気持ちや学校の卒業生への思いが伝わってきます。
厳粛であると同時に、温かな式典でした。
来賓として同席し、祝辞を述べた熊谷市長も同じような感想を持たれたようで、さらに、校歌で式典を締めるのが素晴らしい!とも。
 

卒業式の流れは、各校微妙に異なりますが、そこに学校の考えや創意工夫が現れます。

明日は、おゆみ野南中学校の卒業式です。
本日午後に学校をのぞきましたが、教職員と1~2年生総動員で大掃除。
そして、明日の会場設営に余念がありません。
 

卒業生を送り出すとうのは、学校にとって最も重要な行事であり、教育であり、子どもたちにとっては節目であり、変われるチャンスなのです。
だから、
すべての卒業生のみなさん! ご卒業おめでとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の密談?おゆみ野駅にて | トップ | 知って悩んで開(拓)いた3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歳時記」カテゴリの最新記事