福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

ちばレポ参上!

2015年03月16日 | 市政
今日は曇り空ですが、暖かな朝でした。
土気駅で、福谷章子のまちづくり通信特集号を配布しながら、議会報告をしていると・・・。

紳士が寄ってきて、駅舎の天井を指差し、
「市議会の人?ちょっと、あそこに穴があいているんだよね。あれ、ずっとあのままなんだけど、何とかしてくれない?」
どれどれ?と覗くと、ほんとだ!



天井に穴がボコボコと空いています。
「演説しているだけじゃダメだよ。ああいうの、直さなくちゃ。」
とご指導を賜りました。
なるほどそうだよね。



それでは、駅舎の一部のように見えるけれど、まずは念の為に管理者を確認してみましょう。
ということで、駅員さんから「あの部分は千葉市さんの所有なんです・・・」という申し訳なさそうな回答を引き出す。
それならば、これです!
今や、千葉市の伝家の宝刀ちばレポだ!というわけで、3箇所写真を取り、必要事項を入力してその場で送信。
送信に要した時間は2~3分で、7時46分に送信終了。
その後は、粛々と駅頭活動を継続しました。
当然のことながら、市民が主役のまちづくりのお話の中で、ちばレポのことも伝えました。

11時19分に、受け付けましたというお知らせが来て、早速情報が公開されました。
それはこちら、ちばレポこまったレポートの地図画面で確認できます。

というわけで、こういった不具合の報告は、ちばレポのアプリをスマホに入れておけば議員に頼まなくてもスイスイ届けることができます。
ただし、今回のような天井の穴は、見つけることができるとは限りません。
毎日その場を使っている人や、まちに愛着があればこそ気づくこともあります。
そういう方々がちばレポを持てば、鬼に金棒!です。

さて、あとは、優先順位にのっとって修理されるのを待つだけです。

朝の駅は、いろいろな方に触れることができて、元気が出ます。



土気駅には、統一地方選用の掲示板が既に設置されていました。
これを見ると、やはり緊張します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こども・若者の力フォーラム | トップ | 栄養補給の調整日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

市政」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事