福谷章子のまちづくり

さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづります。

物語のあるクリスマスツリー

2017年12月13日 | すいようカフェ


今日はすいようカフェでした。
そして、賄い担当が私で、当日になったら準備の助っ人がいないことに気づく日でもありました。
賄いメニューをおでんにしたので、さほど手はかかりませんが、早めに訪れた常連メンバーさんが良い感じで手伝ってくれて助かりました。

いつも「すいようカフェがあって良かった♪」と思う出来事が必ずあります。
今日も、素敵な交流に魅せられました。

それは、写真のクリスマスツリーです。
布製の柔らかくて小さな、ぬくもりを感じるリースがたくさん飾られています。
この素材は、ナント!長年使われたネクタイなのです。

既に退職されて何年も経過したサラリーマン氏から、レット症候群のお子さんを持ち、彼らを支援しているママに「何かの役に立てば」と、どっさりと贈られたものです。
それが、こんな風にかわいいリースとなり、しかも、
「すいようカフェのみなさんに一つずつ差し上げてください。これまでのお礼です」
と。

みんなの広場ではレット症候群の子どもたちの支援ボックスがあり、そこに手作りの布製の小物などが常時置いてあります。
その売上金を、支援金としていますが、すいようカフェに参加される方々の協力が大きいのです。

すいようカフェで親しくなった老紳士と子育て中のママたちとの間に、こんなやりとりがされていたことを知り、ただただ嬉しい。

このツリーは1週間みんなの広場に飾らせていただき、次回12月20日のすいようカフェでリースを一人一人へのクリスマスプレゼントとすることにしました。

さあ!来週のすいようカフェは、クリスマスパーティーですよ~!
みんな集まれ~♪

ところで、本日のすいようカフェには初めてのお客様が複数来てくださいました。
千葉県の職員さんは開店前から終了時まで参加者の話に耳を傾け、高齢者の消費生活に関してアドバイスや思い出話をして下さいました。
他地域でサロンを運営している方々や、居場所を広げることをお仕事にしている方々などにもお越しいただき、いつもとは少し違う雰囲気を楽しみました。

おかげで店主の私は舞い上がり、ランチの写真を撮りそこなってしまいました。それが何より残念!
来週は、リベンジしますね(*^^)v

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中間報告会 ステップ1からステップ2へ

2017年12月11日 | 市民自治


緑区役所で開催された、平成29年度地域活性化支援事業の中間報告会に参加しました。
報告をしたのは、事業支援を受けている13団体と、拠点支援を受けている1団体です。

事業支援は、高齢者向けが4団体、子ども対象が3団体、病気障害に関する事業が3団体、自然1団体、アート1団体、情報1団体です。
そして、拠点みんなの広場は対象も取り組む事業も多様ですが、若干高齢者を対象とする事業が多いです。

報告を聞いたのちには、お互いに良いと感じたことや質問をポストイットに書いて、掲示物に張り付けていきます。
それを、アドアイザーの鍋島洋子さんが一つ一つ読み上げながら回答を求めて、全員で共有するという時間が約1時間ありました。

みんなの広場については、以下のようなコメントをいただきました。

・いろいろな団体さんが活動できる場所があるのは素敵ですね。
・パワフルな活動の数々、素晴らしいと思います。
・色々な活動をしていてすごいですね。幅広い人達と関われそうです。
・いつも使える場所があってうらやましいです。
・広場運営にあたって大切にされていることの一つ一つのキーワードが胸に響きました。
・ここからいろんな活動が生まれ育っているのがすばらしいです。みんなの広場が多世代の人の交流を促し、活動を促しているように感じました。
・学習支援は考えない?
・ランチ等を作る場所?
・色々な活動拠点になっていて心強い場だと思います。
・学生さんたちが具体的にどのようなかかわりをするのか知りたいです。
・食事も出来るのですね。お弁当ですか?それともまかないですか?

ありがとうございます。
エールとともに、次へのヒントをいただいたような気がします。

昨年は第1ステップとして、場づくりと使い方に一生懸命でした。
みんなの広場がすいようカフェなどの主催事業をするとともに、色々な方々が使ってくださいました。

今年は第2ステップとして、昨年から少しだけでも進歩したい。
総括すると、今年の進歩は
1.若者の発想や力が大いに活かされる活動が生まれた。
2.昨年はみんなの広場の一事業として報告した団体が、今年は事業支援を受けて立派な活動展開をし、今回中間報告をしている。
3.みんなの広場の活動や意見の中から出てきた課題を、社会の中で解決していこうとする動きが始まった。

ということで、着実に歩んでいるんだなあと振り返っています。
課題としては、場としてのみんなの広場に負けないような団体としてのみんなの広場の基盤を安定させることだと考えています。

コメントでいただいた、みんなの広場運営にあたって大切にしているキーワードは以下の通りです。
(1)個に向き合う:不特定少数の困りごとに向き合う。
(2)寄り添う:活動が発展するプロセスに丁寧に向き合う。
(3)情報の共有と伝達:公にはない地域の小さな情報を蓄積して、必要な人に届ける。
(4)寛容:ルールではなく、参加者同士が互いを尊重して場を創り上げる。
(5)緩やかな関係:問い詰めず、聞き逃さず。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

場づくりからまちづくりへ

2017年12月11日 | 居場所づくり


今夜は掲示物を作成し、その空白を埋めて記事の流れを作るためのイラストを夢中で描いていました。
だんだん気持ちが乗って来て、ふと我に返った時には日付が変わっていました(^^;

出来上がり全体を眺めると、いかにもセンスが無くてガッカリですが、もしかしたら何かコツがあるのかもしれません。
イラストの心得とか、空間デザインが得意な人に学びたいものだと思います。

いったい何を作ったのかというと、12月11日に緑区役所で開催される、平成29年度緑区地域活性化支援事業中間報告会の資料です。

この緑区地域活性化支援事業は、緑区だけではなく、千葉市全区が市民の自主的な取り組みを助成するもので、私はみんなの広場に拠点支援をいただいています。
したがって、みんなの広場の今年度の取り組みを報告するわけです。

誰に報告するのかといえば、もちろん納税者の市民のみなさんです。

というわけで、明日はどなたでも傍聴できる報告会ですから、お時間のある方はお越しください。
時間は午後2時から3時15分までが発表で、その後1時間程度はポスターを眺めながらの交流会となります。
報告するチームはこちらです。


そして、昨年の様子はこちらに残していますので、参考にご覧ください。

ちなみにみんなの広場の昨年は、誰もが使いやすく地域公益活動を支える拠点とするために「場」を作ることで精一杯でした。
今年度は、場の盛り上げに学生さんの力を借り、さらに、拠点にとどまるだけではなくみんなの広場の中で出された課題解決に向けて、外に向かって働きかけが出来るチーム作りと、その実践を試みています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男女共同参画センターまつり

2017年12月09日 | イベント&地域情報


今日と明日(12月9日と10日)は、千葉市男女共同参画センターまつりです。
1階の交流コーナーでは、DVD上映会を開催していて、私が通りかかった時にはレット症候群の映像が流れていました。
  

女の子にしか発症しないと言われていますが、原因はまだあきらかになっておらず研究中ですが、日本では研究費も潤沢ではありません。
保護者のみなさんがそのための資金確保などの努力をされています。
あらゆる場で、積極的に取り上げて行ってほしいと思います。

 

明日も開催されますので、どうぞ千葉寺までお出かけください。
おゆみ野女性の会の一員として、このまつりに参画していた時代もありました。
女性の社会参画にこだわってのことでしたが、今でもその思いやスタンスは変わっていません。

ところで、千葉市男女共同参画センターのあり方が今後変わっていくようですね。
どんな風に変わるのか気になるところです。

ちなみに、現在の千葉市の男女共同参画行政は、この第4次ハーモニープランに則って行われています。

明日は、私も午後から参観しようと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重要会議をクリスマスナイトのコトコトで

2017年12月08日 | アート・文化


今夜は、みんなの広場の重要会議。
消費生活に関する意見交換会の第2回目を年明けに開催しますが、その方向性を定める大切な会議です。

それを、なんと!
そごうジュンヌの特別な日「ジュンヌ クリスマスナイト」の真っただ中でやりました。

美味しいものあり、パフォーマンスあり、体験あり、ようこそ!!!という雰囲気の中でどこまで集中して話し合うことができるのか?
面白そうだけど大丈夫か!?
という不安を抱えながら、ジュンヌに向かいました。

今夜は特別な夜で、招待された人だけが入場できます。
みんなの広場のメンバーは、私に
「どんなアクの手を使ってこの招待状を入手したのか?」
と怪訝そうでしたが、これは心のこもったプレセントとしていただいたものです。

さて。
会議を行ったのは、ジュンヌの2階にあるコワーキングスペース、コトコトです。
一番乗りの私たちは話し合える座席を用意していただき、ドリンクやフードを確保した後、ガッツリと話し合いに集中し、目標にほぼ到達することが出来ました。


周囲では、パソコンを叩いたり、打ち合わせをしたり、体験テーブルがあったり、親子連れが出入りしたりと動きが盛んですが、それでも落ち着いて話し合える場が、コワーキングスペースです。
無事に会議を終えて、店内のパフォーマンスを観ながら帰路につきました。
  

今夜はとても貴重な体験をしました。

ところで、今夜のイベントは、コトコトオープン直後に表敬訪問をした際に、店長さんから教えていただきました。
みんなの広場の会議の日だったために、いっそコワーキングで♪
ということになりました。

コトコトさん、ありがとう~♪ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共感されて癒されるんだなあ 心と体はつながっている

2017年12月07日 | 高齢社会


昨夜から体調不良を訴え、今朝になっても医者に連れて行ってほしいと訴える母。
いろいろ聞いても、受診して改善するとは思えない状況ですが、かといってそのままガマンをさせるのも忍びないのです。
職場に遅刻する旨を連絡し、午前中は母と過ごしました。

外見は何処も悪そうではないし、血圧もさほどの数値でもないし、息苦しくもないし、お腹も痛くない。
主訴は、しいて言えば、足がだるくて思うように歩けない、頭がモワモワ(?)する。

「胃カメラ飲んだ方がいいだろうか?癌だったらどうしよう?」
「癌だったら手術するの?」
「絶対しない。切るのはイヤ。」
「だったら胃カメラも癌という診断も必要ないんじゃないの?知らない方が幸せかもよ。」
「じゃあ、いったいこの感覚は何なんでしょう・・・」

足がだるくて頭モワモワは胃癌じゃなかろうし(*_ _)
と思いながらも、曖昧な相槌を打つことしかできません。

そんな風に88歳と午前中を過ごし、午後はあんしんケアセンター誉田さんが開催してるオレンジカフェにお邪魔しました。
 
今日は大勢の参加で、とても賑やかです。
高齢者のみなさん10名ほどにボランティアさんが3~4名。
さらにあんしんケアセンターの職員さんが2~3名見守っての開催です。

カラーカードを利用して思い出を語り合ったり、折り紙を折ったり、歌を歌ったりしながら2時間ほどを過ごします。
  

珈琲や紅茶、お茶を飲み、お菓子をつまみながらのサロンです。
初めての参加だという方も今日は何人かいらっしゃいました。
こうして、同じ世代の者同士が共通の思い出や現状を語り合う場は、参加者の気持ちをどんなにかほぐすことだろうと感じました。

帰宅すると、老母は玄関に座っていました。
こんなことをしていてはいけないと反省し、今から散歩に行くのだと。

久しぶりに20分ほどゆっくり一緒に歩きました。
その後ろ姿に、共感してくれる話し相手が今の母には誰もいない、私は反論ばかりで寂しい思をさせていたと気づきます。

早速、訪問看護ステーションに飛び込んで相談をしました。
今後に光が差し込んだような気がします。

私も一人で頑張らないで、信頼して頼れる先を増やしていこうと思った次第です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水曜日のみんなの広場

2017年12月06日 | すいようカフェ


水曜日のみんなの広場は、9時半ごろにシェフと店主が現れて準備を始め、10時頃にお手伝いボランティアがやって来て、11時頃から「おはよう!」とか「こんにちは!」とか「来たよ~♪」とか「ただいま~!」と、主役が次々登場します。

それぞれが挨拶やアイスブレイクをしつつ、お気に入りの位置に陣取ります。

11時40分ごろから昼食タイムが始まり、12~15人で食卓を囲み、大家族のダイニングルームのようです。


食事が済むと、誰ともなくお盆を下げて、手の空いている人が食器を洗い始めます。
他の人たちは、お茶を飲んだり手作業をしたり、世間話をしたり。

日によって、体操をしたり、お話を聞いたり、音楽を聞いたり、ミニ講義があったりと「何か」が起こります。

今日は、折り紙でクリスマスツリーづくりに挑戦していました。
脳トレになるのだと言いつつ、みんなゲラゲラと大笑いをしながら、それでも集中して作っていました。

とはいえ、全員が同じことをするなどは滅多にありません。
なんせ、自由人の集まりですから。

部屋の片隅では、プロジェクト結の箸置きを作っていました。
 

2時前後から、三々五々帰り支度です。
それぞれ都合に合わせて「また来週ね!」と帰っていきます。
3時頃にはみんなのおもちゃばこの先生役の学生さんが来ますので、残留組はしばし一緒にお話をして異世代交流をしています。

今日は、紙作品の競演でした。
みんなのおもちゃばこのトイレットペーパーの芯を利用したサンタとトナカイVSすいようカフェジジババチームの折り紙クリスマスツリーです。
  

作り置いた作品から互いの存在を感じることが出来るのだということも、この小さな拠点での発見です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゾクッとする展覧会 願いの赤い糸でお腹を満たす

2017年12月05日 | アート・文化


千葉市美術館11階からの眺めです。
11階には、レストランかぼちゃわいんがあり、いつも展覧会にちなんだオリジナルメニューが用意されているので、ここでのランチとセットで展覧会を楽しむことにしています。

今日は暖かく、お昼前後に2時間ほど時間が出来たのでフラリと行ってみました。

お昼時だったため、展覧会に先んじてまずはランチです。
オリジナルメニューは、≪願いの糸≫ペペロンチーノ、鶏肉の「悪魔風」を添えて。
糸唐辛子を載せたパスタとミントを載せたバニラアイス。
カボチャのポタージュもついています。
   

現在千葉市美術館で開催している展覧会は、「没後70年 北野恒富展」です。
その中の、願いの糸 という作品にちなんだメニューです。

七夕の夜にはたらいに梶の葉を浮かべ、星明かりを頼りに針に糸を通して願いを叶えようとしている美女の姿です。

糸唐辛子を赤い糸に、ミントを梶の葉に見立て、ピリ辛の鶏肉が添えられています。
ピリ辛は悪魔の味。
北野恒富は、その画風から「画壇の悪魔派」と言われたのだそうです。

そんな予備知識を食事ととみにお腹にため込んで鑑賞しましたが、印象に残ったのは願いの糸よりも、淀君とちゃちゃの2枚です。
どちらも、ゾクッとします。

束の間の豊かな時間を過ごしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出来ない自分を受け入れる

2017年12月04日 | 高齢社会


我が家に母が同居を初めて、5か月半。

これまで、体調を崩して救急車を呼んでくれとか(呼ばないけど)、遺言としてこれだけは言っておきたいとか(何を言っていたか忘れてしまったけれど)、本人が「もう終わりだ」と思ったらしいことが、2回ほどありました。
人間、そんなに簡単に死ねるわけがないので「甘いよ!」と思うのですが、米寿の母にとっては「これでは生きていても仕方がない」と思えるような受け入れがたい辛いことがあるようです。

娘のもとに来て、死ぬほど辛いとはナニゴトか!
と、私としては怒り心頭ものですが、幸いにして2年ほど前から繰り広げられる夫と義母とのバトルを目の当たりにしているので、今のところ母には穏やかに向き合っていられます。

88歳。
「人生100年時代の88歳なんて、まだまだ大丈夫よ」と気楽に励ましても、母にとってはどうにも受け入れられない現実があるようです。
それは、
「自分が迷惑をかけている」
という思いのようです。

娘夫婦と同居したら、要領の悪い娘を自分がいろいろ助けてやれる。
娘が放置しつづけた婿殿には、この際上げ膳据え膳の生活をさせよう!

さしずめ、そんな思いで千葉に来たのでしょう。
しかし、現実はそうはいかず、思うように体が動かず、焦れば血圧は上がりますます具合が悪くなり、さらに季節は冬に向かい寒さが堪えて足もしびれる・・・と次々起きる不具合の連鎖です。

今まで一人がんばって来たのだから、これからはゆったり暮らしてほしいのですが、そんな生活は母にとってはちっとも幸せではないようです。

さて、困ったな。
出来ないことは出来なのだから、「私はそれは出来ない!」と堂々としていてほしいのです。
でも、それが出来ない。

せめてじっくりお茶のみ話でもすれば、固まりかけた心がほぐれるかな。
その時間は私にも必要な時間かもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土日が終わった~(^^;

2017年12月04日 | ひとり言


夕陽をながめて、慌ただしい土日を何とか乗り越えた!とホッとしています。

秋は文化やスポーツに関するイベントが多く、さらに連休があって孫たちと思いっきり遊ぶというライフイベントもあって、特に土日は綱渡りのように過ごすことになります。
今回もまさにそうでした。

土曜日は、青少年育成委員会の中でも一大イベントの大縄跳び大会。
9時前から小学校の体育館に駆けつけて、子どもたちに始まりの声掛けをしました。
「縄跳びを一生懸命練習した人も、あまり練習していない人もいるかもしれないけれど、こういう場があるのは素晴らしいことだよ。なぜなら、知らない人からも応援してもらえるから。チームのみんなが力を合わせて楽しかった!と思えるように飛ぼうね!」
とエールを送りました。
千葉大の学生さん50人ほどが、ダブルダッチを披露してくれました。
 

午後は、老人ホームのボランティアさんと主任ケアマネさんとの顔合わせイベントで、ふくろうカフェについてお話ししました。
ふくろうカフェは私の職場ですが、仕事といってもボランティア的(主体的で創意工夫が必要)な要素が多いので、その点を中心にお伝えしました。
 

これからの高齢者の生活を支えていくのは、私達地域の一人一人ですが、ではいったい何ができるのだろう?ということを考え合える場となりました。
知的障害の方々の施設のことなども知っていただけて良かった。

夜は、送別会に参加。
長年、地域活動でお世話になった方が転勤になってしまったので、これまでの感謝の思いをこめて。
 

明けて日曜日
楽しみにしていた大多喜ガスのBeEマーケットです。
イダセイコさんの歌を聞きに行きました。
彼女の思いのこもった歌2曲と、会場の人たちも参加できる歌3曲を聞きました。
どうぶつの歌は振付ありで、特に楽しかった。
ちゃんと踊ると疲れます。セイコちゃん、体操のお姉さんのよう(^^)/~~~
  

その後は大急ぎで幕張メッセへ。
昨日から始まった「日本子ども虐待防止学会」です。
数か月前に申し込んだときには、2日間参加する予定でしたがそうもいかずで、二日目の午後だけの参加になりました。
「発達障害と虐待」という教育講演を聞くことが出来ました。
乳幼児の母子関係を大切にするためには母子を孤立させず、多様な大人が手を差しのべる
ということを、根底にしっかり持ちたいと感じました。

お昼にありつけたのは講演が終わった午後2時頃。会場で渡されたお弁当を食べました。
  

その後ポスターセッションをまわり、少し早めに退散。
帰りは、鎌取駅前にある新都市ライフ(株)に立ち寄り、次回の消費生活講座のチラシ掲示をお願いしました。
駐車場棟のエレベーター前に貼って良いことになり、自分で貼りました♪
 

というわけで、本日の夕陽はイオンスタイル鎌取店の駐車場7階からの眺めです。
実につかれた・・・(^^;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加