松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

「富士山に登ったことある?」に参加しま~す」

2017-07-16 10:24:54 | 日記
お題「短冊に何をお願いする?」に参加中!

あれは!今から35年ぐらい前になるでしょうか?

確か詩吟のお弟子さんに誘われて、軽い気持ちで参加したのが・・・死ぬ思いをしました

読売旅行の富士登山ツアーだったと記憶しています、出発の時は良い天気で

五合目までバスで行けるのです、何も知らないで比叡山に登る感覚ですから軽装でした

五合目からいよいよ、歩きです、途中で少しクラッとした事もあったけど、八合目へ

ここの山小屋で仮眠をするのです、夜中の二時の起こされて山頂の御来光に挑みます

しかし、起きたときには凄い雨なんです、台風の影響もあったのでしょう

登山をあきらめる人もありましたが、私は無謀にも・・ジャンパーも持たずに参加です

ジャンパー代わりに青いごみ袋を借りて、杖を片手に登頂を開始しました

周囲にはバスで一緒の人も、お弟子さんも居ません・・・雨が大豆ぐらいの大粒で痛いのです

明かりは、頭に付けているカンテラだけ、山小屋を出発した時は周りが真っ暗で前が見えません

山で遭難するってこんな時なんかな?と思いながら少しづつ 前に突然岩の壁が・・びっくりです

途中で一人のおばさんが・・「独りなんです、後ろに付いても良いですか」と・・・

やっと石段が出て来て、何故か助かった、と思いました

そして平坦な道に出てきたら、山小屋が並んでいるのです、入るとお店だったんです

温かいコーヒーを注文しました・・なんとインスタントコーヒーでしたでも地獄に仏です

温まった処で、みんなに付いて逆の出口から外へ出て、びっくりでした・・・

あの写真で見た富士山の頂上の姿が目の前に、あの時の感動は今も忘れません

この時の教訓は、自然を舐めてはいけない、でした、

死ぬのかな、と思ったのも後にも先にも・・この時一度だけです

京都の谷藤松凬でした・・・来月で74歳・・天皇陵に目覚めた男です

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残念なり!祇園閣と頼山陽の... | トップ | 遥かなるルネサンスの最終日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。