松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

≪龍馬≫~未来への旅立ち~・・・京都霊山歴史観へ

2016-09-15 19:48:23 | 日記

昨日から始まったのを知り、今日の昼から行ってきました・・・

そして歴史館友の会の年間会員になって来ました・・・一回の入場料が700円で

年会費が3000円何度行ってもよいので、こちらの方がお得ですよね

3時半ぐらいに入ったので結構空いていました・・久しぶりの歴史館でしてゆっくりできました

東山通りの安井の金比羅さんを東に坂道を上がって行きますと、霊山観音さんが左手に見えてきます

     

こんな石碑がありました、天誅組やら梅田雲浜、木戸孝允の字も見えますね・・・この坂の突き当り山の中腹に龍馬と慎太郎の墓が

 

坂の登り口に、〖維新への道〗の石碑が堂々と参拝客を見つめています

   

坂を上り切った右側に霊山歴史観があります、昭和45年〈1970〉の開館です・・・大阪万博が開催された年ですね

歴史館の案内板を見ていますと、昭和43年〈1968〉の明治百年祭が出てきましたが、龍馬の墓の下にある空き地で詩吟を・・・・

 朱塗りの傘が・・情緒ありますでしょう、・・・

右側で・・・坂本龍馬が出迎えてくれています・・・龍馬暗殺の時の脇差が展示してありました

龍馬の関連ビデオが大小合わせて、三カ所に設けてありました・・・残念ながら写真撮影はダメなので

そして歴史館の向かい側・・・坂道の左側に護国神社があります、この神社の山手に勤王の志士たちの墓が

   

そして・・・何度も来ているのに今まで気が付かなかったのを・・・写真で紹介しましょう 

   

さすが、護国神社です国のため・・・日本を守らんとして特攻隊の名のもとに散って行った若き命

時代は変われど、国を憂う心は同じなんですよ、今の若者たちに、或るのでしょうか・・・

龍馬の心が・・・特攻隊の若者たちの熱き心が・・・久しぶりに熱き心に触れました

皆様も京都へ来られたら、維新の道をお尋ねください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凄い本・・・完全保存版【天... | トップ | 阿久悠の〖詩小説〗・・・Boo... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。