松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

【醍醐陵】〈だいごのみささぎ〉は、醍醐天皇のでなく朱雀天皇の御陵??

2017-06-16 18:58:29 | 日記

     

ネットで調べて出て来た画像です     朱雀天皇陵印です

宇多天皇時代から始まり醍醐天皇と続き、次の朱雀天皇まで菅原道真の怨霊は続く

清凉殿落雷事件で突然死した醍醐天皇、その後慌ただしく即位した朱雀天皇は八歳であった

朱雀天皇の母と云うのが、道真を大宰府に左遷した藤原時平の妹・藤原穏子である

寛明親王〈朱雀〉を生んだ時の事が凄い!ナント三歳まで朱雀を御帳台の中で育てたという

御帳台とは・・一段高い床に畳を敷き、四隅に柱を立て帳〈とばり〉をめぐらした場所〈寝所〉

何故かと云えば、言うまでもなく菅原道真の怨霊に怯えての事

この様な状態で育てられて、八歳の時に突然死した醍醐天皇から譲位されている

もちろん摂関政治である、叔父の藤原忠平が関白となり、母の藤原穏子までもが政治に介入してくる

母・穏子の「東宮の即位を見たい」の言葉もあって?東宮であった弟〈村上天皇〉に譲位する、24歳であった

その後、後悔して復位の祈祷をしたと云う、が・・天暦6年〈952〉に出家して仁和寺に入るが、同年30歳で崩御さる

醍醐天皇と同じように、突然死である・・・道真の祟りなのか?、政治的に暗殺説も・・・

さて、天皇陵であるが、仁和寺の入ってそこで崩御されている朱雀天皇が何故・・・【醍醐陵】なのか?

おかしい事だらけですが、天皇陵巡りの本題に入りましょう

醍醐天皇【後山科陵】から歩いて 4分ぐらいの処に在りました

醍醐天皇陵を後にして、朱雀天皇陵へと向かいました

 

こちらも民家のど真ん中に在ります、通り過ぎそう それにしても不思議朱雀天皇が醍醐陵と云うのが

 

民家の間を入っていきます

 

暫く行くと・・・御陵の雰囲気になって来ました   石の鳥居が、拝所が見えてきました

醍醐天皇陵に匹敵するほど、立派な御陵でした・・・次回の天皇陵巡りは、62代村上天皇の【村上陵】です

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関西扇面芸術展の京都展に行... | トップ | 都議選公明党の応援と夕焼け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。