松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

いよいよ三橋節子美術館そして・・・鈴木靖将さんと10年ぶりの再会!

2016-10-18 21:18:01 | 日記

三井寺の・・・三井の晩鐘で名高い、鐘楼と初めての出会い、そしていよいよ・・・・

三橋節子美術館へと駒を進めた、ひょっとしたら鈴木さんに会えるかもと云う淡い期待を乗せて

美術館に向かっていると琵琶湖疎水の表示が・・・京都の南禅寺に向かう入り口を見つけましたのでパチリ

   

京都に向かうために・・・出番待ちかな??        向こうの入り口から、舟でトンネルを潜って南禅寺までの計画が    

この計画も鈴木靖将さんを中心に起こしたのですが・・今は? ここから舟で・・以前、大津と京都の市長が遣りましたね

さて!ちょいと寄り道をしたので、長等公園へと急ぎましょう

   

やっと!三橋節子美術館の表示が出てきましたよ   ここは長等公園の入り口?長等公園の中に美術館があるんです

   

ナント今行って来た弘文天皇陵の大友皇子の漢詩が、後でわかったのが・・・鈴木さんがグループで建てたんですって

   

お待たせしました・・・・ここが三橋節子美術館なんです  ナント!入館料は320円でした、見学者は私一人

ここで少し思い出を・・・21年前に開館したんですが、当日会館の前で祝賀レセプションがありまして、私が祝吟を披露したんです

本当に良い思い出を作って頂きました、すべて鈴木靖将さんのお陰です・・・又寄り道ですんまへん・・・では会場へ

一人だけやったんで・・・犯罪を犯しました・・・会館内を見て頂きたくて、撮影禁止なのに写してしまいました、ごめんなさい 

   

真ん中にあるのが・・・三井の晩鐘です・・・もう少し大き目がこちらの絵 

    

これが三橋節子さんの亡くなる前の年の作品です

     

生前の三橋節子さんです、この後右手を癌のため切断  二人のお子さんと

  

最後の力を振り絞って・・・子供に宛てた手紙です・・・      梅原猛さんの【湖の伝説】ベストセラーに

そして鈴木さんに会えたのです~突然に尋ねたので、びっくりしていました

  

 いや~10年ぶり??の再会なので話が弾みました・・・26年前に行った中国旅行にも花が咲きました

白い御髭が、似合っていました・・・20日から京都の高瀬川で個展を開きます

最後に鈴木靖将の世界を・・・おやすみなさい

  

  

三橋節子さんのお話は次回にゆっくりと・・・三井の晩鐘のお話も・・・ね

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【三井の晩鐘】で知られた〖... | トップ | 三橋節子さんの夫・鈴木靖将... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。