松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

京都の天皇陵踏破記念・・・私の【天皇陵印帖】を見て下さい

2016-11-05 19:15:07 | 日記

   

【御朱印ファイル】ですが、私は【天皇御陵印帖】にしました。 この様に一枚づつ取り出せるので、何かと大変便利です

もちろん白紙状態ですので・・・開いて右側に天皇名と御陵名をハソコンで入れました、その下に御陵印を頂きます

最初は、朱印を頂くので頭がいっぱいで・・・頂いてから名前を入れたので、月輪陵なんか14名もの天皇なのでちょっと被りました

では・・・ 京都の天皇陵と御陵印を一同に写しましたので、先ずはこの写真から

これが、京都の御陵印御陵の拝所制札の三点セットです・・・全部で41枚ですが・・・ダブルとトリプルと雑居?が入るので 〈天智天皇を忘れてました〉

全部で69の御陵になります・・・御陵印の数は・・・京都は【桃山御陵】と【月輪陵】の二か所出頂きますので全部で41印です

歴史の流れから行くと、桓武天皇から入るので勘違いをしていました、御陵は山科にあるんですから・・・一番は天智天皇陵からです

    

京都に都を開いた桓武天皇陵が桃山御陵にあったんです、  石段が凄く長くて、最後は足を持ち上げた嵯峨天皇陵 

         

最後に参拝した、640mの山の上にあった淳和天皇陵    その前に登った清和天皇陵・・ここが一番苦しかった

      

菅原道真の大恩人宇多天皇陵ここも山の中で厳しかった   宇多天皇陵から山越へした処に一條・堀河、両天皇陵が景色抜群

         

一條・堀河両天皇陵を更に降りると後朱雀・後冷泉・後三條のトリプル陵  後白河天皇陵だけでした三度目で参拝出来たのは

小督の局と悲恋物語で有名になった高倉天皇陵・・・なぜか六條天皇陵とのダブル陵でした

14名の天皇さんが入って居られる、月輪陵です、最初に書いたように朱印を先にもらったので、字と被ってしまいました

こちらは、10名の天皇さんが入って居られる、深草北陵です、すぐ横を近鉄電車が走っていました

     

この長慶天皇陵から始まったのです・・記念すべき一枚     その弟さんの後亀山天皇陵・・・南朝最後の天皇さんです

  

そして、京都の最後はまさしく、最後にふさわしい明治天皇の、【伏見桃山陵】です

この後は、大正・昭和、と御陵は東京の八王子に移りました

これからは、奈良と大阪に天皇陵巡りの場所が移りますが・・・

古墳を中心に・・・楽しみです

また御陵印が集まれば・・・ブログします

 

    

 

 

 

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御陵で一番高い処≪640m≫にあ... | トップ | 忘れえぬ!日本画家〚麻田浩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。