松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

大山崎山荘から!天王山・山頂まで登って来ました

2017-04-20 22:11:13 | 日記

アンドロイド夏目漱石先生に別れを告げて美術館の庭に出てきました

 

池がありまして鯉が優雅に泳いでいます   この下が画廊になっていて、モネ・ルソー・ドガ・ルノアール等が

 

この写真は・・・禁断の一枚です エレベーターから降りた所から一瞬  パチリ

見つかったら大目玉ですよ~右側に並んでいるのがルノアール・ルソー・ドガの順だったと?左側にモネの睡蓮が3作品

 

庭から見たテラスです、ここから八幡の男山が一望    ウサギのモニュメントが

 

見事な枝垂桜が見送ってくれました        この日熱いぐらいの晩春でした

 

彼方此方にシャガの花が           この小さなトンネルを抜けると雪国?いやいや天王山への道です

 

最初まったく天王山へ上る気はありませんでした  でも・・・この表示板に釣られるように左へと

 

少し竹藪の道を進んでいくと突然、視界が開けてこの下が明智軍と豊臣軍が激突した古戦場・・向かいは八幡の男山

 

石の鳥居が見えてきました、山崎聖天だったんです  その境内に・・・散りかけの桜が、ちょっと寂しそう

 

また山登りの道に戻りました・・さすがに竹が多いですね~  もちろん左へと、向かいます

 

またまた、石の鳥居が・・・右側に展望台が   これですけど展望台 このあたりに石碑が

 

展望台に上がって来ました             見晴らしは抜群でした

この下が山崎の合戦が繰り広げられた処、秀吉は備中高松城から約十日間で帰って〈中国大返し〉明智軍との合戦が

 

展望台には両軍の戦いの配置が記されていました

 

 

 

 

やっとの事で山頂にたどり着きました

カメラを目の前の石の上に乗せ、オート10秒に合わせてパチリ

登りより、下りのほうが・・・足にきました途中から違うコースで降りてきて、こんな写真が

 

 

 

足が棒に成りながら、やっとのことで元の阪急・大山崎駅にたどり着きました・・・本当にお疲れさま

 

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸で始まる『遥かなるルネ... | トップ | 我が家の「桜!ミニ盆栽」4月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。