松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

残念なり!祇園閣と頼山陽の墓への墓参の写真が消えた!

2017-07-16 08:43:52 | 日記

またまたやってしまいました、折角【祇園閣】も、頼山陽の墓の写真も・・全てアウトです

その【祇園閣】の特別拝観ですが、案内人のおばさんの態度が横柄ですべて上から目線でした

16時までなのに、祇園祭の為に四条通りの渋滞・・それでも何とか20分前に到着したのですが

いきなり、邪魔くさそうに、「早く!こちらです」と、案内と云うより、命令でした

しかも、無料ならともかく・・・600円の拝観料を取ったうえでのこの態度・・寺側ももっと注意を

頭にきながら登りながら・・撮影禁止を無視してパチリ・パチリと撮りました

32メートルの展望台?に出て、外の風景を二枚撮っていると「やめて下さい!ここも撮影禁止です」と大声が

外の撮影ぐらいまさか撮影禁止とは・・・ここでも案内のばば・・!、おっと失礼おばさまの上から目線

もう少し、注意の仕方があると思うのですが、でも眺めは最高でした・・

ネットの写真ですが此処から入るのです、らせん階段には壁画が描かれていました

 

帰りにも・・・三人目のおばさんに、順序の矢印があったので「こちらには何があるんですか?」と聞くと

「そちらは行けません・・」と云うではありませんか、私も三度目で切れました・・・

「行けなかったら、何で矢印がしてあるね」と強く云うと・・・「もう閉館の時間が来ているので・・」

呆れ果てて・・返す言葉もなく・・石川五右衛門の墓を観て・・・帰りました

次に訪れたのが、頼山陽の墓がある、【長楽寺】でした・・〈何度も云いますが撮った写真が私のミスで消えました〉

ここでも、ネットから写真をお借りしました・・・

先ずは、円山公園の東側の参道、そのなだらかな坂道を上って行きますと車道が左へカーブする処が

この場所になります、恥ずかしながら来月74歳を迎える私・・長楽寺は初めてなんです

    

山門を入ると左に受付が500円を払って、少し行くと建礼門院の像がありました、大変美しい御姿でした

そこから少し急な石段を登って行くと本堂が正面に

        

先程、受付で頼山陽の墓の場所を聞いていたので、この本堂を更に奥へと進みました

此処からの坂道はかなり長く続きました、写真のないのが残念

天皇陵巡りで経験してきた、山道を彷彿とさせる・・・森閑とした雰囲気と、ここでも私一人だけ

 

山陽先生のお墓へ初めての墓参です        こちらが三男の頼三樹三郎の墓です

この寺は案内にもありますが、平家ゆかりのお寺で、長楽寺のHPブログを見ても頼山陽の一字も無いのが残念でした

先程、【祇園閣】の事を上から目線とか言いましたが、特別拝観のお陰で・・山陽先生の墓参が出来たのですから

今夜は、祇園祭の宵山です、昨年参加できなかった【綾傘鉾】の宮川町まで練り歩きに参加しようと・・・

今度こそ写真を消さないで・・・明日のブログに掲載予定です・・・お楽しみに

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨明け真近の我が家裏!の... | トップ | 「富士山に登ったことある?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。