松凬からくり帖

松凬さんが73年の人生と吟道50年からの体験や、これから起こるであろう!未体験談を写真と共にお届け!

日本唯一【蚕の社】にある《三柱鳥居》をバッチリ撮ってきました

2017-06-09 14:45:01 | 日記

雨が二日続いてやっと晴れた本日行って来ました【蚕の社】の〔三柱鳥居〕

我が家から徒歩で30分、自転車 で13分、今日は市バス で行って来ました、西浦町のバス停から太秦天神川駅まで

 

松尾橋発71番の市バスに梅津西浦町から太秦天神川駅まで、徒歩で蚕の社まで3分

 

こちらは嵐電〈京福電鉄〉の蚕の社駅嵐山からの電車です

この石の鳥居から参道を2分程歩きます、突き当りに神社が小さな森の中に在ります

                         同居しているのが養蚕神社〈蚕の社〉です

 

木島神社〈このしまじんじゃ〉の石碑が、正式には木島坐天照御霊神社〈このしまにますあまてるみたまじんじゃ〉

では木島神社の中に入りましょう、正面に神楽殿?

こちらが・・木島神社の拝殿です

そして 同じ境内の中に【蚕の社】 が祀ってあります 木島神社の向かって右側に位置します

いよいよ、三柱鳥居に向かいます

 

初め・・何処にあるのかわからずに    神楽殿の横から石段を上がってみました、左下にありました

木と木の間にカメラを突っ込んで 写した一枚です

 

これはきっと下から見える処があるのでは・・・と、神楽殿の横にあった石の鳥居を潜ったらあったんです

 

鳥居の向こうに金網の作が作ってあります、拝観料・お賽銭の箱が

金網越しから写しました・・・ブトや蚊が飛び交っている中を

やっとの事でご対面です・・・よくご覧ください、 もともとここは「元糺の池」〈もとただすのいけ〉だとか

数年前から池に水が無くなったとか、

何かパワーを感じませんか・・・これぞ ピラミッドパワーですね、あなたは信じますか

三角の中心には、この様に石が積んであります・・・神聖な場所なんでしょうね

もう一度石段を上がり・・・上からの写真をと、もちろん木の葉の間からカメラを突っ込んでね~

上から見ると、三つの鳥居の交わり具合がよくわかりますでしょう

太秦〈うずまさ〉と読みます・・・京都以外の方は、読みずらいかもここをよく読んでいただければ

渡来人と目されている、秦氏・・・ここでも「蚕を紡ぐ」技法を日本に伝来したとされていて

この【蚕の社】が誕生している・・・今回は「三柱鳥居」の紹介です・・詳しくはネットで調べては如何かな

次回は・・・またまた天皇陵の続きを、第58代光孝天皇陵から始まります

 


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第57代陽成天皇陵は「紅萌ゆ... | トップ | 55歳で即位された【第58代光... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。