四季の彩り

四季折々の彩りを写真とエッセーでつづって
参ります。お立ち寄り頂ければ嬉しいです。

観音崎散歩

2017年07月06日 20時57分08秒 | 日々の歩み
記録的な豪雨に見舞われた福岡、大分両県では本日6日、懸命な捜索が行われているものの
死者3人、不明者19人になっているとのこと。
被災され命を落とされた皆様の、ご冥福を心から祈りたいと思います。


最近は勤務も月10日程となり、ウィークデーでも勤務のない日が増え、細君共々水泳や近くの里山、
公園での散歩を楽しんでいます。
特に観音崎公園は、東京湾に突き出た観音崎のほぼ全域に広がっており、海上を行き交う一日1,000隻近いと
言われる、世界中の様々な船舶を眺めたり、シイやタブを中心とした照葉樹林の中を散歩しております。





過日、雨上がりに観音崎公園を細君と訪れ、紫陽花の咲き乱れる浜辺からの道を上り「東京湾海上交通センター」を
目指しました。



標高差70m弱を一気に登る階段と、つづら折りの道は結構厳しいものがありますが、その道すがら
珍しい山野草の花を見つけました。公園の中に設置された説明板によると「タシロラン」とのこと。

ランと言うと,カラフルで華やかなランを想像しますが、タシロランは華やかさとは無縁な地味なランで、
ツクシを細く頼りなくしたような茎の上に、緑の葉はなくイネの穂のような黄色味を帯びた白い花が咲いていました。
このランをネットで調べましたが、準絶滅危惧種とのことで、大変貴重なランであることを知りました。

タシロラン(田代蘭)の名は,発見者の田代善太郎氏に因んで,牧野富太郎博士により命名されたとのこと。
観音崎のような常緑樹林内に生える、葉緑素を持たない腐生殖物で、観音崎では1983年6月、
東京湾海上交通センターの職員により発見されたとのことです。
花期は6月下旬から7月上旬にかけての約2週間とのことで、かなりラッキーな出会いであったと思っています。

明治期に築かれた砲台跡、戦没船員の慰霊碑、手掘り隧道、「海の子とりで」、花の広場等々、





見ごたえのある施設が尾根の上に続き、その施設を煉瓦道がつなぐ快適な散歩道でもあります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨と父の日 | トップ | 「海の日」国際プールへ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の歩み」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。