創作小説屋

創作小説連載中。時折BL・R18入るのでご注意を。
毎週火曜日と金曜日の朝7時21分更新予定です。

BL小説・風のゆくえには~閉じた翼 5(浩介視点)

2017年06月07日 19時21分00秒 | BL小説・風のゆくえには~  閉じた翼


 慶はおれのことが好き。そんなことは知ってる。

 好きと言葉でいってくれることは滅多にない。でも、おれを見つめる瞳が、名前を呼んでくれる声が、おれの腕の中で切なく喘いで、ぎゅっとしがみついてくれる指の強さが、「好き」と伝えてくれる。

 訳あって、最近慶の勤め先の病院に出入りしているのだけれども、そこでチラリと会えた時も、すごく嬉しそうに笑ってくれる。おれがいるだけで「テンション上がる」のだそうだ。

(ほら、おれは慶に愛されてる……)

 そう思うのに。思おうとするのに……

(でも、慶は、おれなんかいなくても大丈夫……)

 その黒い気持ちが体中を埋め尽くす。
 昨年よりは幾分マシになったとはいえ、慶はやはりいつも忙しい。思う存分一緒にいられることなんてほとんどない。

(行かないで)
 最近、会うといつもいつも思ってしまう。

(行かないで。そばにいて。ずっとずっとそばにいて)
 閉じ込めて、どこにも行かせたくない。離したくない。

(でも……)
 病院で働く慶は、頼りがいがあって、優しくて、みんなに慕われていて……
 そんな慶の姿を見ると、どうしても思ってしまう。

(おれが邪魔者だ)

 おれなんか、慶の隣にふさわしくない。

 そんなことも、ずっと前から知ってる。


***


 大学生の時、日本語ボランティア教室のサークルに所属したことにたいした理由はなかった。

 必修科目で隣の席だった奴に「ボランティア活動してると、教員採用試験の面接で有利になるっていうから一緒に入ろう」と誘われて、言われるまま入っただけなのだ。

 その上、おれが大学生になった時、慶は浪人生になってしまったので、慶に会えない寂しさを紛らせらたい、という不純な気持ちすらあった。

 でも、参加していくうちに、子供たちの存在に癒されることが増えていった。サークル内では日本語以外の言語を使う機会が多いせいか、いつもの自分とは違う自分になれる気がする。卑屈で後ろ向きで親と上手くいっていない自分ではなく、子供達から頼られる「浩介先生」。彼を演じることは、思いの外心地良かった。

 だから、大学卒業後、そのサークルが加盟している国際ボランティア団体の直のメンバーになったのは、自分自身の精神安定のためという邪な理由からであり、『受験対策重視』の今の学校に対する息抜きの場にするためでもあった。使命感とかそんなものは一カケラもなかったように思う。


 大学のサークル時代から数えると、参加しはじめてもうすぐ10年。
 入会当時は『雲の上』の存在だった日本支部の事務局長も、今ではすっかり『仕事仲間』のような感じだ。

 その日、10年前からずっと変わらない若々しい甲高い声の彼女に、電話で呼び出され、事務局に顔を出したところ、

「浩介先生、ケニアに行く気はない?」

 唐突にいわれた。

「ケニアって……」
「ライト君のお父さんの母国」

 ライトというのは、昔この日本語ボランティア教室に来ていた子で、今は父親のいるアメリカで暮らしている18歳の男の子だ。

「ライト君のお父さん経由で、ケニアの親戚に話がいったらしくてね。その人が今、学校を作ろうとしてて、その事業にうちに協力してもらえないかって要請があって」
「開校の手伝いってことですか?」

 夏休みなら1週間くらい休みはとれますが……

 そう答えると、事務局長は「違う違う」と手を振った。

「むこうで先生として働くってこと」
「え?」

 はい?
 予想外の言葉に耳を疑う。働く……?

「浩介先生、英語もスワヒリ語もペラペラだからちょうどいいと思って。どうかな」
「………………え」

 どうかなって………

「えええええ?!」

 飛び上がってしまう。ケニアで、働く? おれが?
 確かにおれは、学生時代、ライトと話すためにスワヒリ語を覚えたので、今でも喋れる。けど……でも……

「え……と」
「浩介先生」

 おれが何か言う前に、事務局長が、ふっと表情をあらためた。

「……はい」
 その真剣さにドキリとする。事務局長はこちらを見たまま、スパッと言った。

「今働いてる学校で本当に満足してるの?」
「え………」

 何を……

「ここ数年、ずっと思い悩んでる感じじゃない?」
「………」
「先生の学校の子でボランティアに来てくれてる子に聞いたけど、浩介先生って学校では全然雰囲気違うんですってね? 淡々と、淡々と、ひたすら受験対策用の授業をし続けてるって聞いたわよ?」
「それは……」
「それが君の本当にやりたかったこと? そういう先生になりたかったの?」
「……………」

 何も……言えない。

 今の学校は、大学の教授に紹介していただいた。
 就職して慶に会えなくなることだけは絶対に避けたかったおれは、転勤の可能性のある都の教師になることは考えていなかった。教授の紹介してくれた私立高校は、今のアパートから徒歩でも行ける場所にあり、こんなに恵まれた条件の学校はないと思って二つ返事で話を受けたのだ。そこがどんな学校であろうとも、自分なりの先生像を追い求められればいい、と思っていた。

(でも………)

 それを実行することは難しかった。
 学校の方針である、良い大学に入る事、学力を上げる事はもちろん大切だと思う。それを手助けする努力は惜しんでいないつもりだ。でも、高校三年間、それだけではないと思うのだ。もっと生徒に寄り添って、生徒の本当にやりたいことを見つけてあげて…… 

『学校生活の充実はもちろん結構だけれども、学校側の一番の目標は学力向上だということは分かっているよね?』

 先日、校長から言われた言葉を思い出して胸のあたりが重くなる。

『余計なこと、しないでください』

 1年担任の藤井先生にそう言って睨まれたこともあり、結局、せっかくやる気になっていたバスケ部1年男子の退部を止めることもできなかった。

 おれは何もできない。何もできない使えない教師で……


「これ、写真」
「あ……」

 事務局長の声で我に返った。目の前に並べられた数枚の写真……

(うわ………)

 地べたに座っての授業風景。
 建設中の白い建物。
 キラキラした瞳の笑顔の子供達。

(空が……広い)

 おれの知らない世界……

 広い、広い、広い……なんて開放感。なんて綺麗な青……

(ああ……いいな)

 何もかも捨てて、慶と二人でこんなところで暮らせたらどんなに……

「……………」

 思いかけて、自嘲してしまう。

 そんなこと、できるわけがない。
 慶はみんなから頼りにされていて。家族も仲良くて。友達もたくさんいて。
 そんな慶をおれ一人が連れ出せるわけがない。

「ちょっと考えてみて?」
「…………」

 行けるわけない。だから首を振るべきだ。

 そう思うのに、なぜだかその場で「NO」ということはできなかった。


***


 その日、慶がマンションに帰ってきたのは、深夜2時を過ぎていた。鍵を開ける音が聞こえた時点で、ようやく携帯の電源を落とせてホッとする。

(今日は何件着信あったかな……)

 おれの携帯の着信履歴は実家の番号で埋め尽くされている。おれが出ないので、しつこくかけてくるのだ。電源を切りたいのだけれども、慶から連絡があるかもしれないと思うと、切ることもできない。

(慶、今日も遅かったな……。仕事夕方までって言ってたのに……)

 起きて待っていると、慶の精神的負担になるので、1時を過ぎたらベッドで寝たふりをすることにしている。そして、慶がベッドに入ってきた時点で、目が覚めた、という体を装うことにしているのだ。

(慶………まだかな)

 シャワーの音。ドライヤーの音。

 早く来てほしい。ぎゅうって抱きしめたい。抱きしめられたい。

 いまさらながら、ドキドキする。慶の温もり、慶の匂い……早く直接感じたい。

(慶………)

 慶が近づいてくる気配がする。早く……早く。

 …………と。

「………はい、渋谷です」

(!?)

 バチッと目を開けてしまった。暗闇の中、着信音がきこえてきて……、慶、電話してる……

「分かりました。すぐ、戻ります」
「………………え」

 思わず声が漏れる。すぐ戻るって……

「ああ、悪い。起こしたな」
「う、ううん……」

 身を起こし、首を振ると、慶はツカツカとこちらにやってきて、

「戻らないといけなくなった。たぶんそのまま勤務になる」

 バサバサとパジャマを脱ぎ捨て、新しいシャツに腕を通しはじめた。

「ごめんな、約束してたのに」
「ううん。大丈夫だよ。……あ、パジャマたたんでおくよ」
「お、サンキュー」

 チュッと額にキスをくれ、きゅっと頭をかき抱いてくれてから、慶がニッコリと言った。

「んじゃ、行ってくる」
「…………うん。行ってらっしゃい。頑張ってね」
「おー」

 そして、慶はバタバタと出ていってしまい……

(慶…………)

 その後ろ姿が消えたドアをじっと見つめる。

(………行かないで)

 心の声が漏れ出そうになり、口を押さえる。

(行かないで)

 行かないで行かないで行かないで……

(ずっとそばにいて。おれだけのものになってよ)

 でも、そんなこと言えない……

 慶は夢を叶えて……慶はみんなに頼られて……慶は……慶は。

(………………)

 携帯の電源を入れる。

 慶、落ち着いたら電話くれるかな……メールくれるかな……

 そうしてずっと待っていたけれど、電話もメールもなくて……


 朝5時半。ようやくかかってきた携帯の着信画面の表示は……

「…………は、はは」

 乾いた笑いが出てしまう。こんな早朝から実家からの電話で………

(………………慶)
 背中がジクリとする。

 おれの背中には大きなアザがあって……

(慶………)

 醜いおれは、慶の隣にいる資格はなくて……
 でも、でも……

 慶……

 おれだけのものになって……


 落ちていく中、電話の着信音だけが、暗い部屋に鳴り響いていた。
 


-----------------------------


お読みくださりありがとうございました!
クリックしてくださった方々、見にきてくださった方々、本当にありがとうございます!
励ましていただいたおかげで、一日半遅刻ですが書き終わることができました。ありがとうございました!

次回は金曜日。よろしくければどうぞお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。してくださった方、ありがとうございました!

「風のゆくえには」シリーズ目次 → こちら
「閉じた翼」目次 → こちら
ジャンル:
小説
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の更新諦めます…… | トップ | BL小説・風のゆくえには~閉... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なおこ)
2017-06-08 09:02:49
更新ありがとうございます
浩介ケニアに行くんですね。遠いところですね
慶が仕事優先しすぎてる部分あって、お母さんのこととか悩みを誰にも言えなくて煮詰まってく浩介のしんどい気持ちが伝わってくる文章でした。
通常だと小出しに相手に不満を言って喧嘩したり、付き合ってる相手に悩みを言えなかったら友達とか相談して乗り越えていくところができなくて、結果ケニアに一人で行くんですね。慶としては、うまくいってると思ってるわけだから、本当に驚いただろうな~ある意味トラウマになりますね。
まあ、浩介としては、リセットして自立した生活を送れて良かったですよね。
忙しい中更新大変だと思いますが、ご無理しないように。また待ってます
なおこ様! (尚)
2017-06-08 10:16:31
コメントありがとうございますー!!!

>更新ありがとうございます

えええええ?!と、とんでもないっ
読みにきてくださって本当にありがとうございます!!
その上コメントまで……感謝感謝でございます。

>浩介ケニアに行くんですね。遠いところですね

そうなんですよね~~
実は浩介がアフリカに行くという話は、今から25年くらい前、私が高校生の時に書いた話にありまして……
当時インターネットもない時代ということもあり、何の下調べもせず、簡単に「アフリカに行く」とか言っちゃってて……
それで今、うんうん唸るはめに陥っているという……

>慶が仕事優先しすぎてる部分あって、お母さんのこととか悩みを誰にも言えなくて煮詰まってく浩介のしんどい気持ちが伝わってくる文章でした。

おおおお!!読み取ってくださってありがとうございます!!
そうなのです。煮詰まってます……
元々浩介は、小学校中学校といじめられっ子で不登校気味で、慶と友達になるまでは友達もいなくて……
なので、誰かに悩みを話すっていうことが苦手なんだと思います。

一応、大学生になってから、あかねさんという友人はできたものの、しょっちゅう会って話をして……という関係でもなくて。なので、あかねに話をするときには、極限に追い詰められてから……になっていると思われます。

>通常だと小出しに相手に不満を言って喧嘩したり、付き合ってる相手に悩みを言えなかったら友達とか相談して乗り越えていくところができなくて、結果ケニアに一人で行くんですね。

そうなんですそうなんです……
本当は、不満を言えばいいのに、ですよね。
自分に自信がないから、言って負担になってはと、思っちゃう。
で、煮詰まって、結果、逃げ出した、という……

>慶としては、うまくいってると思ってるわけだから、本当に驚いただろうな~ある意味トラウマになりますね。

ですですですです!!そうなんです!!
うまくいってると思ってるんですよね!バカですね~~。
そうなんです。めちゃめちゃ驚き、そしてトラウマになりました。
43才になった今でもトラウマらしいです^^;

>まあ、浩介としては、リセットして自立した生活を送れて良かったですよね。

ですよね~~
ここで一回離れたことは意味のあったことだったんだな……と。
当時高校生の私がそこまで考えていたかどうかは謎ですが^^;

>忙しい中更新大変だと思いますが、ご無理しないように。また待ってます

わ~~お優しいお言葉ありがとうございます!!

次回とその次は、2年半前に書いた「翼を広げる前」という読切を再録しようと思っております。
なので、この一週間でどうにか生活を立て直して、ラストスパートをかけたいと思っていますー。

嬉しいコメント本当にありがとうございました!!
油断したッ! (にしっぺ。)
2017-06-08 12:09:42
昨日、お昼くらいまでは ちょいちょい覗いてたのに
やはり 金曜に更新かなー と (笑)

そっか
浩介は 今まで友だちがいなかったから 相談するとか 愚痴るとか 出来ないんですね (ノω・、) ウゥ・・・

慶にすら いや、慶だから 言えない!
忙しい彼の負担になっちゃいけない
人気者で キラキラ な彼に 醜い自分はふさわしくない
溜め込んで グルグルして 落ち込んで
必要以上に自分を嫌悪して… llllll(-ω-;)llllll

トドメはお母さ~ん ← (歯磨きの) 仕上げはお母さーん♪ のメロディでw

息子が電話に出ないから って しつこく電話をかけ続ける母 って…
コエー((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル



浩介は ケニアで どんな生活をしてたんですかね?
生まれ変わったように 活き活きと♪ とは ならないような…

それでも
昼間は ギラギラな太陽の元、汗だくで 真っ黒になって雑多な仕事をこなし
元気いっぱいな子どもたちの相手をしていれば、 気はまぎれる
けれど
夜 1人になると どよーん llllll(-ω-;)llllll
な 毎日?
クタクタに疲れて あれこれ考えることも 怖い夢を見ることもなく、泥のように眠る か


何処へ行こうが、何をしてようが、
慶のことが頭から離れることはないんだよー ( ー`дー´) キッパリ!!



『ひよっこ』
朝から 濃ゆい大家さん登場で ドン引き(笑)
ご近所サンたちは 吉本新喜劇みたいだし、
鈴ばっぱは 結構面倒クサいキャラになっちゃって …
せっかく 《すずふり亭編》になったのに
先行き ちと不安 ( ̄ー ̄;

和菓子屋(三宅裕司)の息子、古舘伊知郎の息子らしいですね〜 ← ドウデモイイw


『ツバキ文具店』の 後の ドラマ10
西島秀俊 & 猫ですって♪
た ( ゚д゚) の ( *゚д゚) し (*´д`*) み~♥
23日スタート なので、先すぎて 予約出来ないじゃん!!
忘れないようにしないと!! デス ( ー`дー´)キリッ!!
にしっぺ。様! (尚)
2017-06-08 14:54:08
コメントありがとうございますー!!

>油断したッ!
>昨日、お昼くらいまでは ちょいちょい覗いてたのに

わわわ!なんて有り難いお言葉!!わーありがとうございます!
もう有り難いやら申し訳ないやら……ありがとうございますっ。

>やはり 金曜に更新かなー と (笑)

(笑)(笑)!!
そうそう、一瞬それも思ったのですが、
来週水曜までにやらなくてはならないことがあるため、「金曜日と火曜日に再録のせるようにしよう!」と調整してたのに、予定通りにいかないのは悔しいので~~

そもそも、月曜の朝一で電子レンジが壊れた時点で予定崩れが始まったわけですが、でも、月曜日数時間パソコンの前に座れれば火曜日載せる分は書ける!と思っていたのに、月曜・火曜と夫が会社を休んでしまい、パソコンが使えなくなってしまいまして……


>そっか
>浩介は 今まで友だちがいなかったから 相談するとか 愚痴るとか 出来ないんですね (ノω・、) ウゥ・・・

そうなんですそうなんです。
浩介って今でこそだいぶマシになりましたが、「お友達と話す」ということをほとんどしてこなかったので、感覚が幼稚園くらいで止まってたのか、高校生の時は、時々みんなに「発言が変」と指摘されてたし、慶にも「変なことばっかり言ってる……」と思われておりました。

>慶にすら いや、慶だから 言えない!
>忙しい彼の負担になっちゃいけない
>人気者で キラキラ な彼に 醜い自分はふさわしくない
>溜め込んで グルグルして 落ち込んで
>必要以上に自分を嫌悪して… llllll(-ω-;)llllll

そうそう!そうなんですそうなんです~~

>トドメはお母さ~ん ← (歯磨きの) 仕上げはお母さーん♪ のメロディでw

って!(爆)(爆)!!ひーーー笑いすぎてお腹痛いーーーー。
トドメはおかあさーん♪♪(爆)
あーダメだ。笑いが止まらない……

>息子が電話に出ないから って しつこく電話をかけ続ける母 って…
>コエー((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

こわいですよねーー!!でも本人に悪気無し。

「何かあったのかもしれない!!」って心配してるらしい。そして、
「心配して電話してあげてるのに!!」って、恩着せがましく思ってるらしい。

うーん。世の中そういう発想の人もいるんですよね……
ストーカーの人とかそうなんだろうな……
迷惑していることにも気が付かず、その子のため!って暴走……

>浩介は ケニアで どんな生活をしてたんですかね?
>生まれ変わったように 活き活きと♪ とは ならないような…
>それでも
>昼間は ギラギラな太陽の元、汗だくで 真っ黒になって雑多な仕事をこなし
>元気いっぱいな子どもたちの相手をしていれば、 気はまぎれる
>けれど
>夜 1人になると どよーん llllll(-ω-;)llllll
>な 毎日?

↑↑って、わー!にしっぺ。さーん!そのまんまですー!!
これ終わったら、今下げてる「翼を広げて」(←私が高校生の時に書いたものなので恥ずかし過ぎるんですけど^^;)を見られるようにしようと思っているのですが、
そこで、慶が浩介をみて、日に焼けて逞しくなったと思ったシーンもあったような……
で、夜になると、写真を見ながら1人どよーんな毎日、ということも、現地の女の子の証言であったような……

>クタクタに疲れて あれこれ考えることも 怖い夢を見ることもなく、泥のように眠る か

そうそう。それはきっとそうですよね。きっと強制的に眠れるようにはなってそうですよね。

>何処へ行こうが、何をしてようが、
>慶のことが頭から離れることはないんだよー ( ー`дー´) キッパリ!!

ですよねー♥
うーん。「翼を広げて」も掘り下げて書きたいような気もするのですが、そうすると絶対、資料探しが大変になるのでやめておきます~^^;


>『ひよっこ』
>朝から 濃ゆい大家さん登場で ドン引き(笑)

(笑)ほんと濃かった!
はじめの歌で「白石加代子」の名前があったので
え~~白石加代子でるんだ~~と思ったら、想像以上の濃さで^^;

この方、怪談の朗読の人ですよね~~舞台の人ってイメージなので、こういう人引っ張りだせちゃうなんて、さすがNHK?とか思いました^^;

あちこちで、女の友情……っていうんですかねえ、
みねこと時子、みねこ母と時子母、幸子さんと優子さん、豊子と澄子、
に続き、鈴子さんと富さんってこと?!いや一番濃いわ~~

>ご近所サンたちは 吉本新喜劇みたいだし、

ホント、なんであんなに吉本新喜劇っぽいんでしょう?

>鈴ばっぱは 結構面倒クサいキャラになっちゃって …

うんうん。面倒くさい感じ(笑)

>せっかく 《すずふり亭編》になったのに
>先行き ちと不安 ( ̄ー ̄;

ちょっと不安ですよね~~
まだまだこれから、慣れていったらよくなるのかな……

>和菓子屋(三宅裕司)の息子、古舘伊知郎の息子らしいですね〜 ← ドウデモイイw

あ、そうなんだ。へ~わりと悪くない顔してましたよね。たしか……(←あんま覚えてない^^;)


>『ツバキ文具店』の 後の ドラマ10
>西島秀俊 & 猫ですって♪

え!!まじですか!

>た ( ゚д゚) の ( *゚д゚) し (*´д`*) み~♥

おおお楽しみー!!

>23日スタート なので、先すぎて 予約出来ないじゃん!!
>忘れないようにしないと!! デス ( ー`дー´)キリッ!!

ですね!!
あ、そうだ。ツバキの予約外さなければ、その時間撮られ続けるので、ツバキの予約を外さないよう気を付けます~^^

貴重な情報ありがとうございます!!
嬉しいコメント本当にありがとうございましたー!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL