創作小説屋

創作小説連載中。時折BL・R18入るのでご注意を。
毎週火曜日と金曜日の朝7時21分更新予定です。

風のゆくえには~現実的な話をします 5 +おまけはBL

2017年03月21日 07時21分00秒 | 風のゆくえには~現実的な話をします


【溝部視点】

2016年12月11日(日)大安


 快晴の中、高校の同級生の山崎と、8歳年下の菜美子ちゃんの結婚式が行われた。
 開放的なテラスのある、レストランウェディング。
 元々美人な菜美子ちゃんの純白のウェディングドレス姿は、まるでモデルさんのようで……

(なぜこいつが……)

と、その横に立っている男を見たら、誰もがそう思うだろう。地味で真面目が取り柄の公務員・山崎。でも……

「やっぱり結婚相手にはこういう人が一番よねえ」
「菜美子は良い人を見つけたねえ」
「優しそうで誠実そうで、いいじゃないの」
「区役所にお勤めなんて、安心ね」

 チラホラと聞こえてくる、山崎アゲの言葉の数々。主に、年齢の高い層からのウケがかなり良い。なんか羨ましい……

 それから……

「一緒に写真いいですかあ?」
 きゃっきゃっと若い女子~中年のオバサマに声をかけられまくっている、うちのテーブルの男二人……

「あ、おれ撮るよ?」
「違くてー! 渋谷さんと桜井さん一緒じゃないとー!」

 みんな楽しそうに、桜井と渋谷を取り囲んで写真を撮ってもらっている。

 桜井と渋谷が同性カップルである、ということは、列席者のほとんどに知れ渡っているようだ。というのも、山崎と菜美子ちゃんからの希望で、二人は夫婦扱いとなっていて、お祝儀袋も一つで受付したので、受付を担当した子はもちろん、その時そばにいた人達にも知られ……

「あーいいなー。若い女の子に囲まれてうらやましいー」
「動物園のパンダ状態のどこがうらやましいんだよ」

 おれが言ったのに対して、渋谷が苦笑して答えてくる。

「そんなに珍しいか? おれたち」
「まあ、珍しいし、しかも二人ともイケメンだからな」
「えええっ」

 長谷川委員長の言葉に、桜井が「とんでもないっ」と跳ね上がった。

「慶はそうだけど、おれは違うでしょっ。隣りで写るのが申し訳ないよ」
「あー、いいなあ。おれも申し訳ないって言いながら写りてえなあ」
「溝部……」

 みんながやれやれ、といった感じに肩をすくめたところで、斉藤の奴が嫌なことを言い出した。

「そういう溝部は鈴木とどうなった?何か進展あった?」
「…………」

 黙ってしまうと、またみんな、一斉にやれやれと肩をすくめた。

「なんだ。何もないのか」
「あ、いや……、何もなくは、ない……」
「え?!」
「何何?!」

 食いつかれたけど、食いつかれるようなことはないんだけど……

「あの………結構頻繁に連絡は取ってるし、毎週、陽太の野球特訓してるし……」
「おお!すごいじゃん!」
「でも……」
「何?」

 みんなに見られ、はあっと大きく息をついてしまう。

「いつもと同じパターンにハマりそうな気がしてきた……」
「同じパターンって?」

 首を傾げられ、真面目に言葉を続ける。

「『良い友達』パターン……」

「…………」
「…………」
「…………」
「…………」

 少しの沈黙の後……4人は一斉に「ああ~」と納得したようにうなずいた。

「待て待て待て!」

 なんでみんな納得する?! そんなにオレ『良い友達』っぽい?!


***
  

 デザートは、バイキング方式で自分の好きなものを取っていき、最後は新郎新婦からウェディングケーキを取り分けてもらう、という形式だった。

 そこで、タイミングが良いんだか悪いんだか、菜美子ちゃんの親友、明日香ちゃんと前後ろで列に並ぶことになってしまった。
 オレを振って、イケメンチャラ男と付き合いはじめた明日香ちゃん。気にした様子もなくニコニコと話かけてきた。

「溝部さん、聞きましたよ~。今、本気で狙ってる人がいるんでしょ? 高校の同級生!」
「………あ、うんうん」

 誰だ!変なこと吹き込んだのはっ!……とも思ったけれども、ふと、思いついた。

 明日香ちゃんなら、オレの欲しい答えを知っているかもしれない……

「あの、明日香ちゃん?」
「はい?」

 相変わらずの抜群に可愛い瞳で見返してくれる明日香ちゃん。

「参考までに聞きたいんだけど……」
「はい」
「オレの何がダメだった?」

 いうと明日香ちゃんは「?」というように首をかしげた。

「ダメって?」
「あのー……、明日香ちゃんは結局、さんざん口説いてたオレを振って、佐藤君を選んだわけじゃん? オレの何がダメで……」
「え、何言ってるんですか?溝部さん」

 口に手をあて、明日香ちゃんはアハハと笑った。

「口説かれた覚えも、振った覚えもないですけど?」
「………………え?」

 覚えない………って?!

「いやいやいやいや、オレさんざん誘ってたよね?」
「えー、全然本気じゃなかったじゃないですか」
「えええええ!?本気だったよ!?」

 あれを本気と言わず何を本気という!?

「うそー、ノリにしか思えなかったですよー」
「いやいやいやいや……」
「それに色々な子誘ってるんだろうなって感じだったし」
「えええっ明日香ちゃんしか誘ってないよ?」
「えーうそー」
「いやホントだって」
「ホントに? やだごめんなさい」

 引き続きアハハと笑う明日香ちゃん。

 な、なんてことだ……
 ごーん……と落ち込んでいたら、

「ああ、そっか。分かりました」
 明日香ちゃんがポンと手を打った。

「そういうところなんじゃないですか?」
「え?」
「ダメなところ?」
「………」

 明日香ちゃん、にっこりと可愛らしく笑うと、

「本気って思われないところがダメ。みたいな」
「……………」

 ぐうの音もでないとはこのことだ……

「今度の彼女さんには本気見せてあげてくださいね」
「いや、オレはいつでも本気なんだけど……」
「わ!溝部さん!見て!このチーズケーキ美味しそう!」
「…………」

 可愛い可愛い明日香ちゃん。オレ、本気だったんだけどなあ……

 でも、本気の明日香ちゃんに対してさえ、『鈴木呪縛』が発現していたことは否定できない。いつでもそうだ。どの女の子に対してもそうだった。

『鈴木と似てる』
『鈴木とはここが違う』
『鈴木だったら……』

 どの女の子のことも、いつも心の片隅で、鈴木と比較していた。
 オレはこれを『鈴木呪縛』と名付けている。高2の冬に鈴木を好きだと自覚してから、ずっとずっとだ。オレはずっと呪縛され続けている。



「菜美子~お色直し水色正解~可愛い~」
「ありがと」

 親友の言葉ににっこりと微笑む完璧な新婦。その横で、黙々とウエディングケーキの取り分けに励んでいる新郎……。

「山崎……。お前、胸の花がなかったら、確実にボーイと間違えられるぞ……」
「え?! あ、溝部、今日はありがとう」

 必死すぎてオレの嫌味も耳に入っていないらしい。大変だな、山崎……

「次はオレの番だからな」
「うん。頑張って」
「…………」

 ぽん、と皿にのせられたウェディングケーキ……。美味しそうだな……。
 思わずジーと見ていたら、山崎が「あ」と言って、

「持ち帰り用の箱あるけど、鈴木さんに持ってく?」
「え?!」

 なんだそのナイスな提案は!

「持ってく!持ってく!」
「じゃ、もうちょっと待ってて。もうすぐアナウンス入るから」
「オッケーオッケー!」

 山崎、なんて良い奴だ!やった! と内心小躍りしていたら、

「溝部さん。頑張ってください」

 明日香ちゃんがぐっとガッツポーズをしてくれた。

 よし。オレは頑張る。頑張れる。今度こそこの恋を実らせて、呪縛から開放されてやる。

 

------------------

お読みくださりありがとうございました!
続きまして今日のオマケ☆

-------------------


☆今日のオマケ・慶視点


 山崎らしく、戸田先生らしく、素敵であたたかな結婚式は終始和やかな雰囲気のままお開きとなった。


「わ……ペアグラスだね」
「おお。綺麗だな」

 引き出物は有名なブランドのシャンパングラスだった。

 なるほど。おれ達をカップルとして招待したい、と言ってくれたのは、引き出物のことがあったからなのかもしれない。

「お前の方のは?」
「えと……あ、お揃いの小皿。かわいい」

 オレの方の引き出物が、他の招待客と同じもので、浩介の方のは、夫婦で列席した人達の奥さんがもらっていたものと同じで少し小さめのものだった。

(うーん………)

 カミングアウトして、早1年半……
 前々から気になっていることがある。

「お前さ……お祝儀袋の名前、おれのこと右に書いてたな」
「うん」

 祝儀袋の用意は任せっきりだったので、受付で浩介がふくさから出した時にはじめて気がついた。連名の場合、右が格上になる。夫婦の場合は夫が右。同格の場合は五十音順だ。

「同じ歳なんだから、お前の方が右じゃねえ? 桜井、渋谷って五十音順……」
「うちはさ」

 浩介は遮って、ニッコリと言った。

「慶が旦那さんなんだから、慶が右で合ってるよ」
「………………」

 浩介はいつもそう言うけれど……
 今日撮った写真を客観的に見ていて……確実に他人はおれを「嫁」と思うだろう、と思ったのだ。おれの方が背が低いし、それに認めたくはないけれど、やはりおれは中性的な顔をしている。

 同性なのだから、どちらが夫とか妻とかないけれど、それでも、こういう感じにどちらがどちらなのかを決めなくてはならないことがあって……

「なあ……お前、それでいいのか? お前だって一人息子なわけだし、その……」
「んん?」

 手際よく、包装紙を畳みながら浩介が首をかしげる。

「慶、前もそんなこと言ってたよね?」
「んー………なんつーか……ほら、見た目もおれの方が……」
「慶の方が旦那さんぽいよね」
「え?」

 おれの方が?

「何言って……」
「みんなそう思ってるよ。だから山崎と戸田先生だって、おれの席の下に奥さん用の引き出物置いたんでしょ?」
「それは………」

「同性なんだから、どっちがどっちってないけど、どっちって言わなくちゃいけないときは、慶が旦那さんってことでいいと思ってるんだけど……なんか不都合ある?」
「……………」

 ない……ないんだけど……なんだろう。このモヤモヤ。カミングアウトして以来、時々こういう風にモヤモヤすることがある。

 すると浩介が「なんか……」と言いかけて、

「あ、ううん、何でもない」
「なんだよ?」

 ちょっと笑っている浩介。なんだよ。気になるじゃねーかよ。

「何一人で笑ってんだよ」
「ちょっと、思い出しちゃって」
「何を?」
「んー……」
「教えろよっ」
「あはははは、やめてっ」

 脇腹をくすぐってやると、浩介は身をよじってから、きゅっとおれの両手をつかんで、また、ふふふ、と笑った。

「あのね……高校卒業して、初めてして……」
「?」
「それからおれ達、どっちがどっちするって散々悩んだじゃん? って覚えてない?」
「あー……」

 そんなこと、あったなあ……
 はじめは両方しようと頑張ったんだっけなあ……

「それで結局、慶が『受』って決定したけど、おれはずっと、慶ばっかり痛い思いすることに罪悪感があって……」
「でも、それは」
「うん」

 ちゅっと頬にキスをくれた浩介。この上もなく嬉しそうな顔をしている。

「慶、痛いばっかりじゃない、気持ち良いって言ってくれたよね」
「……………」

 う……。恥ずかしい……何の罰ゲームだ。
 思わず浩介の肩に額を押しつけると、ぎゅうっと抱きしめられた。

「ちょっと、似てない?」
「……どこがだ」
「慶はそれでいいって言ってくれてるのに、おれが、でも、でも、って言ってたとこ」
「…………」

 ああ、なるほど……。
 確かに似てる。浩介ばかりを『奥さん』にさせることに罪悪感がある……。

 でも、おれがあの時『それでもいい』って言ったのは、本当に気持ち良いからであって……

「おれも気持ち良いよ?」
「は!?」

 なんの話だ!?
 また、ふふふと笑う浩介。意味がわからん。

「何が気持ち良い……」
「おれは慶のものですって感じが」
「…………え」

 顔を上げると、コツン、とおでこをつけられた。

「おれは慶のもの。慶だけのもの」
「…………」
「おれ、全然抵抗ないし、むしろ嬉しいよ?」
「…………」
「だいたいさ、慶はすっごく男らしいんだから、奥さんなんて似合わないよ? だから、慶が旦那さん」

 浩介はニッコリと笑うと、

「旦那様、お茶になさいますか? それともお風呂? それとも……」
「…………愚問だな」

 キスをする。そのまま、軽いキスを繰り返しながら、ソファに押し倒す。

「当然、お茶より風呂より、お前が先だ」
「ん」

 浩介は知っているだろうか。こうしてお前がおれを認めてくれることが、何より嬉しいってこと。

「あ、でも待って。スーツ、ちゃんとハンガーかけてから」
「あー」
「慶ってば」
「んー」
「もう……」

 カミングアウトする前までは起こりえなかったモヤモヤの数々。浩介を『奥さん』にすることにも、そうしなくてはならない世の中の常識みたいなものにもモヤモヤする。でも、世の中に適応していくには、このモヤモヤはガマンするしかないのだろう。

(それでも……)

 テーブルに置かれたシャンパングラスと小皿を見て思う。
 それでも、周囲に認めてもらえるということは、嬉しい。

「浩介……」
「慶」

 くすぐったそうに笑った浩介の瞳にもう一度口づけた。


-------------------


☆続きのおまけ・浩介視点。その夜の話。


(ああ、やっぱりかっこいいなあ……)

 隣で寝ている慶を起こさないように、コッソリと今日撮ってもらった写真を眺めながら、一人にやにやしてしまう。
 普段は写真に写りたがらない慶も、友達と同僚のおめでたい席では、にこやかにおれの横で笑ってくれている。

(おれの『旦那さん』……)

 ふっと、帰宅後の会話を思いだし、ますますにやにやしてきてしまった。

 慶が『旦那さん』おれが『奥さん』というのは、「おれは慶のものって感じがして嬉しい」と慶には答えたけれど、本当は他にも理由がある。

 慶は、イケメンでスポーツ万能で社交的で友達もたくさんいて、とにかく何もかも完璧な人だけれども、一つだけ、コンプレックスがある。

 それは、背が低めで中性的な顔立ちをしていること。
 子供の頃は、その容姿をからかってきた相手には、それ相応の報復をしていたらしい(慶はこの容姿を裏切って、喧嘩がめちゃめちゃ強いのだ)。

 慶が言葉使いが悪いのも、やたらと体を鍛えるのも、おそらくそのコンプレックスのせいなんだと思う。

 だからこそ、おれは絶対に慶を女扱いしない。
 まあ、本当に男らしい人だから、女扱いをするなんてありえないんだけど(学生時代、ラブホに行くときに女の子のフリをしてくれたことはあるけど、それは慶が自ら買ってでてくれたことだ)、ほんの少しでもそんな素振りをしないように気を付けてきた。

(ほんと綺麗な顔……)

 慶の頬を優しく撫でる。

 男のおれの『旦那』であることで、慶のそのコンプレックスが少しは和らいでるに違いない……と思うのはおれの傲りだろうか。

 おれが「慶は男らしい」「慶が奥さんなんてありえない」とか言うと、慶はくすぐったそうな嬉しそうな顔をしてくれる。おれはその慶を見るだけで、どうしようもなく幸せな気持ちになる。

(おれの存在は、少しでも慶の役に立ててるかな……)

 その形のよい唇を指でそっと辿る。

(そのためなら、おれは何にでもなるよ?)

 大好きな大好きな慶。慶と一緒にいられることが、慶が笑っていてくれることが、おれの幸せ。そのためなら、おれが何者であろうと関係ない。

 それから……もう一つ理由がある。
 それは、『男避け』。

 慶はやはり見た目は小柄で綺麗な顔立ちをしているので、抱かれる側と思われてしまって……(昔、慶に迫って、のされた奴もいたな……)

 以前、同級生達がふざけて「渋谷だったら抱けた」と言ったことに頭にきて、「おれが奥さんだよ」と言ったのだけれども、それ以来、みんな慶を『旦那』と見てくれるようになった。万々歳だ。

(本当は、この男らしい人が、おれの腕の中ではあんなに乱れてあんなに色っぽくなっちゃうんだけどね……)

 今日の帰宅早々の事を思い出して、さらにニヤニヤが止まらない。ツーッとその滑らかな頬を手の甲で撫でていたら、

「…………眠れないのか?」
「あ…………」

 目は閉じたまま、慶がボソッといった。慌てて手を離す。

「ごめん、起こした?」
「そりゃ、これだけ撫でまわされたら起きるだろ」
「…………ごめん」
「ん」

 すいっと温かい腕が伸びてきて、頭を抱き寄せてくれた。腕枕だ。

「いいから寝ろ。明日仕事だぞ」
「うん……」

 額にキスをくれて、無意識のように頭を撫でてくれる。

(ああ……幸せ)

 すぐに聞こえてきた慶の寝息に引き込まれ、おれも幸せな眠りに落ちた。大好きな慶の腕の中で。


-------------------------------


お読みくださりありがとうございました!
長!!おまけなのに長!!(^_^;)
でも、一度書いておきたかった、どうして浩介が『奥さん』にこだわるのか、のお話でした。

毎週火曜日と金曜日の朝7時21分に更新する予定です。
次回は3月24日金曜日、どうぞよろしくお願いいたします!

クリックしてくださった方、見にきてくださった方、本当に本当にありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へにほんブログ村

小説(BL) ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします。してくださった方、ありがとうございました!

「風のゆくえには」シリーズ目次 → こちら
「現実的な話をします」目次 → こちら
ジャンル:
小説
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風のゆくえには~現実的な話... | トップ | 風のゆくえには~現実的な話... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
“オマケ” に乗っ取られた回 (笑) (にしっぺ。)
2017-03-21 20:56:40
溝部 ( ˘ーωー˘ ) ザンネン!!

何はともあれ 山崎&芙美ちゃん♡
ご結婚 オメデト━━━ヽ(*゚∀゚*)ノ━━━!!!

胸の花が無ければ 確実にボーイと間違えられるぞ ← って
溝部、酷いコトを…

でも その通り (* ̄m ̄)プッ!!

いや、ボーイというより 支配人? ← もっと酷w


ノリが軽ーくて 本気に見えなくて
あちこちで 女の子誘いまくってる風 に見られる42歳…

溝部 つくづく ( ˘ーωー˘ )ザンネン⤵︎⤵︎



そうだ!! 頑張れ!!
頑張って 高2の冬からの片思いを実らせ 【鈴木呪縛】から解放されるんだーーー!! ヾ(。`Д´。)ノ
にしっぺ。様! (尚)
2017-03-22 07:01:08
コメントありがとうございますー!!
すみません、昨晩はスマホもパソコンも触れずお返事遅くなりました(><)

>“オマケ” に乗っ取られた回 (笑)
>溝部 ( ˘ーωー˘ ) ザンネン!!

(笑)(笑)!!乗っ取られた!!ザンネン!!ほんとに~~(笑)
本編早い段階で書き終わっちゃって、おまけばかり読み返し読み返ししながら書いてたので、私ですらおまけを書き終わる頃には「本編って何書いたんだっけ?」状態でございました^^;

>何はともあれ 山崎&芙美ちゃん♡
>ご結婚 オメデト━━━ヽ(*゚∀゚*)ノ━━━!!!

わーわー!ありがとうございますーーー!!
そんな風にいっていただけるなんて、めちゃめちゃ嬉しいです!!
なんだか懐かしいこの2人。
ちょうど昨日、2人の話を読み返していて、にしっぺ。さんの書いてくださったコメントを読んで1人ニヤニヤしておりました^^
いつもありがとうございます!!

>胸の花が無ければ 確実にボーイと間違えられるぞ ← って
>溝部、酷いコトを…
>でも その通り (* ̄m ̄)プッ!!
>いや、ボーイというより 支配人? ← もっと酷w

(爆)!!そうそう!!支配人(笑)(笑)!!
山崎何色のタキシード着たんだろう……と考えたところ、薄い色、白とかグレーとかは似合わなすぎて、結局黒に落ちついただろうな、と思って、でも、そしたら絶対新郎に見えないな、と^^;
新婦はお色直ししましたが、新郎は胸の花を変えただけでーす。
いいんです。主役は新婦なので!新郎のことなんて誰も見てないから!
あ、いや、お母さんと新婦だけは見てくれてるけどさ!

>ノリが軽ーくて 本気に見えなくて
>あちこちで 女の子誘いまくってる風 に見られる42歳…
>溝部 つくづく ( ˘ーωー˘ )ザンネン⤵︎⤵︎

(笑)(笑)!!そういう人いますよねー!!
実際にそれで遊びまくってるならまだしも、溝部の場合ほぼほぼ「良い友達」止まりだし^^;
ホント ( ˘ーωー˘ )ザンネン⤵︎⤵︎(笑)

>そうだ!! 頑張れ!!
>頑張って 高2の冬からの片思いを実らせ 【鈴木呪縛】から解放されるんだーーー!! ヾ(。`Д´。)ノ

おおお!ありがとうございます!!
そうそう……高2までは「見た目」重視の一目惚れからの恋愛をしてたのに、鈴木さんに関しては友達からはじまって好きになっちゃって、告白もできなくて……、だったので、余計に呪縛されちゃったんだろうなあ、と推察しております。
ホント、頑張ってもらわないと……どんどん時間だけが過ぎていくー。

コメントいつも本当にありがとうございますー!!

ベッピンさんもようやく終わってくれますねえ……
出演者の方々が気の毒でなりません……

とりあえず今期は「カルテット」が私的には大当たりでした。
ってまだ、昨日の最終回みてないので、今日見るのが楽しみです^^

嬉しいコメント本当にありがとうございました!
『カルテット』 (にしっぺ。)
2017-03-23 14:48:04
昨日 午後から 一気に観たど~~~ ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ
よく出来たドラマでした♪
4人が4人とも 素晴らしかった (o・ω´・b)b ベリグッ☆

『あさが来た』の宣ちゃん
ほんっと イヤな女 でしたねぇ ( ̄ー ̄;

松たか子 お顔にお肉が… (いや 身体にも…) ( ̄ω ̄;)
松田龍平 太ったなー と、 変な所が気になっちゃって w

いろんなコスプレ とか
ウルトラソウルパンツ とか (* ̄m ̄)プッ!!
笑える箇所も 随所に散りばめられてて(笑)

エンディングが 実に素晴らしい!! もの凄いインパクトΣ('◉⌓◉’)
主演の4人が歌ってるんですよね?
途中 椎名林檎も歌ってる? って思ったけど 違うよねー ナィ(・д・ = ・д・)ナィ
さすが 女優サン
2人とも めっちゃ綺麗で すっごく色っぽくて 惚れるわー (人*´ω`) ♡


つよポンの 『嘘の戦争』も なかなかよかったです ヾ(*´∀`*)ノ
女性陣がどうかな? って不安だったけど、大丈夫でした(笑) ←何様?



録画がどんどんたまって ヤバい~~~
春ドラマが始まるまでに 消化せねば! です (汗)(汗)(汗)

昨日? いや 一昨日 か?
有村架純の朝ドラの 紹介番組 たまたま見たんですけど
次こそは! 安心して観られそう …かな ?
あ、そうそう! (にしっぺ。)
2017-03-23 23:01:08
泉クン じゃなくて サル顔 山本クン!!

契約解除 = 実質上解雇って… どビックリ!! (゜ロ゜;ノ)ノ
何やらかしたんっすかねー ( ̄ー ̄;

拾ってくれる事務所があればいいけど…






アホや
にしっぺ。様!! (尚)
2017-03-24 04:11:45
わーコメントありがとうございますー!!(涙)

またまた役員関係でトラブルが発生しまして……
夜からずっと、過去のデータを引っ張りだして確認作業を行っていて……

あー…明日更新分も書き終わってないのにー……
とりあえず、今書いてあるぶんだけでも、予約投稿に回して……
とヘロヘロになりながら、今、自分のブログを開いて、
にしっぺ。さんからのコメントに気が付き、
もーーーーめちゃめちゃめちゃめちゃ癒されました!!
ありがとうございますーー!!

このトラブル処理が終わったら、あらためてお返事させていただきます~~!
『カルテット』については、短時間では語り尽くせないので!
にしっぺ。さんがみてくださっていてめちゃめちゃ嬉しい!

そしてサル顔(笑)山本クン、ビックリですっ。
ていうか!!にしっぺ。さんが泉君=山本クンって覚えてくださっていたことに感動中です。

あーもー……頑張ろう……
さっきまでブツブツと文句ばっかり頭の中を回っていたのですが、
元気出てきました。本当にありがとうございます!!

すみません、日曜日になっちゃうかもなんですけど……
またあらためます。
嬉しいコメント本当にありがとうございました!!!
にしっぺ。様! (尚)
2017-03-26 08:23:54
あらためまして…
コメントありがとうございますーー!!
お返事遅くなって申し訳ありません!


>『カルテット』
>昨日 午後から 一気に観たど~~~ ε”ε”ε”(ノ´・д・)ノ

おおお!一気観とは!
長編映画を観ている感じになりますね~^^それもいい!

>よく出来たドラマでした♪
>4人が4人とも 素晴らしかった (o・ω´・b)b ベリグッ☆

ほんとほんと!4人とも素晴らしかったですよね~!!

私、普段はドラマって1.3倍にしてみるんですけど、
このドラマだけは、役者さんの間合いも素晴らしくて、
倍速にするなんてもったいなさ過ぎて、普通にみてしまいました。

>『あさが来た』の宣ちゃん
>ほんっと イヤな女 でしたねぇ ( ̄ー ̄;

そうそう!この子誰?と思って調べて、宣ちゃんでビックリしました!
あの車のスーパーバックのシーンはゲラゲラ笑ってしまいました~

>松たか子 お顔にお肉が… (いや 身体にも…) ( ̄ω ̄;)
>松田龍平 太ったなー と、 変な所が気になっちゃって w

(笑)!!
そんな「中年に差し掛かった雰囲気」がまた良い!ということで!!(笑)

>いろんなコスプレ とか
>ウルトラソウルパンツ とか (* ̄m ̄)プッ!!
>笑える箇所も 随所に散りばめられてて(笑)

ほんと~笑えましたよね~~
ボーダーの話とか~~なんか色々ツボりました。
家森さんが雪の中で転んで、ちょうど籠がゴンって落ちてくるところとか、あれ、狙ってやったの?!偶然?!と巻き戻し2回しちゃいました。

>エンディングが 実に素晴らしい!! もの凄いインパクトΣ('◉⌓◉’)
>主演の4人が歌ってるんですよね?
>途中 椎名林檎も歌ってる? って思ったけど 違うよねー ナィ(・д・ = ・д・)ナィ
>さすが 女優サン
>2人とも めっちゃ綺麗で すっごく色っぽくて 惚れるわー (人*´ω`) ♡

ねーーー!ホント綺麗!惚れますよねーー!
もうずっと頭の中この曲流れてます!!
松たか子も満島ひかりも元々歌手ですもんね。上手いですよね。男性陣の低いハモリも素敵♥
エンディングの映像、ホントよく……
ってーーー!思い出しました。「最高の離婚」もエンディング素敵だったけど、同じ脚本家さんだ。

も~~ホント、良いドラマでした。
まきさんのところ迎えにいって、団地で演奏してるとこでは号泣しちゃいましたよーー

そして、最終回、私的には、家森さんと別府くんがお似合いすぎて、もう、つらいくらい萌えた~~^^;
特に食事食べるところに二人で並んで座ってる雰囲気とか、もーーーたまらなかったですわーーー名前呼びになってるしーーってまんまと釣られてみた!って感じでした。

>つよポンの 『嘘の戦争』も なかなかよかったです ヾ(*´∀`*)ノ
>女性陣がどうかな? って不安だったけど、大丈夫でした(笑) ←何様?

何様?って(笑)(笑)
『嘘の戦争』みるつもりだったのに、録画がちゃんと出来てなくて結局みれなくて……
そうそう、女声陣が弱いかなと思ったんですけど、そっか~なかなかよかったんですね!再放送待ちますっっ。


>録画がどんどんたまって ヤバい~~~
>春ドラマが始まるまでに 消化せねば! です (汗)(汗)(汗)

春ドラマ!はじまりますね~~!
とりあえず……、綾野剛君好きなので「フランケンシュタインの恋」
あと、湊かなえ原作なので外れはない「リバース」
は絶対かな、と思っています。


>昨日? いや 一昨日 か?
>有村架純の朝ドラの 紹介番組 たまたま見たんですけど
>次こそは! 安心して観られそう …かな ?


おお!そうなんですね!
なにかの記事で有村架純が役作りのために5キロだか太ったと読んで、すごい女優魂!と感心してたんですけど~~
ホント、次こそは安心して観たい!ですよねーー!!!


>あ、そうそう!
>泉クン じゃなくて サル顔 山本クン!!
>契約解除 = 実質上解雇って… どビックリ!! (゜ロ゜;ノ)ノ
>何やらかしたんっすかねー ( ̄ー ̄;

ですよね~~!!って泉=山本、ありがとうございますーー!!
テレビやらネットで写る山本クンを見て、
「泉、老けたなあ……」とかブツブツ思っておりました。やっぱりまだ高校生のイメージが強くて。

>拾ってくれる事務所があればいいけど…

ホント~~、まあでも、法を犯したわけではなさそうなところは安心しました。素行不良って感じですものね。
そしたら、また出てこられそう……ですかね……

>アホや

(笑)(笑)!!ホント!何してんの君は~~って感じでした^^;


嬉しいコメント本当にありがとうございます!!
最新記事にもコメントありがとうございます!!
そちらにもお返事させていただきます!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL