HARAKIRI Here!!

管理人・翔龍斗による同人サークル「煉獄」のJG専用ブログ。二次創作・BL・同人に理解のない方の入室は固くお断り致します。

時のジレンマ(ネタバレあり)

2017-07-23 13:08:11 | 雑談


スパイクチューンソフトから発売されている、ゼロエスケープシリーズというゲームがあるんですが。
全三部作をやっとクリアしました。
いや、これ……一作目をプレイし始めたとき、「こんな面白いゲームがこの世にあったとは!!」と衝撃を受けました。
デスゲーム、クローズドサークルという設定はありふれていますが、数字の組み合わせで組むメンバーが変わるとか、
舞台が豪華客船で、客室が浸水してくる恐怖感とか、ちょっと今までにないスリルがあって。
謎解きも本格的ですね。暗号やパズル、足し算や英語も駆使して……なかなかに頭を使います。

二作目は、分岐が多い割に、内容が全体的に似たり寄ったりで、どのキャラが生き残っているシナリオなのか解りづらく、
また脱出パートの謎解きも意味が解らないものがたくさんあって、正直、途中で心が折れかけましたww

が、三作目の完結編で「やべー本気で名作だよこれ!!」ってなりました。
今までで一番、グロあり、絶望ありの、救いようのないシナリオも多かったですが、
その分、物語が重厚でやり応えがありました!!
一作目の主人公・淳平と、二作目の主人公・シグマがテライケメンに変身していて、
一作目のヒロインに「淳平くん、この一年の間に何があったの!?」って台詞が、
まさに一年の間にどうやったらこんなにイケメンになっちまうんだよ…!!!!ガタガタ…みたいなwwww
淳平は……あれですよ、鈴木達央さんのツンデレボイスが遺憾なく発揮されているキャラでしたね…
鈴木さんのこういう声好き……今時の若者wwwwww
しかし何よりシグマですね。雄っぱいでかい(爆)わ、性格は漢だし、自称老人だったけど元気だった(爆)
そんなとこでえっちしちゃ駄目だろーーーーーーーーーーー!!!!萌え!萌え!!!!でした…wwwww
いや、ちょっと…あんなとこでえっちしたキャラ、私は他に知らないよ……萌える、あの場所は!
一作目、二作目は薄かったラブ要素が三作目で加わったことにより、なんかすごい物語になりましたね、これ…。
三作目は謎解きもほどよい難易度で、面白かったです。
謎を解いたのに、処刑されるってシナリオも絶望的で良かったですね。
個人的には除染室が一番、あわわ…;;;って思いました。
私は、淳平バラバラ死体→除染室→カジノルームの順でクリアしたので、絶望感すげぇ…みたいなww
初っ端から淳平バラバラだったな……
シグマの銃殺も、すごく悲しいシナリオでしたけど、シグマがファイを庇ったことも、ファイが「愛してる」って言ったことも、
後々の双子のこと考えると「うあぁあぁそうだったのかぁぁぁ!!」って感動しました><;;
シグマ…なんであんな男らしいんでしょうか…両腕失ってまでみんなを助けようとして…マジかっこいい!!
今まで小野Dの声、そんなに好きじゃなかったですが、今回のシグマの声は本当にかっこいいと思いました!
デルタの正体も「は?」って思うかもしれませんが、ファイが「Qは耳が聞こえない」って言ってたので、
あれが伏線だったんですかねー…さりげない台詞が重要だったりするのかも。
ニルスとサンタが出てこなかったのはちょっと残念でしたね……櫻井さんのお兄ちゃんボイス大好きだったので。
トゥルーエンドからいくと、たぶん天明時は存在しないことになるんですよね? クォークとも出会わないのかな……
まぁ色々考察していくと尽きないストーリーだと思いますが、シグマには幸せになって欲しいですね…!!
2作目のラストで、シグマの正体が解った時、「こいつこんな見た目でスク水スク水言っててマジ変態か」と思ったんですけど、
三作目のシグマは肉体は若くて中身が老人ってもう美味しすぎじゃないですかー…雄っぱいでかいし…(もういい)
そんなわけで、上の写真は、このゲームをやるにあたって私が描き殴った謎解きメモですwwwww
一応、メモ機能はあるんですけど、それだけだと書ききれなくてwwww
スパイクのソフト、名作多いですね……またこういうゲーム出して欲しいです。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この小説書いたの誰だよ | トップ | テーマは海です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。