なあむ

やどかり和尚の考えたこと

三ちゃんのサンデーサンサンラジオ112

2017年06月18日 05時00分00秒 | サンサンラジオ
♪゜・*:.。. .。.:*・♪
三ちゃんの、サンデーサンサンラジオ!

今週もはじまりましたサンデーサンサンラジオ。
お相手は、いつもの三ちゃんこと三部和尚です。

6月18日日曜日。

本日は、舟形町で法類の寺院の大般若会と先住忌があり、終わって栃木県の特派布教巡回に出かけます。
栃木県の南部、佐野市から宇都宮市までの5ヵ寺を回ります。
最終日23日にはお坊さん方への研修会講演も予定されています。
どんな教場でどんな出会いがあるか、それも楽しみの一つです。
精いっぱい務めさせていただくつもりです。

先日8日または9日、山形県内の新聞各紙に広告が載りました。
千歳不動産主催の「こころのセミナー」の広告です。
今回第29回目になるそうですが、私がその講師を務めることになっています。
3年間連続で講師を務めるのがパターンとなっているようで、私は今年から3年ということになります。
演題は「命の使い方その1」としました。
3回に分けて、今、自分が伝えたいことを思う存分話させていただきます。
期日は7月3日月曜日。
午後2時から3時30分までです。
会場は、山形市JR駅ビルのメトロポリタンホテル、「霞城の間」。
入場は無料ですが、定員350名になり次第締め切りとなるようです。
もし、ご希望のある方はお早めにお申し込みください。

今年ももう半年が過ぎようとしています。
本当に時の経つのは早いです。
本当に早いのです。
しかも繰り返されることのない時を過ごしています。
去年の自分と、昨日の自分とも違う今日を生きています。
一年、一日生きるということは、間違いなく、命の残り時間を縮めていることに他なりません。
一年生きたということは、一年長生きしたしたということでありながら、残り時間の一年を失ったということでもあります。
来年の6月が来るという保証もなく、来たとしても、自分の足で歩けるか、言葉を発することができるか、その保証は誰にもありません。
何の保証もない、何も決まっていない一日を生きているにすぎません。
しかし、今日、私は生きています。
そして今日、この命をどう使うのか、それは私が決めていいことです。
何の保証もない命を生きながら、この命の使い方は自分に任されている。
それを「命の所有権はないが、使用権はある」と言います。

残された時間がどれほどなのか、自分には分かりません。
だけど、今日すべきことは、今日したいことは、今日したほうがいいでしょう。
明日の保証はないのですから。
今日の体でできることを今日のうちに。
どんどん衰えて、どんどんできなくなるのは当然の流れなのですから。
今、頭の中にあることは何ですか。
今日のうちに行くべきところはないですか。
今日のうちにやりたいことはないですか。
今日のうちに言っておくべきことはないですか。
今日一日、この時間を自分が使うと、自分に言い聞かせながら使ってみたらどうでしょう。
元々、自分の命は自分以外には使われないのですから。


それではここで1曲お送りしましょう。中島みゆきで『鷹の歌』。

1.あなたは杖をついて  ゆっくりと歩いて来た
見てはいけないようで  私の視線はたじろいだ
あなたはとても遅く  身体(からだ)を運んでいた
まわりの人はみんな  いたわりの手を差しのべた
鷹と呼ばれていた人が
這うように命を運ぶ
「見なさい」  あなたの目が
「見なさい」  私を見た
「怖れるなかれ  生きることを」
鷹の目が  見つめて来た

2.世界は変わってゆく  あなたはいつもそれの
変えてはならないことを  つよく叫び続けて来た
世界は変わってゆく  あなたを嘲笑(わらい)ながら
私はあなたの歌を  痛々しく聴き返す
灰色の翼は痩せて
かすれた鳴き声をあげて
「見なさい」  あなたの目が
「見なさい」  私を見た
「命を超えて続くものを」
鷹の目が  叫んでいた

3.あなたは停まりもせず  そのまま歩いてゆく
面倒な道ばかりを  あえて歩き続けてゆく
私は自分を恥じる  あなたを思って恥じる
ラクな道へ流れくだる  自分の安さを恥じる
鷹と呼ばれていた人が
這うように命を運ぶ
「見なさい」  あなたの目が
「見なさい」  私を見た
「怖れるなかれ  生きることを」
鷹の目が  見つめて来た


今週はここまで。また来週お立ち寄りください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三ちゃんのサンデーサンサン... | トップ | 三ちゃんのサンデーサンサン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-18 06:26:25
>明日の保証はないのですから。
>今日の体でできることを今日のうちに。
>どんどん衰えて、どんどんできなくなるのは当然の流れなのですから。
>今、頭の中にあることは何ですか。
>今日のうちに行くべきところはないですか。
>今日のうちにやりたいことはないですか。
>今日のうちに言っておくべきことはないですか。
>今日一日、この時間を自分が使うと、自分に言い聞かせながら使ってみたらどうでしょう。
>元々、自分の命は自分以外には使われないのですから。

確かにそうではあるけれども、
これでは自分勝手な行動を肯定する根拠に利用されますね。

明日が保証された命ではないけれども、明日が来るような努力をしよう、その努力は、今しかできないのだから、というのはいかがでしょうか。

※ これは、真っ向対立する意見ですから、公開については、検討して下さい。公開の際は、※印以下は、削除して下さい。
Unknown (yadokari)
2017-06-18 07:24:38
コメントありがとうございます。なるほどね。刹那的に感じますかね。もう少し丁寧な言い方の方がよかったかもしれません。
コメントの一部を削除することはできませんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。