なあむ

やどかり和尚の考えたこと

三ちゃんのサンデーサンサンラジオ77

2016年10月16日 05時03分18秒 | サンサンラジオ
♪゜・*:.。. .。.:*・♪
三ちゃんの、サンデーサンサンラジオ!

今週もはじまりましたサンデーサンサンラジオ。
お相手は、いつもの三ちゃんこと三部和尚です。

おはようございます。
10月16日、今日は糸魚川からお送りします。
11日月曜日に新潟県上越地方に入り、上越市内4ヶ寺と柏崎市を回り、今日、糸魚川のお寺で最後のお勤めを終えて最上に帰ります。
今回の巡回は見所の多い地でした。
山荘京ヶ岳は山の頂にある宿で、上越平野から日本海まで見渡せました。
金谷山は、日本スキー発祥の地で、スキーを広めたレルヒ少佐の立派な銅像が立っていました。ちょうど日の出の時間で、きれいな朝焼けを見ることができました。
また、その麓には、戊辰戦争で戦死した長州の人々の墓地がありました。
一帯の地図には会津藩墓地もあったので、そちらもお参りしなければと探しましたがなかなか見つからず、だいぶ歩いてようやくたどり着きました。
戊辰戦争で負けた会津軍兵士が、高田藩の預かりとなり、寺院に監禁されている間に亡くなった30数名の墓でした。
幕末から明治の動乱の中で、長州から、あるいは会津から、ここまでやって来て、故郷を思いながら死んでいった若者たち。
戦さとはそういうものだと言えばそれまでですが、「戦」というひとくくりの中に、一人一人の人生があり、その人の家族の人生がありました。
誰とも比べることのできない、かけがえのない人生です。無名であるから価値が低い訳ではありません。
勝った官軍の兵士が英霊で、負けた賊軍の兵士の霊が粗末に扱われるのは悲しい。そう思います。
ここ、旧高田藩では、長州藩ばかりでなく、会津藩の兵士の墓を祀って供養していました。どちらの墓にも手を合わせました。

句が浮かんできました。

虫すだく 会津長州 戊辰塚

似合わず、俳句など浮かんできたのは、金谷山に芭蕉の句碑があったのと、今回のお伴に持参したのが、俳人黛まどかの「ふくしま賛歌」だったせいです。
ついでに、宿に泳いでいた錦鯉を聞くと小千谷の鯉だとのことで、そこから一句浮かびました。

赤もみぢ 千々に乱れて 小千谷鯉

立派な鯉ばかりで、赤い斑点がもみぢが散っているように見えました。小千谷縮と恋心にもかけてみました。
さらに、昨日の教場に、永平寺でお世話になった老師が訪ねて来てくれました。お土産にいただいたのが何と句集でした!そう、老師は句を詠まれる方でした。

昨日の夜は十五夜でもありましたね。
ということで、秋の文芸に浸りながら上越を巡回させていただきました。


それではここで1曲お送りしましょう。中島みゆきで『旅人よ我に帰れ』

1.僕が貴女を識らない様に  貴女も貴女を識らない
古い記憶は 語り継がれて  捩じ曲げられることもある
彷徨う人よ  心と逸れていないか
優しすぎる弱虫は  孤独だけを選びとる
真実の灯をかざして  帰り道を照らそう
我に帰れ  旅人よ帰れ
我に帰れ  この胸に帰れ


2.旅を命ずるその囁きは  貴女の生きる日を願うか
遠く見つめるその道筋は  闇に塞がれていないか
彷徨う人よ  心は凍えていないか
優しすぎる弱虫は  孤独だけを選びとる
真実の灯をかざして  帰り道を照らそう


3.優しすぎる弱虫は  孤独だけを選びとる
真実の灯をかざして  帰り道を照らそう
woo… 


今週はここまで。また来週お立ち寄りください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千代亀 4 | トップ | 千代亀 5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。