ギターとともに...おやじの再出発ブログ ~My Pace, My Life~

大病から復帰した親父は、ギターを始めました。やりたかったことをゆっくりと。家族とギターとともに歩む。。。マイペースな人生

QUIQUE SINESIの楽譜とdi-arezzo(ディアレッツオ)

2017-05-21 00:24:43 | ギターな日々

葉山・真名瀬からの風光

さて、発表会も終わって1ヶ月、コードの勉強をする傍ら、次回発表会向けの選曲を始めています。
いくつか候補を挙げようと思いますが、以前の記事でも書いた通り、もう少しQUIQUE SINESIの曲をやりたいのですが、譜面が出回ってないのです。
それでも、諦めきれずにネットを検索していたら・・・・・なんと、あったんです
「Terruno」というタイトルで全8曲入り。 「Terruno」「Alta Paz」「Seras verdad?」など好きな曲が入っているし、「これいいじゃん!買っちゃおう!」と。。。

(クリックで拡大)

ところが、あちこち売り切れ状態。Amazonにありましたが、これがなんと5000円超!! あぁ~・・・(ため息)
「えぇ~こんな高いのかよぉ、どうすっかな・・・」と逡巡していたら、ふと検索結果に「di-arezzo」というサイトがあるのに気付きました。
見てみると、HPは日本語表示されていますが、どうもフランスの楽譜通販会社らしい。目指す楽譜も在庫があるし、しかもこれが安い!!(購入時点で楽譜14.1EUR、送料13.2EUR、合計27.3EUR)
ネットの評判も良いようなので、早速、会員になり、注文しました。
発送までに2~3日、発送されてから、パリ~ライプチヒ~中国~成田~東京を辿り(さすがワールドワイドですな)、トータル5~6日で無事に手元に届きました。配送はDHLです。
前述の通り、配送状況を追跡できるので安心ですし、何より安いのがいいですね。注文後にすぐ届くメールには、問合せ先として、日本語デスク担当の氏名まで記載されており、安心感がありました。海外から通販で買物をしたのは初めてでしたが満足です。興味のある方はぜひ、如何でしょうか。

それにしても「Terruno」、いい曲です。アルペジオの空間的な響きが美しいですね。
さて、この「Terruno」も含め、候補を選曲しなきゃ。

Toshi

Amazonでギターグッズ!

Terruño
クリエーター情報なし
Discos Melopea


Terruno
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【備忘】 コードをどう覚える(4弦ルート) ~コードの勉強~

2017-05-20 19:33:18 | コードの勉強
前回の続きです。
~ルートを基準にして、音の「位置関係」を確認して、仕組みとともにコードを覚えていく。ある程度「形」で覚えられるギターは面白い楽器。

今回は4弦ルート。

■メジャースケール(4弦ルート)


■コード例(4弦ルート)
押弦するポジションをブラックアウト。








■aug7の構成音
 ・5度を♯にする。ルート/長3度/増5度/短7度

■dim7の構成音
 ・5度を♭にする。ルート/短3度/減5度/減7度
 ・減7度を短7度にすると、ハーフdimになる。

次回へ続く。。。

Toshi
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【備忘】 コードをどう覚える(5弦ルート)  ~コードの勉強~

2017-05-06 21:40:29 | コードの勉強
前回の続きです。
~ルートを基準にして、音の「位置関係」を確認して、仕組みとともにコードを覚えていく。ある程度「形」で覚えられるギターは面白い楽器。

今回は5弦ルート。

■メジャースケール(5弦ルート)


■コード例(5弦ルート)
押弦するポジションをブラックアウト。








次回へ続く。。。

Toshi

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【備忘】 コードをどう覚える(6弦ルート)  ~コードの勉強~

2017-05-05 23:52:31 | コードの勉強
さて、前回。。。
トライアドは、ローコードからハイコードまで5種類のコードフォームで全てを押さえることができる、ことが解ったので、これはルートにフォームを合わせていけばいい訳だ。。。
ところが、ここにテンションが入ってくると、さすがに数が多くて覚えるのは大変そうだ、、、ということだった。

でも、以前、コードは構成音を覚えるべき、と書いていた。
これは、押弦してるときのコードの構成音を(ルートと度数で)覚える、ということ。
とすれば、結局は、スケールを覚えていれば、逆に、コードに展開できることになる。

な~んて、クチで言うほど簡単じゃないけれども、でも、
スケールを覚えるというよりも、ルートを基準にして、どこにどの音があるかをある程度「形」で覚えられるのがギターの面白いところだと、師匠。
トライアドの時は、ギター始めて最初に覚えたローコードのフォームで、ハイコードも「形」でカバーした。
同じように、6弦ルート、5弦ルート、4弦ルートを基準にして、音の「位置関係」を確認して、仕組みとともにコードを覚えていくことにする。
といっても、「コードを覚える」ことが目的では続かないだろう。師匠曰く、「テンションコードは必要に応じて覚えればよい、ただし、ソロギターアレンジの譜面には、展開系のコードが多く表記されているので、まずは基本形(仕組み)を知るとよい」

ということで、練習しようとした曲(イパネマの娘、Fly Me To The Moon)に出てきたコードから始めてみる。今回は6弦ルート。

■メジャースケール(6弦ルート)


■コード例(6弦ルート)
押弦するポジションをブラックアウト。






このように考えると、m/Mによって3度や7度の位置が変わったり、四和音コードにテンションが追加される様子が解る。
次回は、5弦ルートを考えてみる。

Toshi

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【備忘】コードの性格(調)と、四和音/テンションについて ~コードの勉強~

2017-05-04 20:25:52 | コードの勉強
葉山・森戸神社のみそぎ橋(クリックで拡大)

以前の記事で、コードの勉強をしたことを書きました。
歳のせいなのか、せっかく師匠に教えて貰ったことを、右から左に忘れていきそうなので、このBlogに書き留めておくことにしました。
前回からの続きです。

■コードの性格
 ・三和音(トライアド)には、メジャー/マイナー(m)/オーギュメン(aug)/ディミニッシュ(dim)の4種類がある。
 ・ただし、和音の性格としては大きく分けるとメジャーとマイナー(m)。
 ・このメジャーとマイナーの性格を決めるのは3度の音。長3度ならメジャー、短3度ならマイナー。(前回のメジャー・トライアドは長3度) 
 ・従って、コードの構成音として3度は絶対に外せない音。

■マイナー・トライアドの構成音
 ・ルート、短3度、完全5度

■■[例] C→Cmの変化




■四和音の構成音
 ・トライアドに、6/♭7/7の何れかを加えたコード

■テンションコードの構成音
 ・和音の中に、テンション・ノートを含むコード
 ・テンション・ノート=9/11/13(♭、♯を含む)
 ・9/11/13は、それぞれ2/4/6のオクターブ上の音
 ・テンションコードになると、構成音が多く全てを押さえることが難しいケースがあり、その場合、音を省略していく。
  コードの構成音として3度は外せないが、5度は省略できる。省略する際は5度から外す。

■■Cコードでの例
 ・C        1(ド)、3(ミ)、5(ソ)
 ・C7       1(ド)、3(ミ)、5(ソ)、♭7(♭シ)
 ・C△7     1(ド)、3(ミ)、5(ソ)、  7( シ)
 ・C△7(9)   1(ド)、3(ミ)、5(ソ)、  7( シ)、9(レ)
 ・C9=C7(9) 1(ド)、3(ミ)、5(ソ)、♭7(♭シ)、9(レ)
 ・Cadd9    1(ド)、3(ミ)、5(ソ)、  ×   、9(レ)


前回のメジャー・トライアドでは、ローコードからハイコードまで5種類のコードフォームで全てを押さえることができる、ことが解ったので、これはルートから探っていくことができます。
ところが、これにテンションまで入ってくると、こりゃさすがに覚えられんばい、って感じ。。。
でも、ここがギターの面白いところ。それなりに形で覚えていけそうなんだよね。
それはまた次回。。

Toshi
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

【備忘】メジャー・トライアド・コードについて ~コードの勉強~

2017-04-30 23:45:59 | コードの勉強
以前の記事で、コードの勉強をしたことを書きました。
歳のせいなのか、せっかく師匠に教えて貰ったことを、右から左に忘れていきそうなので、このBlogに書き留めておくことにしました。

そもそもは、「ジャジーな、或いはボサノバのようなキレイなコードでしっとりとした曲を弾きたい。」というのが希望だったので、テンションの考え方を勉強するのが目的だったのですが、まずは、基本から。。。(師匠からの基本的な質問に、あまりにもこたえられなかったので。爆)
今回は三和音で、メジャー・トライアドの構成音と、押さえ方。

■メジャー・トライアドの構成音
 ・ルート、長3度、完全5度
 コードの各構成音(それぞれの指の構成音)を覚えておくと、いずれアドリブ演奏や自分流のコードフォーム検討に役立つ。

■押さえ方
 どのメジャー・トライアド・コードも、12フレットまでの間で、基本的に次の5種類のフォームで押さえることができる。
 ・Aフォーム(5弦ルート)
 ・Gフォーム(3弦ルート/6弦ルート)
 ・Eフォーム(6弦ルート)
 ・Dフォーム(4弦ルート)
 ・Cフォーム(5弦ルート)

 つまり、6弦/5弦/4弦/3弦、各弦上のメジャースケールを覚えておくことで、例えば、メロディに対して最適なポジションでのコードフォームを選択することができる。 

 逆に言うと、同じコードフォームを平行移動することで、別のコードになる。
 ・・・この辺が、ギターの面白いところですよね。

■各コードの押さえ方
【C】



【D】



【E】



【F】



【G】



【A】



【B】




12フレットを境に、また元のフォームに戻る訳ですね。
ギターってのは、面白い楽器だね。

続く。。。

Toshi
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

緊張について ~発表会2017~

2017-04-16 09:38:56 | ギターな日々
逗子・逗子文化プラザ

先日、4/8に発表会がありました。
今回の発表会では、キケ・シネーシの「Cielo Abierto(澄み切った空)」を演奏。
演奏の模様は、別途、公式録音が配布されてから、またアップしようと思います。
今日は、緊張の話を書いておこうと。。。

2015年2016年の発表会では、それなりに対策を打ち、演奏もそれなりに破綻せず最期まで到達し、自分なりに納得感もあったので、少しは自信に繋がってるのでは?と感じていたのですが、やはり緊張はします。当たり前だけど。。。

発表会の1週間前に、本番と同じ会場でリハーサルがあったんです。
だいぶ余裕を持って会場に入り、練習室で一曲通して流し、ストレッチをしてから、会場に入りました。
会場にはギター科の生徒の面々、師匠、院長とスタッフがいて、まさにリハの真っ最中。。。
時刻的には自分の前にあと3名はいると思って会場に入ったのですが、いきなり、次はToshiさん、と師匠にコールされました。

「えーっ!」と私。
「はい、だいぶ早くリハが進んでますので」と、笑顔の師匠。

これがいけなかったのかは解りませんが、「え~っ、マジかよ~、うそだろ~、ほんとぉ?」ってな気持ちのまま、ステージに上がり、足台を置き、滑り止めを置き、椅子を合わせ、チューニングを合わせ、とやってる最中から、なんかうわの空に。。。
深呼吸も忘れて、自分のテンポで始めることも忘れ、演奏を始めてしまったが最後・・・
指は震え、震える指がミストーンを出し、それで更に緊張が強まり、指の震えが止まらない、の悪循環に陥ってしまった訳です。
ついに、落ち着きを取り戻せないまま、リハ演奏を終えました。

師匠からは「手が震えても、それだけ弾ければOK!」となぐさめの言葉がありましたが、それなりに自信があったせいもあって、落ち込みましたね~。
一旦、落ち込むと余計なことを考え始めまてしまう訳で。。。
・・・やはり、こんな技巧的な曲をやるのは無理があったかな
・・・こんな曲、手が震えたら弾きようがないわいな。どうしたって手は震えるもん。
・・・やっぱ、やめようかな、等々。

もう2年前と同じこと繰り返してますわ。。。(爆)


で、、、
2年前から、私にとって、緊張との付き合い方のバイブルになっている、とあるエッセイを読み直した次第。

~緊張はコントロールできない、、、
~緊張した状態で演奏してこそ上達する、、、
~その状態を作り出すのが発表会。発表会は完璧に曲を演奏する場ではなく上達する場、、、
~緊張して当然、あがって当然。それを抑える必要も怖がる必要もない。それで、誰かに迷惑が掛かる訳でもない。
 その状況に身を置くことの意味だけが重要。それはなぜか、、、
~緊張はあるものだということを認識して、指が多少震えていようが演奏すること、、、
~大事なのは、指が震えていても演奏できるテンポ、自分でもびっくりするほど、ゆっくり始めること、、、
~テンポがどうあれ、曲として流れて終わることができれば、その結果は自信となってかえってくる、、、

改めて、腹に落ちる言葉の数々。。。
「そうだった。思い出した!」・・・元気になる単純な俺。(笑)

ということで、これを毎日通勤・出張途中に読んで1週間。演奏の内容はどうあれ、本番当日はだいぶ落ち着きを取り戻した俺だったのでした。(爆)

因みに、いつもお世話になるそのエッセイは、横浜は青葉区にある野村ギター教室の先生が書く「譜面台の陰から」というエッセイなのです。私が通う教室ではないのですが、ネットで偶然出会いました。有難いことです。

では、演奏音源はまたの機会に。。。

Toshi
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

CIERO ABIERTOの速弾きフレーズ

2017-01-29 20:05:47 | ギターな日々
寄り道しつつも、たまに思い出したように現実に戻って「Cielo Abierto(澄み切った空)」の練習やる訳です。(笑)
前回の記事で、半年もやってるのに未だモノにならん、とつい愚痴ってしまいましが、その中で「速弾きがイマイチ、いやイマサン・・・」といった部分が今回のテーマです。

(クリックで拡大)

この楽譜の、青字のカッコで括ってる4小節が問題のパート。

ここは、見ての通り5連符でのフレーズが続きます。1拍5連符なので、メトロノームを鳴らして、1クリック音を拍の頭になるように、5連符を弾く練習をしています。
それで、段々クリックのスピードを上げていく訳です。

まず、最初1小節目は、だいぶ慣れてきました。ここは、以前紹介した「Pumping Nylon」という本にある「スケールのコントロールとヴェロシティ」、特に左右の手のシンクロナイズに関するドリルが、私的にはマッチしていて、このドリルを毎日やっていたら、少しはサマになってきたようなので、続けていきます。

「Pumping Nylon」(クリックで拡大)

で、問題はその次の2小節目なんですわ。
ここは1小節目からの下降フレーズの流れのまま、p指から始めるアルペジオ的なフレーズなんですが、とにかく左手が変態な運指!!
運指は下記の通りで、順に1拍目から3拍目までを表しています。

②6f→②7f→②8f
④6f→④5f→④4f

写真だとこんな感じ。
(クリックで拡大)

これって、音が先か、運指が先か、みたいなフレーズですね。(笑)
(カウンター・ラインということでしょうか。アルペジオの中に組み込まれてますが・・・)
一見、簡単そうに見えるかも知れませんが、綺麗に鳴らすには、思い切り手の甲を前に突き出すイメージが必要なんです。(写真はまさに撮影用で、実際にはもっと左手の甲を前に出さないとダメです。)

ここが、1小節目からの繋がり然り、アルペジオフレーズ然り、なかなか難しく綺麗に鳴らない。指が隣の弦に触れちゃうんですよねぇ。
で、今、試しているのは、
■1拍目は④6fを押さえる2指は、若干チョーキング気味に押さえる。
■2拍目は、2音をコード的に一発で押さえるのではなく、まず2指、で②7fを弾弦する時に4指と、「弾く時」に押さえるように練習しています。3拍目も同じ。

ま、これはこれで、4指が狙った弦をちゃんと押弦できず、外しちゃうんですよねぇ。。。ナイロン弦の柔らかさと弦高の高さを恨めしく思ってる今日この頃です。

練習あるのみですが、どなたか良い方法がありましたら、アドバイスして戴けないでしょうか。。
宜しくお願い致します。

Toshi


課題別テクニックを習得する新しいアプローチ タブ譜付 クラシックギターテクニック 初級から上級まで
クリエーター情報なし
エー・ティ・エヌ


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

コードのお勉強

2017-01-22 21:23:48 | ギターな日々
葉山・一色からの夕日(クリックで拡大)

さて、4月の発表会に向け、「Cielo Abierto(澄み切った空)」の練習に励む毎日!・・・と、
言いたいところなのですが、倦怠期に入っています。(笑)
だって、この曲の練習を「始動!」と宣言したのが、この記事。。。
もう半年もやっとるやんか。未だモノにならん。速弾きがイマイチ、いやイマサンぐらいか。(涙)
いや、後半の盛り上げだったり、ボディヒットのあとの静かなアルペジオのセーハが辛かったり、それから。。。。。。
毎度のことですが、完成度8~9割に到達してからの詰めの難しさを思い切り体感してる次第。

で、正直あきちゃって(爆)
レッスンで気持ちが入らないのが、ま、とーぜん見抜かれます。

なので、先日のレッスンの際、師匠に正直に伝えたところ、「確かにもう半年ですもんね。何か要望は?」と師匠。
「ちょっと、ジャジーな、或いはボサノバにあるキレイなコードでしっとりとした曲を弾いてみたい。」と私。

それじゃ、ってことで。

(クリックで拡大)

早速、こんな本を貸して貰って、「スタンダードな曲をやりながら、少しコードを覚えていきましょう」と。
〇が付いてる曲をやることになりました。
 ・Garota De Ipanema こりゃ、イパネマの娘やね。
 ・Days Of Wine And Roses
 ・Fly Me To The Moon
 ・SummerTime

(クリックで拡大)

で、早速、Garota De Ipanemaから。で、響きを確認しつつ、コードの基礎も勉強していきます。
今更ながら、コード名にある11だの13だのというテンションの数字の数え方?まで解ったりして、なんて新鮮な!!(笑)
ずーっとソロギター修行だったので、こりゃこたえられん。正直に楽しい!笑いがとまらん。何でいままでやらんかった、ってな感じ。

ということで、暫く寄り道して、コードの勉強をやります!
とはいえ、発表会の日は確実にやってくるので、ソロギターの練習も続けます。

そうそう、これに加えて、アンドリューヨークの楽譜もお借りしました。五線の読譜練習用に、だって。(笑)
(クリックで拡大)

この楽譜は、ヨークのアルバム「Denouement」の内、「8 Discernments」セクションの8曲が入ってますね。
なぜに、このセクションだけなんでしょうね?
でも、学生の勉強用という話もあるようで、弾きやすい小曲集という体で、いい感じです。
まず、Sherry's Waltsあたりからやってみようかな。
なんか忙しいぜ。。。

Toshi

【Amazonでギターグッズ!】
Denouement
クリエーター情報なし
Gsp Records

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2017年も宜しくお願いします

2017-01-01 17:34:15 | ギターな日々
あけましておめでとうございます。
皆さま、今年も拙ブログをどうぞ宜しくお願い致します。

今日は、葉山からの、まさに元日の富士山をお届けします。
葉山には富士見スポットがたくさんありますが、まず、ちょっと変わり種の富士山からお贈りします。

(クリックで拡大)

これは、134号線を走っていると、葉山の向原交差点の上に一瞬現れる富士山です。ここから、もう15mも前に進むと見えなくなるんです。不思議ですよね。

次は、葉山ならではの富士山。

(クリックで拡大)

こちらは、葉山一色海岸からの富士山です。葉山ならではの写真で、江ノ島の左側に富士山が観えるという、初めて観るとちょっと不思議な感じがするものです。
まあ、地図で位置関係がわかると、何てことはないのですがね。(笑)

さて、今年ですが、まずは発表会での「Cielo Abierto(澄み切った空)」の演奏が目標です。
その後は、もう少しQuique Sinesiの曲を演ってみたいのですが、楽譜が希少なのが悩みです。

また一年頑張ります。

【追伸】
今年、我が家には受験生がいるので、年が明けるとともに、町内の森山神社に初詣に行きました。
(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
(クリックで拡大)
次はどこの学業の神様へ?(笑)
それは冗談としても、本人にはベストを尽くして欲しいと思います。頑張れ!

その道すがら、ふと真夜中の空を見上げると、満天の星空が広がっていました。。。北斗七星、カシオペヤ。。。
こんなにたくさん見えるんだったっけ?
こんな風に夜空を見上げたのは、、いつ以来だったか。。。。。

また、いつの間にか気忙しい日々に追われていたようです。
それはそれだし、これはこれです。せめて季節を感じるほどの、そして家族の心の機微を感じるほどの、気持ちの余裕を持って暮らしていきたいものです。
そんなことに気付くことのできた初詣でした。

Toshi


【関連記事】
富士登山記 2013-08-16
Comment
この記事をはてなブックマークに追加