☆★My Willful Diary★☆

心に留めておきたい音楽とあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

I Can Dream Can’t I / Carpenters

2009年11月28日 | Cover Songs

近頃良く聴いているのは、カーペンターズ  


1983年にカレンさんがこの世を去るまでの14年間の活動で
11枚のアルバムリリースがありましたが、マイベストはコレ! 

 1975年、6枚目のアルバム 緑の地平線(ホライズン)


全10曲、どれも素晴らしい。

カーペンターズと言えば上の一枚目の写真に象徴されるような、白い歯を見せる笑顔の
明るく爽やかで健康的なイメージですが
『緑の地平線』 は、そんなカレンさんの物憂げさがとても感じられるのです。

カレンさんのアルトの声は、時としてとても翳りを感じます。
その声の響きに私はとても魅了されてしまいます。


その物憂げな魅力が感じられるのが、『緑の地平線』 なのです。

アルバムジャケットのうつむき加減のカレンさんの表情がそれを象徴している様に感じます。
そんなアルバムから何曲かご紹介したいと思います。


まず選んだのは 『I Can Dream Can't I』 

この曲は、オリジナルではなく
1939年の『ライト・ディズ・ウェイ』と言うミュージカルのナンバーだそうですが
往年のハリウッド映画の香りを感じさせる演奏をバックにカレンさんの歌声がとてもロマンチック。 
 詞の内容も素敵でとてもうっとりで、久し振りの意訳も楽しめそうです。






I can see                   分かっているのよ
No matter how near you'll be      どんなに近くにいたって
You'll never belong to me        貴方は私のものにはならないってこと
But I can dream               だけど夢見る事は出来る
Can't I                    それならいいでしょう?

Can't I pretend               夢の中なら         
That I'm locked in the bend        貴方に抱き締められても
Of your embrace              それは自由だわ
For dreams are just like wine       夢はワインの酔いのようなもの
And I am drunk with mine          だから儚い夢に酔いましょう   

I'm aware                   そんな事知ってるのよ
My heart is a sad affair           私の心は空しさだらけ
There's much disillusion there     どれも現実じゃないもの
But I can dream              だけど夢見る事は出来る
Can't I                     それならいいでしょう?

Can't I adore you              好きになってはダメなの?
Although we are oceans apart      海ほどの隔たりが私達にはあって   
I can't make you open your heart    私にはあなたの心を開く術も無い

But I can dream               だけど私には夢がある
Can't I                       夢見る事は自由でしょう?




ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ旅行記 ( 最終回は食べ... | トップ | 今年最後の落ち葉掃き »

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヤンマ)
2009-11-29 00:14:44
このLPもってましたよ!

たしか・・・
「ソリティ」とか「ハッピーなんとか」とか入っていました。

でも、この曲は当時は眠くなるのでとばしていました。
今、聴くと素晴らしいハーモニーです。
私も大人になりました
ヤンマさん (shoppgirl)
2009-11-29 08:39:55
 おはようございます。

ヤンマ君も大人になったな!
おねえさんは嬉しいよ。

このアルバムお持ちだったのですね。
ビートルズやイーグルスのヒットカバーも入って濃いです。

・・・・
どうして「’」が「\」になっちゃうんだろう??
気品 (John Beatle Lennon)
2009-11-29 14:07:28
カーペンターズはいいねえ!
特に大好きってわけじゃないけど、いつ聴いても優しく耳に入ってくる!
最高の音質のデビュー40周年のベスト盤でも買おうかなあ~~

今日は久し振りに品よくコメントを入れました!


つい

痔が・・・ち、違った地が出てしまいました!

このアルバムの中の1曲として、
トラックバック入れさせていただきます!
グレース・ジョン様 (shoppgirl)
2009-11-29 20:19:20
 こんばんは。

トラバ大樹の陰、ありがとうございました。

カレンさんは美声の持ち主ですね。
と同時に、英語の発音が分かり易い。

つい

下ネタをお書きでしたが
ジョン様の気品は、YOUTUBE動画作品を見れば感じ取れますです。
恋するカレン (ここメモ)
2009-11-29 22:31:48
 カレンのこういう歌い方いいですね。
 ナウ&ゼンあたりから、ブレークして明るくなっちゃって、私は、少し離れてしまいました。

 何と言っても、「雨の日と月曜日は」の物憂げな歌声がすきです。
 明日は、雨の月曜日みたいです。
 はぁ~

 この歌詞は、正に私のことを歌っています。
 いろんな女性にいつもこんな風に思ってしまいます
 もちろん、shoppgirlさんにも・・・
ここメモさん (shoppgirl)
2009-11-30 20:11:45
 こんばんは。

Rainy Monday 如何でしたか?
信州は Cloudy Mondayでした。

私も「雨の日と月曜日」は大好きです。
カレンさんの可憐なアルトは切ない響き。

そこに魅了されてしまいます。

「If I Can Dream Can't I」
この曲はココさんのテーマソングですか。

身に余るお言葉ありがとうございます。
そんな風に仰って頂けるなんて嬉しいなぁ~(照れる~~)

男の方もこんな心情になるとは嬉しい発見。
“Can't I” のフレーズは泣けちゃいます。
はじめまして♪ (いぬくまごろう)
2011-07-02 12:36:40
曲名で検索して偶然行き着きました。
この曲のファンを見つけて幸せな気分です。カーペンターズは大好きで、アルバム全集は持っていますよ。
ちょっとまだ目的の調べの途中なんですけど、彼らのオリジナルではなくてジャズのスタンダードなのではないかと思っています。
これからもよろしくお願いします。
いぬくまごろうさん (shoppgirl)
2011-07-03 14:45:44
 はじめまして。

こちらを見付けて下さりありがとうございます。
貼った動画がまだ見られて良かったです。

『I Can Dream Can't I』
いぬくまごろうさんのお陰で、久しぶりに聴くことが出来ました。ありがとうございます。

いぬくまさんのブログをチラリと拝見しました。
大阪の方なのですね!関西弁の響きが大好きです。

こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。 
これ僕もお気に入りです♪ (栗林 丹美)
2015-09-11 23:10:44
トロンボーン(?)の間奏の後の4声のハモりが痺れます
コメントありがとうございました。 (To.栗林丹美さん/shoppgirl )
2015-12-20 12:14:07
栗林さん、はじめまして。
栗林さん、はじめまして。

先ずはコメント頂いていたのに
こんなに間が空いてしまった失礼をお詫び申し上げます。

コメント拝見し“間奏の後のハモリ”に耳を凝らして聴いてシビレました。
カーペンターズの曲の中でも知る人が少ない曲ですが共感して下さり嬉しいです。
カレンの憂いのある声を堪能できる曲ですね。
Unknown (栗林 丹美)
2016-07-08 23:55:03
返信ありがとうございます!
僕なりに耳コピしてみました笑
http://okmusic.jp/#!/works/64789
喉声ですがよろしかったら聴いてください笑
こんにちは♪ (goigoi)
2016-08-07 11:36:53
shoppgirlさん、こんにちは♪

shoppgirlさんがMWDをおやすみされて
とてもとてもさびしいかぎりデス
このご邦訳もひじょうにすばらしいですね
ぜひぜひ拙ブログにもノーカット完全版で掲載させてください
8月中にUPさせていただければうれしいです
ご都合がよくない場合UPしたものは削除します
よろしくおねがいします
素敵な素敵な夏になりますように
P.S. (goigoi)
2016-08-07 11:48:06
P.S,

ノーカットはたいへんご無礼かともおもいますので
さいしょの10行のみにいたします
どうぞよろしくおねがいいたします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「プリーズ・ミスター・ポストマン / ザ・ビートルズ」 (A Day In The Life ~ 懐かしき1曲)
1963年11月22日発表 この「プリーズ・ミスター・ポストマン」は1963年発表のセカンド・アルバム「With The Beatles」で取り上げています。ビートルズで初めて、この曲のことを知ったわけですが、作詞作曲者がレノン - マッカートニーになってないのを見るまで、ビートル...