【湘南ふじみ霊園】和型or洋型 - 湘南ふじみ霊園(神奈川県藤沢市)加登トウキョウ スタッフブログ

【湘南ふじみ霊園】和型or洋型

湘南ふじみ霊園です。

 

近年、お墓の形状もさまざまです。

大きな分類としては、和型と洋型という形状に分かれるかと思います。

一昔前ならほとんどが和型であったと思います。

和型の竿石、一番上に載っているお墓本体といってもいいかと思われる部分には、「先祖代々之墓」や「〇〇家之墓」、「南無妙法蓮華経」や「南無阿弥陀仏」といったお唱えごとを彫刻していることが多かったと思います。

本堂のあるお寺の敷地内にあるお墓はほとんどが和型といったケースが多いかと思います。

 

近年はいわゆる洋型の方が多いように思われます。

洋型の竿石には、家名やお好きな言葉、イラストなどが彫刻されているケースが多いかもしれません。

跡継ぎとして、お嬢様しかおられない、いずれ嫁いで姓が変わるということを見越して、家名ではなくお好きな言葉を彫刻されるケースもあります。

たとえば「愛」とか「夢」とか「ありがとう」などなど。

湘南ふじみ霊園では、家名はひとつしか彫刻してはならないという決まりはありませんので、嫁がれて姓が変わっても、新たにその姓を彫刻していただいても結構です。

その新たな姓で継承していただくのも可能です。

彫刻はアルファベットでも結構です。

故人が好きだったお花のイラストを彫刻していただいても結構です。

桜やバラが多いように感じます。

そういった場合は、和型ではしっくりいかないかもしれません。

 

いやいや、やっぱりお墓と言えば和型でしょうという方もおられます。

多分、お墓の絵を書いてといった質問を受けたなら、ほとんどの方が和型の絵を書かれるのではないかと思います。

 

故人の好きだったゴルフのイラストを入れたい、趣味のバイオリンのイラストを刻んでほしい、そういった場合は洋型の方がいいかもしれません。

 

お宅様では、和型、洋型、どちらがお好みでしょうか?

湘南ふじみ霊園では、どちらでも建てることが可能です。

人とは違うお墓がいい、といったご要望もうけたまわります。

ぜひご相談ください。

 

湘南ふじみ霊園 加登トウキョウのホームページはこちらから

« パティスリー... 【湘南ふじみ... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。