湘南辻堂ボクシング倶楽部@ゴールドジム湘南神奈川

普通、湘南辻堂といえばサーフィンだよね。小ブログはゴールドジム湘南辻堂でひたすら汗を流す中年ボクサー達のうだうだ話!

IWAROCKSとともに4

2017年07月12日 | 日記
「2年目」


IWAROCKSの2年目は、野球以外のイベントも盛りだくさん。

まずは、じょびの故郷である横須賀に遠征して試合。
この試合前にはユニフォームが完成。
この試合で、妹の彼氏がメンバー入り。彼は、現在じょびの義弟である。


続いて横浜市金沢区の野島公園で試合。
この時の対戦相手とは、後々切っても切れない関係となるが、それはまた後日。
この試合で、ネットで応募してきたメンバーもっちゃんが加入。
彼も解散までメンバーとして残った。
試合後にはBBQを開催。


今思うことがある。
当時も今ほどSNSが普及していたのなら、メンバー集めには苦労しなかっただろうと。
当時もSNSはあった。しかし、スマホはないし、セキュリティ甘くて変なメールがわんさかくるし、ADSLではかなり遅いし、それはそれは苦労した。


続いて、結成1周年記念の紅白戦。
過去の対戦相手の選手やメンバーの友人なども集め20人が参加。


もう1試合くらい挟んで、シーズンオフには鍋パーティー、フットサル大会、バスケ大会など、それはそれは盛り上がった。

もっちゃんは合コンの伝を沢山持っていたので、何度か参加。
結婚していると、合コンとかでモテるんすよね。


しかし、いい時期はそう続かない。
まずは会社の先輩で捕手のきゅうさんが、自己啓発で勉学に励むため脱退。仕方ない。

不定期で参加していたメンバーが、飲み会の席で、女子メンバーのモグロを口説き始めたため、
「悪いけどもう来ないでくれるかな。この飲み会の金もいらないから、すぐ帰ってくれ。」
と、チーム初の解雇。
IWAROCKSはセクハラを許さない。

さらに、他のメンバーにも会社の異動やら結婚やらが続き、慢性的なメンバー不足に陥る。


チーム解散という危機はすぐそこに迫っていた。

そんなある夜、学生時代の友人で一塁手兼控え投手の左の狙撃兵と飲みながら、2人で大きな決断をした。



いつかにつづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アビリティー | トップ | おはようございます! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL